中古車売却 中古車買取 コラム

道路を走る車

買取・売却

20万キロ超えの車の下取りは値が付く?賢い資金化のポイント

更新日:

車はハードに使用すると当然劣化が進み、状態も悪くなります。状態を見極めるポイントに走行距離があり、5万キロ、10万キロ、20万キロと5万キロ単位でチェックされることが多いでしょう。 20万キロオーバーの車はかなり使い込んでいると言え、下取りでは価値が付きづらいです。処分時の方法次第では損をすることもあるため、賢く資金化する方法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

20万キロオーバーの車の下取りが厳しいワケ

下取りは新しい車に買い替える際に、古い車を引き取ってもらい、その売却金額に応じて、新車購入代金を割り引いてもらう方法です。古い車の売却と、新車の購入がまとめて行えるため、手続きがスムーズで利用したいと考える人は多いでしょう。 買い替えを検討するなら便利な方法ですが、下取りでは査定が厳しく、場合によっては価値が付かないことすらあります。特に走行距離が20万キロを超えた車は、下取りを敬遠されることも少なくありません。なぜ長い距離を走っていると下取り時の評価が厳しくなるのか、それには理由があります。

部品の劣化で寿命が近いため

20万キロオーバーの車が下取りで厳しい評価を受けるのは、部品の劣化具合にあります。車は長く使うほど、長い距離を走るほど劣化が進み、各パーツは痛みます。特に10~20万キロ程度走っていると、足回りやエンジンに関係するパーツの交換が必要になる場合が多いです。 これらは交換し、メンテナンスをすることで継続して使用することは可能ですが、費用が高く付くこともあります。下取りで引き取っても、故障のリスクが高く、メンテナンスが必要な場合が多いため、査定額が下がってしまうことが多いです。

下取りをしても買い手が見つかりにくい

業者は下取りをした車は、点検・整備を行い、再販します。走行距離が20万キロをオーバーしていると、各種劣化が進んでいることはもちろん、寿命が近いというイメージからなかなか買い手が付きません。下取りをしても売れずに、在庫になるリスクが高いため、安値でしか引き取らないという業者は多いでしょう。 もちろん、人気の車種やオールドカー、プレミアカーとしての価値があるなら別ですが、20万キロオーバーだと、買い手は一気に減るのが普通です。

おすすめは下取りよりも廃車買取

20万キロオーバーの車でも下取りに出せないわけではありませんが、査定額が底値になったり、そもそも値段を付けてくれなかったりすることも多いです。また、場合によっては値段が付かないだけではなく、引き取り処分にかかる費用のほうが高く付き、余計なコストが発生する可能性もあります。 下取りはあくまで状態の良い車を買い替える際に利用すべきもので、全ての場合に該当するおすすめの方法ではありません。特に過走行車のように状態の悪いものには不向きなため、処分するなら別の方法を考えるべきです。20万キロオーバーの車をお得に処分するなら、下取りよりも廃車買取がおすすめです。

20万キロオーバーでも買取を拒否されない

廃車買取の魅力は、どのような車でも買取拒否をされない点にあります。価値が付くかどうかは別にして、少なくとも引き取りはしてもらえるため、確実に処分ができるでしょう。廃車買取業者は、状態の悪い車でも活用できるノウハウを持っています。 自走可能な車は売却、走れない車はパーツ取り、さらに残った部分は資源としてリサイクルと、ボロボロの車でも余すところなく活用できるのが特徴です。つまり、どのような状態の車でも活用し、利益を上げることができるため、20万キロオーバーの車だからといって、拒否されることはありません。 劣化した車でもどこかに価値を見出し値段を付けてもらえるため、場合によっては思わぬ査定額が付いて、お得に売却できることもあるでしょう。

車を手放すのに費用がかからない

廃車買取は車の引き取りから解体、場合によっては廃車手続きの代行まで無料で行ってくれるところもあります。車の処分には通常費用がかかりますが、廃車買取ならその心配がありません。手放す際に費用がかからず、かつ安くても買取金額が付くこともあるため、これらを合計すると金銭的なメリットは大きいでしょう。 仮に値段が付かなくても、無料で処分できる点で下取りよりは優れており、余計な費用をかけたくない人におすすめです。

簡易査定ならいつでもできる

廃車買取の場合は、ネットや電話で簡易査定を行っていることが多く、これを利用することでよりスムーズな売却が可能です。まずは査定に出し、愛車にいくらの価値が付くのかが調べられます。 大体の目安が分かったところで、詳細まで見てもらい、実際の買取金額を計算してもらえるため、より納得した金額で売却しやすいでしょう。簡易査定は基本的に無料のため、手放すかどうか迷っている人も、まずは査定だけして、金額を見てから処分を決めるのもひとつの方法です。

なお、カーネクストであれば中古車の買取だけではなく、廃車の買取も可能で訪問査定なしで査定額の提示が可能となっております。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

20万キロオーバーでも売却を諦めない

走行距離が20万キロを超えると、寿命がきて故障する、価値がないとイメージされることが多いです。しかし、価値が全くなくなったわけではなく、売り方次第でお金にはなります。 下取りは査定の評価が厳しいため、20万キロオーバーの車の処分には不向きです。下取りに固執せず、別の処分方法を探して、過走行車も上手に手放し、賢く資金化を目指しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト