中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

自賠責保険の解約・払い戻し方法|解約申請の手続きと注意点

更新日:

車に乗るためには自賠責保険への加入は必須であり、これはすべての人に義務づけられています。自賠責保険は強制保険とも言われており、加入せずに車に乗ることはできません。そのため保険料の負担も避けられませんが、実は保険料については払い戻しが受けられる場合もあります。どのような場合に払い戻しがされるのかを知り、自賠責保険についての理解を深めていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

どんな時に自賠責保険の払い戻しができるのか

自賠責保険は払い戻しが受けられますが、これはどんな場合でも返金があるわけではありません。車に乗っている限り自賠責保険への加入は義務付けられていますので、その場で申し出をしたからといって払い戻しがされるわけではないので注意しましょう。 自賠責保険を払い戻してもらうためには手続きが必要ですので、どんな時に払い戻してもらえるのかを知っておくことが大切です。

廃車の場合は払い戻しが可能

自賠責保険は車やバイクに乗る人、すべてに加入が義務付けられています。これは実際に車などを使用しているかどうかに関係せず、基本的には名義を持っている以上、加入しておかなければならないものです。そのため保険料の払い戻しが受けられるのは、車を廃車した場合に限られます。 廃車にすれば車から名義はなくなりますので、自賠責への加入義務は発生しません。自賠責の有効期限内での廃車の場合は、保険料を払いすぎていることになるので、有効期限に応じて保険料が払い戻しされます。払い戻しには廃車証明が必須ですので、廃車時に必ず手に入れておかなければなりません。

廃車されずに再販される場合は払い戻し不可

自賠責の保険料が払い戻しになるのは、廃車された場合のみで、車を手放したからといって払い戻しが受けられるわけではありません。愛車を手放したとしても、廃車されずに再販される場合は払い戻し不可です。車の買い替えなど、買取や下取りに出した場合は自賠責の払い戻しは受けられませんので注意しましょう。

自賠責保険の払い戻し方法は簡単

自賠責保険を払い戻してもらうには条件がありますし、実際に払い戻しを受けるためには、手続きが難しいのではないかと思ってしまう人は多いです。しかし、実際の手続きは非常に簡単であり、一連の流れさえ理解していれば誰でも簡単に払い戻しが受けられます。 面倒な手続きもありませんし、廃車時に一緒におこなえる手続きがほとんどです。廃車にして処分する場合には、自賠責保険の払い戻しを受けるところまでが一連の流れだと考え、きちんと手続きをして払い戻しを受けましょう。

廃車手続きをして証明書を受け取る

自賠責保険を払い戻してもらうためには、廃車をしなければなりませんので、まずは廃車の手続きを進めていきます。廃車方法は一時抹消登録と永久抹消登録の2つに分けられますが、どちらの場合でも払い戻しは可能です。 廃車手続きを完了させれば、廃車証明書を受け取ります。証明書の名称は廃車方法によって異なり、一時抹消登録の場合は登録識別情報等通知書、永久抹消登録の場合は登録事項証明書です。業者に廃車を依頼する場合は、廃車証明書を必ず渡してもらえるように手配しておきましょう。

保険会社へ連絡する

廃車が完了すれば、保険会社へ連絡し、自賠責保険の払い戻しに必要な書類の交付を受けます。これは自身で連絡しなければ書類はもらえませんので注意しましょう。廃車手続きを終えれば自動的に案内されるわけではないので、必ず自分で保険会社に連絡しなければなりません。 保険の払い戻しに必要な書類は、郵送で送られてくることが多いです。連絡してから届くまでに数日かかりますので、早めに連絡しておきましょう。

必要書類を揃えて保険会社に提出

保険会社から必要書類を交付してもらえば、書類を記入して保険会社に提出します。この時記入漏れなど、不備がないように注意しましょう。書類に不備があると払い戻しの手続きが進められませんし、場合によっては一から書類を作成し直さなければならないこともあります。 再度作成となれば、また書類の交付から初めなければならず、時間がかかりますので、不備がないように提出前には必ず記入内容を見直しておきましょう。

返金までの期間は1週間~2週間

必要書類をすべて揃えて、不備なく記入して提出すれば手続きは終了です。保険会社で書類を確認し、承認されれば保険料は払い戻しされます。払い戻しには1~2週間程度かかり、事前に指定した口座に振り込まれます。 書類を提出してから数週間経っても払い戻しがない場合は、保険会社に確認しておきましょう。何らかのトラブルによって払い戻しが上手くいっていない可能性がありますので、期日になれば口座を確認し、払い戻しがなければその旨を保険会社に伝えておくことが大切です。

自賠責保険払い戻しの際の注意点

自賠責保険料は手続きさえすれば、簡単に払い戻しを受けられますが、払い戻しを受ける際にはさまざまな注意点があります。注意点が守れていないと、手続きがスムーズに進まなかったり、場合によっては払い戻しを受けられない可能性もあります。注意点も正しく理解して、保険料を上手に返金してもらいましょう。

廃車にしたらすぐに解約をしよう

自賠責保険の払い戻しは、廃車をすればすぐに申請することが大切です。保険料の払い戻しは、廃車にした日から計算するのではなく、解約を申請した日から計算します。そのため保険解約の申請が遅くなるほどに、払い戻される金額も減ってしまいます。 廃車手続きが終われば自動的に払い戻しが受けられるわけではありませんので、廃車後すぐに保険会社に連絡して、保険解約の手続きを進めることが大切です。

払い戻しにはひと月以上の残存期間が必要

自賠責保険の払い戻し金額は、保険の有効期限に応じて決定します。保険の残存期間が長いほどに返金額も多くなりますが、これはひと月単位で計算されています。自賠責保険を払い戻してもらうためには、解約時に少なくともひと月以上の残存期間が必要であり、満了日近くで解約しても払い戻しはありません。 有効期限を使い切っていますので、損をしているわけではありませんが、残存期間に応じて払い戻しの金額が異なることは覚えておきましょう。

事前に保険会社へ問い合わせを

自賠責保険をスムーズに払い戻してもらうためには、解約申請前、あるいは廃車前に保険会社に問い合わせておくことが大切です。事前に手続き方法を聞き、解約予定日を伝えて払い戻し金額を確認しておきましょう。事前に細部まで確認していれば、書類の不備なども起きづらくなりますし、二度手間を防いでスムーズに払い戻しが受けられます。

自賠責保険の払い戻しは忘れずに

自賠責保険は加入が必須ですが、廃車にして不要になった場合には払い戻しが受けられます。保険料を払い戻してもらうためには、自分で保険会社に連絡して、保険の解約申請をしなければなりません。解約をしておかなければ保険料は戻ってきませんし、払い過ぎで損をしてしまいます。 損をしないためにも、廃車後は必ず払い戻しの手続きをおこない、払いすぎた分の保険料は必ず返金してもらいましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト