中古車売却 中古車買取 コラム

時計を持つ男性

故障・修理

車の修理期間が長いのには理由がある|理由と修理の方法の紹介

更新日:

車が故障して使えないと不便を感じやすいため、急いで修理に出すことは多いでしょう。しかし、すぐに使いたいのに修理からなかなか戻ってこず、かなりの期間が経過してしまうこともあります。 車の修理期間が長いことには理由があり、仕方のない場合も多いです。なぜ修理に時間がかかってしまうのかを知り、余計なストレスを溜めないようにしましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の修理期間が長い理由

車の修理にかかる時間は、修理の内容によって異なり、基本的には修理箇所が多いほど時間がかかりやすいです。過度な故障による修理なら、当然期間が長くなっても仕方ありませんが、場合によっては簡単な修理であっても時間がかかることがあります。 車の修理にかかる期間は、故障の程度や修理箇所の多さ以外の要因でも変化するため、何が理由で修理期間が長くなるのか知っておきましょう。

外車や古い車

外車や古い車は、修理の部品を探すだけでも時間がかかるため、修理の規模に関係なく修理に時間がかかりやすいです。車の部品はすべて共通で使いまわせるわけではなく、メーカーや車種、モデルごとに違っています。 一般的に流通の多い現行の最新モデル、人気モデルの車なら、修理に使用する部品もすぐに見つけられますが、外車や古い車はそうはいきません。仮に修理箇所が少なくて、大したことない故障でも、部品を見つけるだけで手間がかかり、通常以上に修理期間が長引く可能性があることは理解しておきましょう。

保険を使う場合

事故によって車が故障し、修理をする場合は、修理代を負担してもらうために保険を適用させることが多いでしょう。保険を使う場合は、保険会社と修理工場の間で契約を交わさなければならず、通常よりも工程が多くなるため時間がかかってしまいます。 保険を適用させるためには仕方のない手続きであり、工程がひとつ増えるため、どうしても通常以上に時間がかかることは理解しておきましょう。

新品の部品を使わない場合

車の修理をする場合、どのような部品を使用するかでも修理にかかる期間は違ってきます。中古の部品を使用する場合は、車種や修理箇所によっては部品がなかなか見つからず、取り寄せだけで時間がかかる可能性があるため、修理期間が長引きやすいです。 新品の部品を使用する場合は、取り寄せがスムーズで場合によっては工場で在庫を持っていることもあるため、素早く修理に取り掛かれます。新品を使うと修理代は高いですが、その分修理に要する期間は短くなります。 反対に中古品を使うと、コストは安いものの、時間がかかりやすいため、早さを重視するなら多少お金を払ってでも新品で直してもらったほうがよいでしょう。

車のディーラーや板金屋の繁忙期

車が故障した際には、ディーラーや板金屋に預けて修理をしてもらいますが、これの業者が繁忙期にある場合は、修理に時間がかかりやすいです。これは単純に人手が足りていないからであり、軽度の故障でも修理に取り掛かってもらうまでに時間がかかります。 忙しくなりやすいのは長期休暇の前後であり、特に事故が増えやすい連休明けのタイミングは、修理に時間がかかりやすいことは理解しておきましょう。また、一般的な繁忙期を外している場合でも、修理を依頼した業者で業務が立て込んでいる場合も、同様に修理に時間がかかってしまう場合があります。

車の修理の種類

車の修理にはいくつかの方法があり、どの方法にするかで修理にかかる時間も違ってきます。修理する際には、どの方法を用いるかを検討することが大切で、基本的に早く終わるものは費用が高く、時間がかかるものはコストが安くなりやすいと考えましょう。 早く修理できるならそれに越したことはありませんが、余計な費用をかけたくないなら、ゆっくり行える方法を利用するのもひとつの手です。車の使用状況も考慮して、その時に合った方法で修理しましょう。

部品の交換だけの修理

元ある部品を修理するのではなく、部品を交換して修理する場合は、比較的短時間で修理が終わります。部品を交換するだけなら、必要な部品さえあればすぐにでも作業が可能で、簡単な作業なら数時間程度で終わることも少なくありません。 ただし、部品が業者の手元にない場合は、取り寄せてから修理となるため、時間がかかりやすいことは理解しておきましょう。業者によって取り揃えている部品は異なるため、修理の依頼先の選定にも注意が必要です。 純正の部品で修理してほしいならディーラー、中古部品で良いならカー用品店や修理工場に依頼しましょう。同じ修理でも、元ある部品に手を加えて直す場合は時間がかかりやすいため、時間短縮を考えるなら、丸ごと取り換えてもらったほうが早いです。

故障診断のある修理

故障診断を行ってから修理をする場合は、車の状態を細部まで把握し、本当に必要な修理を行えるものの、修理が完了するまでに時間がかかります。 故障診断だけでも数時間程度かかることが多く、そこから修理になるため、通常以上に時間がかかりやすいことは理解しておきましょう。 時間のかかる方法ですが、車の不具合を見つけて確実に修理ができるため、念入りなメンテナンスをしたい人にはおすすめです。時間に余裕があるなら、愛車を長く使うためにも故障診断をして、丁寧に修理をしてもらっても良いでしょう。

車の修理期間を長くさせないようにしよう

車の状態や業者の事情によっては、修理期間が長引くこともあります。しかし、これらの要因は方法次第で解消することもできます。すぐに車の使用を再開したいなら、もっとも時間をかけずに修理できる方法を探し、修理期間を短縮して上手に愛車の故障を直しましょう。

車が古くなっている場合

なお、車自体が古くなり、全体的に劣化が進んでいる場合は一箇所を修理しても立て続けに修理やパーツ交換が必要な部分が発生する可能性が高いです。そうなると、また車を預けて乗れない期間が多くなってしまうので、そういった場合はいっその事その車を手放して新しい車に乗り換えた方が利便性も上がり、今後の修理がなくなるのでコスパの改善も測れるでしょう。

ただし、古い車の買取は一般的な中古車買取では値がつかないでの、カーネクストのように豊富な販路を持っている業者に売る事で査定額をあげる事が出来るでしょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト