中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

トラックを売る時期の目安とできるだけ高く売るためのコツ

更新日:

車の処分には費用が掛かりますが、買取に出すならコストはほとんど発生せず、反対に利益が得られることも多いです。同じ売るなら少しでも高く手放したいと考えるのは当然であり、コツを踏まえて売却することで、同じ車でも高値で売れることはあります。 トラックを売る場合は、普通自動車とは勝手が少し違うため、注意しなければなりません。トラックならではの売却のポイントを知り、上手に売ってお得に処分しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

トラックを売る時期の目安

トラックを売る際には、まずはどのタイミングで手放すべきか、目安を知ることが大切です。一般的な自動車なら数年単位の早いサイクルで乗り換えになることも多いでしょうが、トラックの場合は違います。 トラックは一般的な自動車よりも耐久性に優れており、長距離の走行にも耐えうる構造、設備を備えているため長持ちしやすい車です。 まだまだ使えるのに売却するのがもったいないため、売りに出す時期が適切かを考えなければなりません。トラックの売り時期の目安は、「走行距離」と「購入してからの年数」の2つの指標で考えることができます。

走行距離は40万キロくらい

車を売る際の目安では、走行距離はよく見られるポイントです。走行距離が長くなるほど車は消耗するため、早めに手放したほうが良いとですが、トラックの場合は40万km程度と長く使えるのが特徴です。 一般的な自動車では、走行距離10万kmで乗り換えを検討することはほとんどですが、トラックだとまだまだ使えることは理解しておきましょう。 10万kmを売却の目安にしてしまうと、かなり早い段階で乗り換えのサイクルを回すことになり、新車の購入費用がかかって損をすることも少なくありません。走行距離が短く、状態が良いなら買取額も上がりやすいですが、それ以上に乗り換えの費用がかさんでしまいます。 整備の状態にもよりますが、丁寧にメンテナンスをしているなら50万~100万km以上走れるトラックも多いです。もともと長距離走行を前提とした車であることは理解し、通常の車よりも走行距離の売却の指標は長めになると考えましょう。

購入してから10年~15年

トラックは走行距離だけではなく、購入してからの年数も一般的な自動車よりも長く、売却の目安は10~15年程度と考えられています。トラックは耐久性が高いため、長い年数長距離を走り続けても故障はしづらく、メンテナンス次第ではまだまだ使用することも可能です。 自家用の普通自動車なら、3~5年程度、長く乗っても10年までということが多いですが、トラックは10年以上経過してから売却を考えることが多いです。 普通トラックなら15年以上、軽トラックでも10年以上は問題なく使えるため、10年と15年をひとつの区切りと考えても良いでしょう。

トラックを高く売るためのコツ

トラックをお得に売るには売却するタイミングを考えることが大切ですが、それだけではなく売却の方法を工夫することも大切です。高く売るためにはいくつかコツがあり、それを守るだけでも買取額は違ってきます。 同じトラックでも、方法次第で買取額は良くも悪くも変化することは覚えておきましょう。少しでも高値で売却するためには、買取の方法を工夫することが大切です。

中古車の一括査定を活用する

トラックを少しでも高く売りたいなら、中古車の一括査定を活用するのがおすすめです。一括査定に出すことで、複数社から査定を受けることができ、愛車の相場価格が分かります。同じ車でも業者によって提示する金額は違うため、複数社からの査定を受けて、より正確な相場価格を算出するのは大切なことです。 また、複数の業者から査定を受けることで、業者間での競争を煽ることができ、通常以上に価格を引き上げられる可能性もあります。1社だけの査定で売ってしまうのはもったいないため、最低3社を目安に査定に出すと良いでしょう。

トラック専門買取業者に依頼する

車を売る際には買取業者に依頼しますが、この時どの業者を利用するかも重要です。トラックを売るなら、トラック専門の買取業者に依頼するのがおすすめで、買取ノウハウが備わった業者を選択しましょう。 トラックは一般的な普通自動車とは別の区分の車のため、ディーラーや中古車買取業者では適正価格で買い取ってもらえない場合もあります。 トラックの買取や活用のノウハウがないと、売れても安値になってしまう可能性があるため注意が必要です。トラック専門の買取業者なら、より確実に適正価格で売却しやすく、活用のノウハウがあるため、他の業者よりも高額査定を期待しやすいでしょう。

7年から9年目くらいまでに売る

トラックを売る目安は10~15年程度ですが、少しでも高額査定を期待するなら目安よりも早い7~9年目程度で売ってしまうのもひとつの手です。 トラックは耐久性が高いため、10年以上使ってもほとんど性能が落ちない場合も多いです。しかし、年数が経過するほど少しずつ価値が下がるのは確かです。 特に10年はひとつの区切りと考えられており、この時点で大幅に価値が下がることも少なくありません。7~9年だと乗り換えにはやや早いですが、高値で売りやすい分、結果的にお得になるケースも多いです。 あまりに早い時期に売却すると買い換えの費用がかさみますが、7~9年程度なら早すぎることもなく、ベターなタイミングと言えるでしょう。

トラックは走行距離があっても普通自動車より高く売れる

トラックは長距離運転を基本とした車のため、走行距離が長くなっても買取にはそれほど大きな影響を及ぼしません。長距離を走行し、長く使っている場合でも高額査定を期待することは可能なため、コツも踏まえて査定に出して、少しでもお得に売却しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト