中古車売却 中古車買取 コラム

購入

【中古車の事故車の見分け方】購入時のチェックポイントも紹介

更新日:

中古車を購入するとなれば、とにかく安く買いたいと考える人は多いです。車の値段はピンキリですし、探せばいくらでも安い車はみつかります。しかし、あまりにも安すぎる場合は、事故車の可能性を疑わなければなりません。事故車の見分け方を知り、また事故車であってもよい車をみつけて、上手に中古車を購入しましょう。

事故車とは

事故車を見分けて中古車を購入するためには、そもそも事故車とはどのような車を指すのかを知っておかなければなりません。事故車とは事故や災害によって故障、損傷した車ですが、実際の中古車販売の現場では少し違った意味で使われています。事故車の定義を正しく理解し、よい車を上手に見分けましょう。

事故車の定義

事故車の定義としては、事故や災害によって故障、損傷した車を指しますが、実際に業者で使用される呼び方は「修復歴車」です。修復歴の有無によって金額などが変動しますが、修復歴とは、構造部分の修理がされたかどうかの履歴です。 そのため、外観部分だけが修理された車は、事故車扱いになっていません。事故車と修復歴車は別物であり、注意すべきなのは修復歴の有無であることは覚えておきましょう。

事故車は購入してはいけないのか?

事故車を購入する際に気になるのが安全性ですが、お金をかけて修復されているなら、事故車であっても問題はありません。安い費用で修理された事故車は、販売金額も安いものの、のちにトラブルが起きる可能性がありますので注意しましょう。 また、事故車であっても修復歴がなければ、単に傷のある中古車と同じ認識で問題ありません。車の状態をしっかり確認し、事故歴、修復歴もチェックした上で、自分の目でみて確かめることが大切です。

 

事故車の見分け方

中古車を買う時に、事故車は絶対に避けなければならないわけではありませんが、それでも可能な限りは通常の中古車を選んだ方が無難です。事故車は修理しているとはいえ故障のリスクを抱えていることが多いですし、安全面では通常の中古車に軍配が上がります。 もちろん、事故車といっても故障の程度や修復の具合はさまざまですし、中には通常の中古車と変わらない状態のよいものもあります。事故車を買う場合でも状態のよいものを選べば問題はありませんので、事故車の上手な見分け方を知っておきましょう。

まず検査表を確認する

中古車を購入する際には、まずは検査表を確認しましょう。検査表の総合評価に「R」が記載されていると、修復歴がある車ということになります。「R」の記載があれば、どのパーツに修復歴があるかを確認しておくことが大切です。 業者には修復歴についての説明義務がありますので、聞けば必ず答えてくれます。もし説明を拒むようであれば、重度の故障が疑われますので避けた方が無難でしょう。

車の事故車の見分け方

事故車と修復歴車は別物ですので、検査表に「R」がついていないからといって、安心してはいけません。よりよい状態の車を購入するためには、修復歴だけではなく事故歴がないかも確認しておく必要があります。事故歴があっても状態のよい車はありますので、車の各パーツをチェックして、事故歴の有無、損傷の程度などを確認し、納得のできる車を選びましょう。

外観部分をチェック

車の外観部分では、車体の隙間が均一かどうか、一部の隙間だけ狭くなっていないかなどを確認しておきましょう。新車の状態であれば車体の隙間は均一ですので、ゆがみがある=事故歴があることになります。また、車体の隙間だけではなく、塗装の色合いが同じかも確認しておきましょう。 塗装の色合いに微妙な変化がある場合は、塗装を塗り直している証拠ですので、事故車である可能性があります。

ボンネットを開けてチェック

ボンネットを開けて、取り付け部位を確認します。ボルトが新しくなっている場合は、修復した可能性があります。中でも、ヘッドライトの取り付け部位は注意深くチェックしておきましょう。ヘッドライトの取り付け部位は小さな衝撃でも損傷しやすい素材でできていますので、事故歴がある場合はここを修復している可能性が高いです。

トランクを開けてチェック

トランクを開けて、トランク取り付け部位のボルトを確認します。ボルトの塗料に変化があれば修復した可能性がありますので、事故歴を疑いましょう。また、予備タイヤがある場合はそれも外し、金具が錆びていないかも確認しておくことが大切です。

シーラーのチェック

シーラーのチェックも必須であり、ドアやボンネット、トランクのシーラー部分が曲がっていたり、歪んでいたりすると、交換している可能性が高いです。シーラーは修復痕を確認しやすい部分ですので、それぞれの箇所で念入りにチェックしておきましょう。

バイクの事故車の見分け方

事故車は車だけではなく、バイクでもあります。バイクを購入する際も中古で買えば安くてお得ですが、事故車を買ってしまうとすぐに故障し、損をする可能性もあるので注意が必要です。バイクも事故車の見分け方を知っておき、粗悪な商品を掴まされないように注意しましょう。

フレーム溶接箇所のチェック

バイクの場合、まずはフレーム溶接箇所をチェックしましょう。フレームが取り替えられていると、溶接部分が明らかに違っていたり、塗装の色が違っていたりします。その他の部分と色の変化がないか、溶接の仕方が異なっていないかを細かく確認しておくことが大切です。

ハンドルストッパーのチェック

バイクは事故や転倒の際に、衝撃によってハンドルストッパーが変形することが多いため、この部分に異常があると事故があった可能性が高いです。ハンドルストッパーに傷があったり、変形が疑われる場合は、業者に事故歴の有無を確認しておきましょう。

カウルの内側をチェック

事故歴の有無を確かめるためには、カウルの内側も要チェックです。カウルは純正のものだと表と裏が同じ色、あるいは近い色で均一に塗装されています。しかし、修復があると表と裏で色が違っていることが多いです。表面がきれいに塗装されていても、裏面と違う部分があれば事故車である可能性が高いので注意しましょう。

 

安い中古車は大丈夫?

中古車といっても車種や車の状態によって値段は違い、業者によっても販売価格が違うことも多いです。しかし、中には他の車と比べて飛びぬけて安いものもあり、思わず手が出てしまいそうになりますが、安い中古車は本当に安全なのかを知っておきましょう。

相場よりはるかに安い中古車は注意

中古車は車種や状態によってはかなりお得に買える場合もありますが、それでも相場よりも明らかに安すぎる場合は注意が必要です。相場よりも大幅に減額されている場合は、必ず理由があり、事故車や修復歴車である可能性も高いです。相場がひとつの判断基準ですので、買いたい車種の相場は事前に調べておきましょう。

購入する際には信頼できる店を選ぶ

中古車の販売店はさまざまありますが、その中でも信頼できる店を選ぶことが大切です。購入に際して疑問に思うことがあれば、まずはスタッフに質問をします。信頼できる店であれば、どんな些細なことでもきちんと答えてくれます。反対に信頼できない店の場合は、誠実に答えてくれませんので、そのような店はできるだけ避けましょう。

 

事故車を見分けて上手な中古車購入をしよう

中古車を購入する際には、事故車かどうかをしっかり見分けることが大切です。また、あえて事故車を選ぶ場合でも、きちんと状態を見極めればよい買い物はできます。事故車の見分け方を知り、中古車をお得かつ上手に購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト