中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

10万キロ超えの車は売れる?下取りと買取はどっちがお得なのかも解説!

更新日:

走行距離は車の状態を表す重要な指標のひとつで、5万キロ、10万キロと5万キロ単位が基準になることが多いです。10万キロともなると、走行距離が長いと見なされる場合も多く、下取り時に影響することもあります。 下取りは特に査定が厳しい傾向にあり、場合によってはほとんど値が付かないこともあるでしょう。走行距離が10万キロを超えた車を処分するには、どのような方法が適しているのかを知ることが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

10万キロ超えで下取り価格が安いワケ

そもそも下取りとは、古い車を引き取ってもらい、その査定額を新しい車の購入代金から割り引いてもらうものです。そのため、車の買い替えの際にしか利用できず、シーンが限定的であることは理解しておきましょう。 また、下取りだと安値での引き取りになりやすく、走行距離が10万キロを超えている場合は、査定額が0になることもあります。場合によっては処分に必要な費用を請求され、余計にお金がかかることもあるでしょう。下取りだとなぜ査定額が安くなりやすいのか、理由は大きく2つに分けられます。

部品の劣化で故障のリスクが高い

走行距離が長くなるにつれて、車は各パーツが消耗し、劣化します。10万キロは各種パーツの交換が必要になりやすいタイミングで、故障のリスクが高いため、業者は下取りを敬遠します。 そもそも下取りのサービスを行っているのは、ディーラーがメインであることが多いです。業務の中心は新車の販売であることが多く、車両の引き取りはあくまで付帯サービス程度で行っています。新車の販売ノウハウには長けているものの、中古車の販売ノウハウはそれほどなく、特に状態の悪い車の活用方法はほとんど持っていません。 業者でそのような状態の悪い車を引き取っても持て余して処分してしまうだけのことが多いため、故障リスクの高い走行距離10万キロ超えの車は、下取りでの価値が下がりやすいです。

車の寿命というイメージでニーズが少ない

走行距離10万キロが買取でのひとつの目安となっていることから、これを寿命と思うユーザーも少なくありません。10万キロを超えている車は、寿命を迎えたボロボロの車とイメージする人が多く、10万キロを超えた時点で需要は激減します。 需要が少ないということは、業者で買い取っても再販できる可能性が低く、在庫を抱える危険性があります。実際にはまだまだ走れる状態にあっても、市場でのマイナスイメージを考慮して、積極的に価値を付けない業者は多いです。

10万キロ超えの車の対策とは

並ぶ車

走行距離が10万キロを超えてしまうと、下取りの条件は悪くなり、場合によっては処分に費用をかけなければなりません。しかし、保有し続けるのもコストになりやすいため、どうにか処分したいと考える人は多いでしょう。 10万キロを超えると扱いづらくなることは確かですが、活用の方法、処分の方法がないわけではありません。長距離走った車はどのように扱うべきか、選択肢を知って自分に合ったものを選びましょう。

下取りを諦めメンテをして乗り続ける

下取りに出しても値段を付けてもらえないなら、買い替えをやめて、そのまま使い続けるのもひとつの手です。車はメンテナンス次第で長く乗ることができ、しっかり手を加えると、20万キロ、30万キロと走ることも少なくありません。 10万キロが寿命というイメージを持つ人は多いですが、これは昔の話です。現在の車は品質が向上しており、大抵の場合で寿命と思われている10万キロを優に超えて走り続けられます。使い続けることで市場での価値も下がりますが、価値がなくなるまで乗り潰すなら、むしろお得と言えるでしょう。 10万キロを超えたからといって、すぐに手放す必要はないため、車の状態次第では、継続使用を考えることも大切です。

買取専門にもっていく

車を売却する場合は、大きく下取りと買取に分けられます。下取りでは値が付かなくても、買取なら値を付けてもらえることは多いため、買取専門業者に売却するのも良いでしょう。買取専門店なら、状態の悪い車でも活用するノウハウを持っているため、下取りよりも高い査定額を提示してくれることが多いです。 業者によってどれくらいの価値を付けてくれるかは異なるため、複数の業者を回って見積もりを出し、提示額を比較すると良いでしょう。

処分に費用がかからない廃車を検討

どうしても処分が難しい場合は、廃車を検討するのもおすすめです。廃車買取業者なら、廃車手続きやレッカー代は無料サービスとしていることが多く、費用をかけずに車を手放すことができます。 また、業者によっては買取も行っており、状態次第では走行距離が10万キロを超えていても、買い取ってもらえる場合があるでしょう。処分に困って引き取りを拒否されるということはないため、廃車による処分も頭に入れておくことが大切です。

10万キロ超えなら下取り以外も選択肢

走行距離が10万キロを超えると、寿命を迎えた、ボロボロで価値がないと判断されることが多いです。そのため、下取りではほとんど値が付かないこともあります。 下取り以外にも選択肢はあるため、10万キロを超えているなら、他の方法も探したほうが良いでしょう。ひとつの方法に固執せず、その車に合った適切な方法を探し、少しでもお得に処分できることが大切です。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2022 中古車買取カーネクスト