中古車売却 中古車買取 コラム

買取・売却

【故障車を買い取ってもらう方法】売却方法と注意点を知ろう

更新日:

故障車となれば廃車にするしかないと考える人が多いですが、実はこれは間違いです。故障車であっても売ることはできますし、場合によっては高値で引き取ってもらえる可能性もあります。故障しているからといって諦める必要はありませんので、買い取ってもらう方法を知っておきましょう。

故障した車を買い取ってもらう手段

故障車を買い取ってもらう手段ですが、実はさまざまな方法があります。故障車を買い取ってくれる業者はたくさんありますし、どの業者に依頼するかによって買取の価格も違ってきます。買い取ってもらう手段としてはどのようなものが挙げられるのかを知り、それぞれの特徴なども確認していきましょう。

故障車専門の買取業者に依頼する

車の買取業者といってもさまざまな種類があり、中には故障車を専門に取り扱っている買取業者もあります。故障車専門の買取業者は海外に販売ルートを持っていることが多く、故障車でも高値で買い取ってくれることが多いです。 海外では日本の車は人気が高く高値で売れますし、故障車とはいっても程度はさまざまです。修理すればまだまだ使える車であれば、業者も積極的に買い取ってくれます。

故障車のパーツを売るリサイクル業者に依頼する

車が故障したといってもすべてのパーツが故障しているケースはまれです。どんな車でも基本的には使えるパーツは残っているはずですので、故障車のパーツを売るリサイクル業者に依頼すれば、買い取ってもらえる可能性は高いです。 走れなくなった場合でも、パーツとしての価値は残っていますので、使える部品がないかチェックしてもらうことが大切です。

解体業者に依頼する

故障車専門の買取業者でも買い取ってもらえない、パーツとしても使い道がないのであれば、解体業者に依頼しましょう。解体業者であれば、車としてではなく金属資源として買い取ってくれますので、車の状態は関係ありません。 廃車にするしかない故障車でも買い取ってくれますし、鉄の価格や車種によって値段は変動するものの、少なからず利益は出ます。ただし他の方法と比べれば利益率は低いため、どうにもならないときの最終手段だと思っておきましょう。

 

故障した車の買い取り査定基準

故障車を買取に出す場合には、適切な買取基準を知っておくことが大切です。故障車=査定は安いと考えている人は多いですが、必ずしもそうとは限りません。故障の程度や故障箇所によって査定額は違ってきますし、安く買い叩かれないためにも査定基準は知っておくことが大切です。 故障の程度によって査定額はどれくらい違うのか、自分の愛車はどれくらいで買い取ってもらえそうかを考えていきましょう。

軽度の故障はほぼ問題なし

軽度の故障であれば、買取の際にはほとんど問題はありません。バッテリー上がりやライトの電池切れなどに関しては、査定にほとんど影響を及ぼしませんので、通常の中古車の相場で買い取ってもらえると考えましょう。 もちろん、同じ車種で年式や走行距離なども同じ、一方にのみ軽度の故障がある場合は査定額は少しだけ下げられるのは確かです。しかし減額はごく小さなものですし、気になるほどではありません。

中程度の故障は修理代程度が引かれる

傷やへこみなど、中程度の故障がある場合は、査定からある程度引かれる可能性があります。しかしそこまでの減額はなく基本的には修理代が引かれる程度だと考えましょう。中程度の故障の場合は故障車専門の買取業者に依頼する必要はありませんので、普通の中古車買い取り業者に査定を依頼して問題ありません。

大きな故障は大幅に査定ダウン

故障も中程度までであれば問題はありませんが、大きな故障の場合は査定額は大幅にダウンしてしまいます。中古車買い取り業者やディーラーでは買取が拒否されるか、査定額が大幅に減額される可能性が高いので注意しましょう。 故障の程度が大きい場合は、最初から故障車や事故車専門の業者に査定を依頼する方が確実です。特にディーラーの場合だと、査定額が0になることも少なくありませんので注意しましょう。

 

故障車を買取に出す時の注意点

故障車であっても買取に出すことはできますが、その際にはいくつか注意点があります。注意点が守れていないと損をしてしまう可能性も高いので気をつけましょう。故障車は上手に売れば少なからず利益が出ますし、正しい売り方を知って買取の手続きを進めていくことが大切です。注意点も理解して、リスクを回避しながら買取を目指しましょう。

自走できない場合はレッカーか牽引してもらう

故障がひどく自走できない場合は、レッカーか牽引での移動が必要です。業者にレッカー移動を依頼した場合には、料金が必要ですので注意しましょう。業者によっては無料サービスをしている場合もありますので、それを利用するのがおすすめです。 また法律に基づいた手順を守れば、自分で牽引することも可能です。自分で牽引する場合は車がもう一台必要ですし、運転にはコツがいります。自信がないならレッカーを依頼した方が無難でしょう。

故障したところは直さない

故障していると査定では少なからず減額されますので、査定額を高めるために修理をしてから査定に出す人は多いです。しかし買取業者に出す前に修理してしまうと、査定から引かれる金額よりも、修理代の方が高くついてしまう可能性が高いので注意が必要です。 修理をすれば査定額が上がるのは確かですが、それは少額であることが多く、結果的に見れば損をすることがほとんどです。自分で直せる部分は修理しても構いませんが、業者に依頼しなければならない箇所については修理せずにそのまま査定に出しましょう。

廃車にした場合は還付金の手続きを忘れない

業者に廃車として売却した場合は、自動車税の還付金があるので忘れずに申請しなければなりません。還付金は申請した時期によって異なりますが、払いすぎた税金が戻ってきますので、忘れないようにしましょう。特に自動車税を払ったばかりの場合は、かなりの金額が還付されますので、廃車手続きを終えればそれで終わりと思わず、還付金を受け取るところまでが手続きのつもりできちんと申請しなければなりません。

 

故障の状態に合わせて売却方法を決めよう

故障車とひとくちにいっても状態はさまざまであり、状態に応じて適切な売却方法は違ってきます。故障していても通常の中古車と同様の方法で売れる場合もありますし、故障車専門の業者に依頼しなければならない場合もあります。故障の程度から適切な方法を見抜いて、上手に買い取ってもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト