中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

オルタネーター故障の症状とは?故障の前兆や修理費用も徹底解説!

更新日:

オルタネーターとは、車に搭載されている発電装置であり、電気系統をつかさどる重要な部品です。これが故障すると電気が供給されなくなりますので、完全に壊れる前に対処しなければなりません。オルタネーターは故障前にさまざまな症状が現れますので、それらを知って上手に対処していきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

オルタネーター故障の症状

オルタネーターは車を走らせるための重要な部品です。故障すると車が動かなくなりますので、素早く対処しなければなりません。オルタネーターは車の電気系統すべてに関係しているパーツですので、故障すればさまざまな症状が現れます。 どのような症状が出れば故障といえるのかを知って、愛車に該当する症状が現れていないかチェックしておきましょう。

バッテリーの警告灯が点灯する

オルタネーターが故障した場合、バッテリーへの充電ができなくなるためバッテリー警告灯が点灯します。通常に作動していれば、エンジンをかけるとオルタネーターが発電し、バッテリーに電気を送りますが、故障しているとバッテリーへの電力供給がストップします。走っていても警告灯が消えない場合は、故障が疑われますので素早く修理を依頼しましょう。

エンジンが停止する

オルタネーターが故障するとバッテリーの充電ができなくなるため、セルモーターを回すことができず、エンジンがかからなくなります。バッテリーの充電がかろうじて残っていればエンジンはかかりますが、それも走行中に切れてしまう可能性が高いため、注意しなければなりません。警告灯が点灯した場合は、すぐに走行をやめ、安全な場所で停止しましょう。

バッテリーを交換してもエンジンがかからない

バッテリーが上がる=オルタネーターが故障しているとは限らず、単にバッテリーそのものが不具合を起こしている場合もあります。その場合はバッテリーを交換すれば直りますが、オルタネーターが故障している場合は、バッテリー交換をしても直りません。 バッテリー交換後もエンジンがかからない、あるいは途中でストップするようなら、オルタネーターが故障していると考えられます。

異音が発生する

オルタネーターはさまざまな部品でできているパーツであり、長年使用していると経年劣化によって少しずつ消耗していきます。車は揺れが強いですし、走行中の振動などで部品の摩耗などが起き、それが原因で異音が発生することもあります。 この異音も、故障の症状のひとつです。オルタネーターから普段とは違う音がしている場合は、故障を疑うのが賢明でしょう。

オルタネーターの故障の前兆

オルタネーターが完全に故障すれば、車で発電ができないためバッテリーが充電できず、エンジンがストップしてしまいます。走行中に動かなくなれば危険ですし、急なトラブルに巻き込まれれば、困ることも多いです。 そのため、完全に故障してから対処するのではなく、故障の前兆を読み取って、事前に修理することが大切です。オルタネーターに不具合が起きた場合の故障の前兆を把握しましょう。早い段階で不具合に気づければ、トラブルも避けられますし、安全に車を使用できます。

エアコンやオーディオの動作が不安定になる

オルタネーターは車の電力の供給源ですので、これが正常に作動していないと、電圧が低くなります。電圧が安定しないことで、電気製品の動作が不安定になることもありますので、エアコンやオーディオが正常に作動しているか確認しておきましょう。 ただし、エアコンやオーディオなどは壊れやすい部分でもありますので、これらの不具合だけでオルタネーターの故障を疑うのは賢明ではありません。車には他にも電気製品がたくさんありますので、室内灯やヘッドライトの調子などもみながら、総合的に判断することが大切です。

エンジンのふき上がりが悪化

オルタネーターの不具合で電圧が低下してくると、影響を受けるのは電気製品だけではありません。ほかにもガソリンを噴射するためのインジェクションや、火花を飛ばし点火させるスパークプラグなどにも不具合をきたしますので、これらも確認は必須です。 電圧が下がると電力の供給がスムーズにいかなくなるため、エンジンのふき上がりが悪くなります。エンジンがなかなかかからない、普段とは違う音がしたり、いまいち調子が出ないなど、些細な違和感を見逃さないようにしましょう。

オルタネーターの修理交換の費用について

オルタネーターは故障すると車が動かなくなりますので、故障の前兆を感じたり、完全に故障してしまえば修理や取り換えをしなければなりません。修理には費用がかかりますし、取り換えとなればさらに費用は増額します。 安く抑えるためには簡単な修理で済むよう、早い故障の程度が軽い段階で修理に出すことが大切ですが、費用を抑える方法はほかにもあります。オルタネーターの修理費の相場を知り、安く済ませるにはどうすればよいのかも知っておきましょう。

部品交換と修理の場合

オルタネーターは基本的には修理だけで直すことが難しいため、部品交換と修理の両方をおこなうことが普通です。部品交換と修理の両方をおこなったとしても、部品代プラス工賃で1万円もかかりません。費用としては比較的安く、修理で済むならそれほどお金はかからないので早めに故障を見抜くことが大切です。 また、故障の程度によっては部品交換はなしで修理のみで済むケースもありますが、この場合も費用は数千円であり、部品交換を含めた場合とほぼ同額です。無理に修理だけで済ませるよりも、部品交換もしてもらった方がお得だといえるでしょう。

オルタネーター自体を交換する場合

修理や部品交換で直せるなら費用は安く済みますが、完全に交換するとなれば費用は高くなるため注意が必要です。新品のオルタネーターの価格は5万円~10万円ほどであり、これに工賃がプラスされます。オルタネーター自体の価格によっても費用は異なりますが、それでも修理と比べれば5倍以上の費用がかかってしまいます。 交換費用は高額になってしまうことも多く、場合によっては車そのものを買い替えた方がよいこともありますので、買い替えについても検討しておきましょう。

交換費用を安く抑える方法

交換費用を安く抑えたいのであれば、中古のオルタネーターを分解洗浄して部品交換し、新品同様にしたリビルト品に交換しましょう。 リビルト品だと新品より質は落ちますが、それでも費用は抑えられます。より長持ちさせたいのであれば新品に交換した方がよいですが、費用面で考えるならリビルト品の使用がおすすめです。交換後の車の使用予定年数なども考えて、新品とリビルト品どちらで交換するか決めましょう。

車自体が古くなっている場合

もし、車自体が劣化してしまっている場合は、オルタネーター以外の部分でも修理やパーツ交換が必要な部分が出てくる事になりますので、ランニングコストが異常に膨らむ時期になります。

なので、修理をせずに車の買い替えを行った方が、長い目で見ればコスパが改善する可能性があるのです。もちろん、今の状態の車の査定額がいくらになるのか次第な部分となりますので、一度検討しておくべきでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

故障に気づいたらいち早く対処しよう

オルタネーターは非常に重要な部品であり、これが故障してしまうと車は動かなくなります。エンジンが急に止まると危険ですし、困ってしまいます。そのため、そうならないようにいち早く故障に気づくことが大切です。故障の前兆症状を理解して、不具合に気づいた場合は素早く修理しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト