中古車売却 中古車買取 コラム

フォルクスワーゲン

購入

フォルクスワーゲンの中古車を買う際の注意点とは

更新日:

2016年から4年連続で世界の自動車販売台数1位を獲得しているフォルクスワーゲン。販売台数のみならず、その規模の大きさも世界トップです。フォルクスワーゲンの車は日本でも人気が高く、中古車市場にも数多く流通しています。
ここでは、そんなフォルクスワーゲンの中古車をどこで購入すべきかや、購入前のチェックポイント、中古車のおすすめ車種などをご紹介します。フォルクスワーゲンの中古車購入をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

フォルクスワーゲンは認定中古車がおすすめ

フォルクスワーゲンエンブレム

認定中古車とは、正規ディーラーが独自に定めている厳しい基準を満たした中古車のことです。厳しい検査やテストをクリアした車のみが選ばれるため、安心して購入することができます。フォルクスワーゲンの認定中古車を選ぶべき理由は何なのか、詳しく見ていきましょう。

認定中古車の点検内容

フォルクスワーゲンを知り尽くしたスペシャリストが整備し、点検前に診断機を利用して事前確認を行った後ロードテストを行い、合格した中古車のみがフォルクスワーゲンの認定中古車として選ばれます。行われる点検の内容は下記のとおりです。

点検項目

  • ステアリング(7項目)
  • ブレーキ(9項目)
  • タイヤ&ホイール(4項目)
  • サスペンション(2項目)
  • 熱害防止装置(1項目)
  • クラッチ&トランスミッション(4項目)
  • 電気関連(2項目)
  • エンジン/モーター(4項目)
  • 排気(1項目)
  • ライト&ウインカー(1項目)
  • スイッチ&計器(7項目)
  • ロードテスト(6項目)
  • 日常点検事項(12項目)
  • 外回り(1項目)
  • その他(10項目)

これだけの点検がしっかり行われ、テストに合格した中古車であれば安心して選ぶことができますね。

認定中古車グレード別保証内容

フォルクスワーゲンの認定中古車は、年式、走行距離に応じて「Das WeltAuto.Premium」「Das WeltAuto.」「Das WeltAuto.Basic」の3つのグレードに分けられています。グレードごとに保証部位や保証期間が異なるため、確認しておきましょう。

Das WeltAuto.Premium Das WeltAuto. Das WeltAuto.Basic
対象車両 初年度登録より2年以内
走行距離5万キロ以内
初年度登録より7年以内
走行距離7万キロ以内
初年度登録より10年以内
走行距離10万キロ以内
保証部位 ボディ内外装品、消耗品・油脂を除く全部品を保証
保証期間 1年間走行距離無制限
延長保証 1年間延長保証制度(有料)

安心のロードサービス

フォルクスワーゲンの認定中古車であれば補償期間中、24時間365日いつでもロードサービスを受けることができます。

24時間緊急サポートサービス

  1. 24時間緊急サポートサービス
  2. 応急処置のアドバイス及び出動支援
  3. 緊急連絡・案内サービス

道路上でのクイックサービス

  1. カートラブル・クイックサービス
  2. その他の現場対応サービス
  3. 牽引サービス

アフターフォローサービス

  1. レンタカーサービス
  2. 帰宅費用負担サービス
  3. 緊急宿泊費用負担サービス
  4. ピックアップサービス

これだけの保証があれば、いざというときも安心できます。

フォルクスワーゲンの中古車購入時の注意点

カギを差し出す男性

フォルクスワーゲンの中古車を購入する際は、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。ここでは、購入前にチェックしておくべき項目について詳しく解説していきます。フォルクスワーゲンに限らず、中古車の購入時に役立つポイントもご紹介しているので参考にしてみてください。

年式

フォルクスワーゲンに限らず、中古車の価格は年式によって大きく変動します。日本車は初年度登録から10年は大きな故障もなく乗ることができると言われていますが、輸入車は5年経過すると交換が必要な部品が出てくると言われています。そのため、初年度登録から5年経過した中古輸入車は価格が安くなっていることがほとんどですが、部品の劣化が進んでいる可能性が高いです。年式が古い車を購入する場合は、部品の交換がきちんとされているかを確認しておきましょう。部品の交換がされていない場合、後から自分で部品の交換をすることになり、部品代と工賃がかさんでしまいます。

走行距離

走行距離も中古車を購入する上で必ず確認しておくべきポイントです。国産車は走行距離10万キロが乗り換えの目安であると言われていますが、輸入車の場合、国産車と比べると部品の劣化が早いため、それよりも寿命が短いと言われています。しかし、故障したら乗り換えることが多い日本に比べ、海外では故障した車を修理して長く乗るのが一般的です。そのため、実際は走行距離よりも前のオーナーがこまめにメンテナンスをし、きちんと部品を交換しているかどうかが重要です。走行距離は短いに越したことはありませんが、それよりもメンテナンスや部品の交換の有無などを確認しておくようにしましょう。

修復歴の有無

修復歴の有無は、中古車を購入する上でかなり重要なポイントです。事故や故障によって破損した箇所を修復している車の場合、きれいに元に戻っているように見えても、後から他の箇所の不具合や故障を引き起こしてしまう可能性があります。修復歴のある車は、見た目はきれいなのに価格が安いためお買い得に感じるかもしれませんが、後から不具合が発生してしまうと高額な修理費がかかってしまうため注意しましょう。

車検の有効期間

車道を走行するためには必ず車検を通す必要があるため、車検が切れている中古車を購入すると、車両の購入費用に加えて車検の費用も一緒に支払う必要があります。車検にかかる費用も決して安くはないため、どうしても初期投資が高くなってしまいます。どうしても気に入った車の車検が切れてしまっている場合は仕方ありませんが、車検が残っている中古車を選べば、初期費用を安く抑えることができるためおすすめです。

フォルクスワーゲンに詳しいスタッフがいるか

フォルクスワーゲンの認定中古車を購入する場合は心配ありませんが、中古車販売店で購入することを考えている場合、フォルクスワーゲンに詳しいスタッフがいるかどうかは重要です。フォルクスワーゲンにはフォルクスワーゲンの中古車のみを取り扱っている専門の中古車販売店があり、そういった販売店ではフォルクスワーゲンの魅力や弱点、故障しやすい箇所、ドレスアップのコツなどについて詳しいスタッフがいます。また、フォルクスワーゲンを専門的に取り扱うプロであれば、フォルクスワーゲンの弱点を把握した上で整備してくれるため、安心して中古車を選ぶことができます。特に、フォルクスワーゲンはオイル交換を必ずしなくてはなりません。そういったメンテナンスをせずに納車しているような中古車販売店はやめておいた方がいいでしょう。

フォルクスワーゲンのおすすめ車種

フォルクスワーゲン車種

フォルクスワーゲンを中古車で購入する際のおすすめ車種をご紹介します。各車種の新車、中古車の価格帯もそれぞれ掲載しているのでぜひ参考にしてみてください。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

カブトムシを思わせる丸みのあるボディラインに丸いライトが特徴的なザ・ビートルは、エクステリアデザインのファンが多いですが、足回りはスポーティな味付けがされているため、決して形だけの車ではありません。重厚感があり、高速道路も安定して走らせることができます。認定中古車であっても100万円を切るモデルのものも流通してきているため、中古車を購入するなら今がチャンスです。

  • 新車価格帯:230~405万円
  • 中古価格帯:54~378

フォルクスワーゲン ゴルフ

ゴルフはフォルクスワーゲンを代表するモデルで、高速安定性や乗り心地、動力性能、燃費、安全性の全てにおいてバランスが取れた車であり、世界中で高く評価されている車です。ハッチバックのベンチマークともいわれるゴルフは、常にフロアが地面と平行に保たれる乗り心地を味わうことができます。

  • 新車価格帯:249~600万円
  • 中古価格帯:58~530万

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロはコンパクトなボディが特徴で、日本の軽自動車顔負けの1,130kgという軽量化にも成功しており、この軽量化されたボディとターボで十分な加速を味わうことができます。ポロは中古車であれば、新しいモデルでも200万円以下で手に入れられることもあります。

  • 新車価格帯:209.8~3362.9万円
  • 中古価格帯:110~325万

フォルクスワーゲン up!

フォルクスワーゲンの中でup!はフォルクスワーゲンの中でも比較的安価なモデルとなっています。誰でも乗りやすいシンプルなデザインが特徴で、小さいにも関わらず、居住性がよく、走行安定性を感じることもできる一台です。中古車であれば、2017年式でも100万円以下で購入できることもあります。

  • 新車価格帯:149~234.2万円
  • 中古価格帯:15~256万

まとめ

できるだけ安い値段でフォルクスワーゲンを購入したいという方は、ご紹介したポイントや注意点をぜひ参考にしてみてください。中古車の価格の幅が広いフォルクスワーゲンですが、安いからという理由だけで安易に決めてしまわず、きちんとチェックポイントを確認してから購入するようにしましょう。良質な中古車を選ぶことで余計な修理代をかける必要がなくなり、維持費を安く抑えることにつながります。フォルクスワーゲンを購入する販売店や車両の状態をきちんと見極め、お得にフォルクスワーゲンをゲットしてください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-購入
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト