中古車売却 中古車買取 コラム

並ぶ車

廃車

ミニバン廃車のやり方と費用|全体の手順や注意点も紹介

更新日:

ミニバンはタウンユースからアウトドアまで幅広く利用できる便利な車で、乗っている人も多いでしょう。手放す際には廃車手続きが必要なため、スムーズに処分するためにも、上手な方法を知っておくことが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ミニバン廃車に必要な費用

ミニバンに限らず、廃車処分するには費用がかかります。方法は複数あり、やり方次第で費用は変わるため注意が必要です。車の状態に合わせた適切な方法を用いることで、費用は削減できるでしょう。また、方法によっては、全く費用をかけずに処分できる場合もあります。

手続きにかかる費用

廃車手続きにかかる費用ですが、抹消登録だけなら費用はほとんどかかりません。手続きは永久抹消登録と一時抹消登録の2つに分けられ、永久抹消登録は無料、一時抹消登録は350円が必要です。しかし、これは自分で行った場合で、業者に依頼する場合は代行手数料がかかります。 代行手数料は業者ごとに違いますが、大体1万円程度が相場と考えましょう。ただし、業者によっては買取対応で廃車手続きも無料代行してくれる場合があります。サービス内容を見て、業者の選定を行うことが大切です。

解体にかかる費用

廃車は名義を抹消するだけの手続きのため、車体まで処分するなら解体しなければなりません。解体の費用は依頼先によって違いますが、ミニバンなら1~3万円程度が相場と考えましょう。 また、解体時に車両の引き取りが必要な場合は、運搬料を請求されることもあります。距離によっても異なりますが、1万円程度が相場と考えましょう。引き取りの費用は業者負担してくれる場合もあるため、これもサービス内容をチェックすることが大切です。 また、廃車買取業者や解体業者に引き渡す場合は、解体を目的にしていても買取で対応してくれることもあります。この場合は解体費用はかからず、むしろ買取時の査定に応じてお金がもらえます。 解体処分でも費用をかけず、プラスを出す方法はあるため、他の業者で値段が付かなくても、すぐに諦めて処分しないようにしましょう。

ミニバンの廃車の手続きの手順

ミニバンの廃車は業者に代行してもらわず、自分で行うことも可能です。自分で行う場合は必要書類を集め、運輸支局に提出して手続きを行いますが、手続きの方法によって手順は若干異なります。一時抹消登録と永久抹消登録の手順の違いを知り、スムーズに廃車手続きを完了させましょう。

一時抹消登録をする場合

一時抹消登録は、車の名義だけを取り除く手続きです。申請には以下の書類と、手数料の350円が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後二枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

名義者以外が手続きを行う場合は、所有者の委任状も用意しましょう。手数料納付書以下の書類は、当日窓口で受け取り可能です。これらの書類を揃えて窓口で提出すると、手続きは完了します。

永久抹消登録をする場合

永久抹消登録は、解体を伴う廃車方法です。事前に解体をし、それから運輸支局で手続きを行いましょう。申請時には、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後二枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

一時抹消登録と同じで、手数料納付書以下の書類は当日入手します。手順自体はそれほど変わりませんが、事前に解体が必要なこと、必要書類が若干違うことは理解しておきましょう。

ミニバン廃車時に気を付けること

ミニバンを廃車する際には、業者選びが非常に重要です。サービス内容が充実していて、できるだけ買取で対応してもらえる業者を選びましょう。引き取り処分だけの業者だと費用を請求され、コストがかかってしまいます。 また廃車する時期も重要で、年度末の3月は混み合うことが多いです。3月末ぎりぎりに依頼すると、実際の廃車完了日が4月にまたがり、自動車税の課税対象になることもあります。年度末に廃車する場合は、少し早めに業者に依頼することを心がけましょう。

乗らないミニバンは早めに廃車にしよう

ミニバンは便利な車ですが、生活環境の変化で乗らなくなることもあります。車は持っているだけでもコストがかかるため、不要なら早めに処分することが大切です。コストがかからないうちに廃車して、愛車を上手に手放しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取に関するコラム | カーネクスト