トールの車種別 新車購入 値引き術

ダイハツ トール 値引き術

2016年11月9日に発売となった2列シート5人乗り、スライドシート搭載のコンパクトなミニバン、ダイハツのトール。トヨタのルーミー、タンク、スバルのジャスティのOME車で、広い居住空間が特徴です。
トールは発売からしばらく経っていることもあり、現在値引き交渉がしやすい状況になっています。ここでは、そんなトールの値引き額を上げる方法をご紹介します。

ディーラーとの値引き交渉はどう行う?

トールの値引き額を上げるには、ディーラーとの値引き交渉が必須となってきます。しかし、車の値引き交渉などそう何度も行うものではないため、どうやって値引き交渉をすればいいのか分からない…という方も多いかと思います。しかし、トールの値引き交渉はいくつかのポイントさえ押さえておけば、そう難しくはありません。ここからは、そのポイントについて詳しく見ていきましょう。

トールとライバル車を競合させて値引きを狙う

まず最初のポイントは、トールとライバル車に価格競争をさせるというものです。トールのライバル車として挙げられるのは下記の車です。

  • スズキ ソリオ
  • トヨタ ルーミー タンク
  • スバル ジャスティ

スズキのソリオ以外はトールのOME車となるので、直接のライバルはスズキのソリオとなります。ここで重要なのは、ただライバル車の名前を出すのではなく、ライバル車との間で本気で悩んでいる姿勢をディーラーに示すことです。例えば、「さっきソリオを見てきて、パワーと燃費の良さを考えればソリオもいいなと思って迷っていて…」など、トールにはないソリオの強みをアピールすることで、ディーラーにあとは値引きで勝負するしかない!と思わせることができます。
ここで、「ソリオは〇〇円でした。もしもトールが△△円になればトールに決めます」と希望金額を提示しましょう。これで希望金額以上の値引きが出れば大成功ですし、希望金額と同額であっても目標はクリアできます。
直接のライバル車はソリオであると言いましたが、価格競争をさせる相手は多い方が値引きを狙いやすくなります。OME車と言えども異なるメーカーの車なので、競合させることは十分可能です。できるだけたくさんの店舗を回って見積もりをもらい、戦える手札を増やしておくことをおすすめします。

トール同士を競合させて値引きを狙う

トールとライバル車を競合させての値引きに成功したら、次はトール同士に価格競争をさせましょう。トールは全国のダイハツ店で販売されていますが、競合させることができるのは別資本、別会社のダイハツ同士のみです。同じ資本のディーラーは顧客情報などを共有している可能性が高く、値引き交渉を行えないことがあるため注意が必要です。ディーラーの名前の「〇〇ダイハツ」の〇〇の部分が違えば別資本ということになるので、競合させることができます。
基本的には、隣の県に行けば必ず別資本のディーラーになるので、行ける範囲であれば隣県まで足を運ぶことをおすすめします。
値引き交渉の際は、「トールを買う予定ですが、一番安い店舗で買おうと思っています。さっき行ったダイハツでは〇〇円でした。それよりも安くなりますか?」と直球で値引きを切り出しましょう。

注意ポイント
車を購入したディーラーに購入後の修理や維持管理を頼みたいという方は、そういった時に問題なく足を運べるディーラーに絞って値引き交渉を行うことをおすすめします。しかし、そういったアフターサービスを必ずしも車を購入したディーラーで行う必要はありません。どちらの方が自分にとって都合がいいのかを考えた上で、値引き交渉を行うディーラーを選ぶようにしましょう。

ディーラーオプションで値引きを狙う

ここまで、トールの車両本体の値引き額を大きくする方法についてご紹介しました。しかし、トールの値引きを狙うなら、ディーラーオプションの値引きもかなり重要なポイントとなります。トールの車両本体の値引きには上限があるものの、ディーラーオプションの値引きはディーラーの裁量で決めることができるため、大幅な値引きが期待できます。トールのオプションからの値引き額は、20%程度を目標に設定するといいでしょう。
また、トールの値引き交渉の終盤、契約直前のタイミングで「〇〇と〇〇をつけてくれたら契約する」と言うことで、下記のようなオプションをサービスしてもらえる可能性があります。

  • カーペットマット
  • シートバックテーブル
  • アシストグリップ
  • ドアミラーガーニッシュ
  • サイドバイザー
  • リヤドアサンシェード
  • バックドアストラップ

ぜひチャレンジしてみてください。

愛車をトールの購入資金の足しにするには?

ここまで、トールの値引き額を上げる方法についてご紹介しました。しかし、トールの購入費用を抑える方法は値引きだけではありません。今乗っている愛車が、少しでもトールの購入資金の足しになれば嬉しいですよね。
ここからは、愛車をできるだけ高い金額で手放し、トールの購入資金に充てるための方法についてご紹介します。

ディーラーへの下取り、ちょっと待ってください!

乗り換えでトールの購入を考えている方は、今乗っている愛車をそのままディーラーへ下取りに出そうと考えている方も多いかと思います。実際にトールの値引き交渉を行う中で、ディーラーから「これ以上の値引きは厳しいですが、その代わりに下取り額を上げるのでそれで調整させてください」と言われることがあるかもしれません。値引きという方法ではなくても、トールの購入費用が抑えられることに変わりはないので、一見、得をするように感じますよね。しかし実はこれ…損をしているかもしれません!
ディーラーは実際の中古車市場の相場よりも、かなり低い金額を下取り額として提示してくることがほとんどです。これには3つの理由があります。

  • ディーラーには下取りの競合がいないため、価格競争をする必要がない
  • ディーラーは中古車を買い取った後の販路が少なく、そのほとんどをオークションに流すため高価買取が難しい
  • トールの値引き交渉の中で大きな値引きをしてしまっても、下取り額を低く見積もることでその分の利益を回収できる

これではどんなにトールの値引き交渉を頑張っても、結果的に損をしてしまいますよね。では、どうすれば損なく愛車を手放すことができるのでしょうか。

中古車買取業者に買い取ってもらう

ディーラーへの下取りで損をするなら、中古車買取業者に頼んでも同じなのでは…と思う方もいるかもしれません。しかし、中古車買取業者は中古車市場の相場を見た上で、愛車に適正な価格を付けてくれます。また、中古車を買い取った後の販路を豊富に持っていることも、ディーラーの下取り額と差が出る理由です。
ではいざ、中古車買取業者へ査定を依頼しよう!と思っても、数ある中古車買取業者の中からどの業者を選べばいいのか迷いますよね。そこでおすすめしたいのが、無料一括査定です。無料一括査定とは、複数社からの査定額を一度に知ることができるサービスのことで、無料一括査定を利用すれば、高価買取をしてくれる車買取業者を一目で判別することができます。
しかし、無料一括査定を利用する上での注意点として、複数社から一気に電話がかかってくるというものがあります。これは、無料一括査定の申し込みがあった時点で、各業者が他社より少しでも高く買い取ってウチで決めてもらおう!と営業をかけるためです。仕方のないこととはいえ、電話が鳴り続けるのは困る…という方もいますよね。
そんな方には、車買取業者のカーネクストをおすすめします。カーネクストは、訪問査定ではなく電話査定なので気軽に査定をしてもらうことができ、日本車の需要が高まっている海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。ネット上の無料査定フォームに必要項目を入力するだけで、簡単に査定額を確認することもできます。一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、トールの値引き額を上げる方法をご紹介しましたがいかがでしたか?ディーラーとの値引き交渉に自信がない方もご紹介したポイントを踏まえれば、トールで大きな値引きが狙えるはずです。ぜひチャレンジしてみてください!

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中