中古車売却 中古車買取 コラム

お金と電卓と車

故障・修理

車の修理代はいくら?パーツや傷の種類ごとにかかる費用まとめ

更新日:

車はいついかなる時に故障するか分からず、継続して使用するには壊れた部分は修理しなければなりません。修理には当然費用がかかりますが、故障した箇所や程度によって修理代がいくらかかるかは異なります。修理代の幅は広く、数千円で済むものから数万円、場合によっては数十万円かかることもあります。 そもそも車は高価なものであり、パーツ次第、修理の内容次第では高額な費用がかかることは理解しておかなければなりません。業者に修理を頼んで高額な修理代を請求され困らないためにも、あらかじめ修理にはどれくらいの費用がかかるのか、目安を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車のパーツごとの修理代の相場

修理代がいくらかかるかは、パーツごとに異なります。安く済むパーツもあれば、高くなってしまうパーツもあるため注意しなければなりません。また、同じパーツでもどの程度の故障具合かによって、必要な費用は違います。 故障の程度が激しいほど費用が高くなるのは、どのパーツでも共通しているため、パーツごと、故障の程度ごとの修理代の相場を把握しておきましょう。

エンジンが壊れてしまった場合

エンジンは車の基幹部分であり、全パーツの中でも最上級に高価なため修理代も高くなりやすいです。修理で対応できる場合は、10~20万円程度で、パーツ交換が必要なら30万円以上はかかると考えましょう。車種によって搭載されているエンジンは違いますが、基本的には30万円前後するものが多く、安くても確実に15万円以上はかかります。 反対に高いものだと50万円、100万円とかかり、高級車や外車は修理代が高くなりやすいことは理解しておきましょう。エンジントラブルの場合はパーツ交換が基本で、修理で対応できるケースは少ないです。 仮に修理できても、多少の劣化は免れないため、それほど費用が変わらないなら思い切って取り換えたほうが良い場合も多いでしょう。

マフラーが壊れてしまった場合

マフラーは修理だと1万円程度、パーツ交換だと3万円程度が相場です。マフラーは少し穴が開いた程度なら溶接修理が可能ですが、大きな穴、あるいは複数個所に穴が開いている場合は、取り換えになることが多いです。 マフラーは修理しても他の箇所が劣化していることが多く、またすぐに穴が開いてしまうケースもあります。使用年数が長く、その後もまだまだ使う予定があるなら、思い切ってパーツ交換するのもひとつの手でしょう。 相場の3万円は部品代と作業工賃込みの費用のため、業者によってはさらに安く請け負ってくれることもあります。費用負担はそれほど大きくないため、使用状況によってはパーツ交換のほうが有効になる場合があることは覚えておきましょう。

エアコンがつかなくなってしまった場合

エアコンの修理代は、故障の原因によって大きく異なります。ガス切れの場合は1万円程度が相場ですが、ファンやコンプレッサなどが故障している場合は、数万円程度かかります。故障の程度によっては10万円近くかかることもあり、修理代も高額になりやすいことは理解しておきましょう。 エアコンの故障の場合は、まずは原因を探る必要があり、点検だけでも1万円程度かかることがあります。業者によっては、故障の原因が見つからない場合でも点検料を請求されることがあり、これにも注意しなければなりません。 また、エアコンが完全に故障している場合は取り換えが必要で、パーツ交換だと15~20万円以上かかる場合が多いです。エアコンは高額なパーツなだけに、扱いには特に注意が必要です。

タイヤがパンクしてしまった場合

タイヤのパンク修理は比較的安く、2000円程度で済むことがほとんどです。これは1本単位の値段であり、複数ある場合は本数ごとに費用がプラスされることは覚えておきましょう。また、パーツ交換をして高いタイヤを取り付ける場合は、修理代以上に部品代が高くなるケースも少なくありません。 タイヤは高価なものだと1本数万円程度するものもあり、これをつけるなら費用は格段にアップします。パンク修理は自身で業者に持ち込む、あるいは出張費無料で直してもらえるなら良いですが、レッカーを利用して業者に引き取ってもらう場合は注意が必要です。 レッカー車を利用するなら、運搬料が別途発生し、これは1万円程度が相場です。ロードサービスの会員なら無料で利用できますが、そうでないならレッカー代も費用に含めて計算しましょう。

車についた傷の種類ごとの修理代の相場

車の修理をするのは故障した場合だけに限らず、傷ができた場合に修理を依頼することもあります。車にできた傷は放置すると見た目が悪いだけではなく、そこから二次的な被害に広がることも少なくありません。 そのままにしていると状態が悪化するため、素早く修理に出すことが大切です。傷の場合も種類や程度によって修理代の相場は異なります。

飛び石などで傷がついた場合

飛び石や壁でこするなど、小さなひっかき傷の場合は、修理代はそれほど高くありません。小さく浅い傷なら数千円程度で直せることも多く、ごく小さな傷なら水をかけただけで見えなくなることもあります。車は、些細なことでも傷がつきますが、事故や派手な衝突でない限り、傷ができても簡単に対処できます。 小さな傷を見つけるたびにいちいち修理に出していると、一回一回は安くても総額が高く付くため、ある程度なら放っておいても構わないでしょう。ただし、飛び石やこすったことが原因でできた傷でも、大きい、あるいは深い傷の場合は素早く修理することが大切です。程度がややひどいと、1万円程度かかる可能性があることは理解しておきましょう。

落石などでへこんでしまった場合

軽い衝突や落石などでへこんだ場合、小さなへこみなら数万円程度で直せます。業者によって費用は違いますが、1~3万円程度で直せることがほとんどでしょう。大きなへこみの場合はさらに費用が上乗せされ、5万円程度かかることも多いです。 また、へこんだ箇所にも注意が必要で、ボンネットは費用が高くなりやすいことは理解しておきましょう。車のへこみは吸引によって簡単に直りますが、これだと金属が疲労し、直した箇所の耐久度が低くなります。修理後の耐久性を高めるためには、板金塗装による修理が必要です。 板金塗装なら金属疲労を起こすことなく、むしろ強度を高められますが、相場よりも費用が高く付くことは理解しておきましょう。

錆による腐食がある場合

錆が発生して腐食している場合、他の傷よりも修理代の相場は高くなりやすいです。錆が発生している場合は、まずは錆落としの作業をし、そこから傷の修理を行います。小さな傷やへこみの場合でも、錆があるとそれだけで費用が高く付くことは理解しておきましょう。 傷の程度や箇所によっても異なりますが、錆による腐食がある場合は、5万円程度かかることが多いです。また、腐食があまりにも激しいと、修理では対応できずパーツ交換になり、さらにコストアップする可能性もあります。

車の修理代を安く済ませる方法

車の修理代は数千円と安い物ばかりではなく、数万円から高いと100万円近くかかることもあります。故障や傷を修理したいものの、費用が高くてなかなか手が出ないと悩む人は多いでしょうし、少しでも安く済ませたいと考える人は多いです。 修理をする以上少なからず費用がかかるのは仕方ありませんが、工夫次第でコストカットを図ることは可能です。修理代を安くする方法を知り、上手に節約して愛車を直しましょう。

なるべく早く修理に出す

修理代を安く済ませたいなら、なるべく早く修理に出すことが大切です。修理に出すとお金がかかってしまい、直近の出費が増えるためぎりぎりまで修理に出したくないと考える人もいるでしょうが、これは逆効果です。 故障や傷にしても、放っておくとさらに状態が悪化することが多いです。早いうちなら最低限の修理で済んだものが、遅らせることで別の個所まで修理が必要になり、余計な費用がかかってしまうことも多いです。 放置してよくなる故障、傷はないため状態を悪化させて修理箇所を増やさないためにも、早めの修理を心がけましょう。

自分で修理する

簡単な傷なら自分で修理することもでき、補修アイテムを集めておくとより安価で直せます。コンパウンドやタッチペン、パテなど補修に必要なアイテムは複数ありますが、これらは全て集めても1万円くらいで収まります。 一度購入すると当分買い足す必要もなく、長く修理代を節約できるのは大きなメリットでしょう。DIYでの補修には時間と手間がかかりますが、慣れると簡単で綺麗に直せるようにもなります。大きな傷やパーツの故障の修理は難しいですが、簡単なものなら業者に頼らず、自分で何とかするのも良いでしょう。

中古のパーツを探す

修理で費用がかかりやすいのは、パーツ交換が必要な場合で、使用する部分が高価なほど、全体の費用は高くなります。パーツ交換を安く済ませたいなら、中古のパーツを探すのがおすすめです。自身で中古のパーツを購入し、業者に依頼してそれを修理に使ってもらうことは可能です。 パーツを自分で用意することで作業工賃だけで修理をしてもらえ、安いものを購入するほど修理代の節約になります。中古パーツはカー用品店やネットなどで購入でき、状態の良いものを見極めることで、修理後の品質向上も狙えます。

車の修理代が高くなってしまった場合の対処法

修理代を安くする方法はいくつかありますが、故障の箇所や程度によっては、どうしても高額になってしまうこともあります。 もともとの作業工賃や部品代が高いために、安くしようとしてもできないものや、修理箇所があまりにも多いと全体の費用は高くなります。どうしても修理代が高くなる場合でも対処法はあり、それを踏まえて行動することが大切です。

車の処分か売却を考える

修理代があまりにも高額な場合は、処分か売却を考えましょう。無理して修理をしても長く乗れない場合は多く、完全に直らず、不具合を抱えることもあります。また、場合によっては修理代が買い替えの代金を上回ることもあり、この場合は乗り換えたほうが確実にお得でしょう。 特別な思い入れがあるなら高い修理代を払って乗り続けるという選択はありますが、そうでないなら処分か売却し、コストをかけずに新しい車を手に入れることが大切です。

車両保険を使う

車両保険に加入していて、修理に保険が適用できるならそれを使うのもおすすめです。車両保険で補償してもらえる金額の上限は状況によって違いますが、基本的には上限いっぱいまで引き出せ、かつ自己負担が少ないことが大切です。 仮に限度額いっぱいまで補償されても、修理代が高すぎて自己負担分が大きくなるなら、修理は諦めて処分、売却したほうが良いでしょう。また、保険を適用させる場合は、翌年度以降の保険料アップも頭に入れておかなければなりません。 その場での出費は抑えられても、長期的に見るとコストアップする場合もあるため、値上げ後の保険料で試算して、本当に保険を使うべきか考えてみましょう。

車を直して安全なカーライフを送ろう

車は故障したなら素早く修理することが大切で、放置していると危険度は上がります。放置して使用していると、故障がさらに悪化したり、場合によっては突然動かなくなったりもします。走行中に故障が激化して、トラブルを招くケースもあるため、素早く修理して安全な使用を心がけましょう。 少なからず修理代はかかりますが、故障を放置して起きるマイナスを考えると、コストはそれほど高くありません。安く抑える方法もあるため、工夫して修理し、愛車を常に安全な状態に保つことが大切です。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取カーネクスト