中古車売却 中古車買取 コラム

クラウン

買取・売却

クラウンのリセールバリューは高い?高価買取のコツもご紹介

更新日:

1955年に販売が開始されたトヨタのクラウンは、上質なデザインとパワフルな走りを併せ持つ、長い歴史を持つトヨタの高級車です。そんなクラウンは、高いリセールバリューが期待できる車でもあります。
ここでは、クラウンの実際のリセールバリューやクラウンのリセールバリューが高くなる理由、クラウンをより高値で売却するためのコツなどをご紹介します。クラウンの売却をお考えの方はもちろん、購入をお考えの方もぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

クラウンのリセールバリューはどれくらい?

統計

では、クラウンの実際のリセールバリューがどれくらいなのか、具体的な数字で見ていきましょう。

リセールバリューとは?

リセールバリューとは、売却時の車の価値のことです。中古車は、中古車市場での需要と供給のバランスによって相場が変動するため、中古車市場での人気や中古車流通台数などによってリセールバリューが決まります。リセールバリューの高い車とは、中古車市場での需要が高いにもかかわらず、中古車流通台数が少ない車のことを指します。
一般的な国産車のリセールバリューは、新車購入から3年経過・3万キロ走行程度で新車価格の40~55%程度であると言われています。この数字よりもリセールバリューが車を購入することで、買い替え時にかかるコストを抑えることができます。

クラウンのリセールバリュー

車のリセールバリューは、年式が新しければ新しいほど高くなります。では、クラウンのリセールバリューは年式によってどの程度変化するのでしょうか。

2年落ち 70%
3年落ち 52%
5年落ち 51%
7年落ち 36%

この数字は全グレードの平均値となります。リセールバリューはグレードによっても異なりますが、クラウンは平均よりもやや高めのリセールバリューを維持していることが分かります。

クラウンハイブリッドのリセールバリュー

クラウンにはガソリンモデルだけでなく、ハイブリッドモデルも設定されています。ハイブリッドモデルのリセールバリューは、ガソリンモデルのリセールバリューとどの程度異なるのでしょうか。

2年落ち 67%
3年落ち 55%
5年落ち 59%
7年落ち 37%

クラウンはハイブリッドモデルの人気が高く、中古車市場での需要も高いため、ハイブリッドモデルのリセールバリューが少し高い結果になりました。

クラウンのリセールバリューが高い理由

クラウン内装

平均よりも高めのリセールバリューを維持しているクラウンですが、高く売れる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

海外でのセダン人気

近年、日本ではミニバンやSUVの人気が高まっており、セダンの人気は低迷しています。しかし、トランクが独立しており、静粛性、走行安定性、安全性の全てを兼ね備えているセダンは、海外では高い人気を維持し続けています。また、海外では装備が揃っていて燃費が良く、故障しにくいトヨタ車の人気が非常に高く、高値で取引される傾向にあります。さらに、海外では車は修理しながら長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても思わぬ値段が付くこともあり、高価買取につながりやすいのです。

欧米では販売されていない

実はクラウンには、欧米の道路事情に適さないなどの理由で欧米での販売に失敗し、4代目の終了に合わせて海外販売を終了したという苦い過去があります。しかし、その後、欧米ではなく中東やアジア諸国などで大排気量タイプのエンジンを積んだクラウンが販売されるようになりました。これにより、香港のタクシーのほとんどにクラウンコンフォートが使用されていたり、中国をはじめとしたアジア諸国などでもクラウンは高級車として捉えられるようになり、クラウンマジェスタをベースに開発された大きめのクラウンが好調な売り上げを記録しています。
その一方で、現在は正規輸出がされていない欧米諸国などでも、車好きの間でクラウンは人気の高い車となっています。こういった国ではクラウンの新車を購入することができないため中古車の需要が特に高くなり、日本国内での流通価格よりも高い価格で取引されることもあります。

新車価格が高いため中古車の需要がある

「いつかはクラウン」というキャッチコピーが話題になったクラウンですが、このキャッチコピーが示すとおりクラウンは高級車の代名詞ともいえる存在で、憧れを持つ人は少なくありません。そんな憧れの車であるクラウンの新車価格は、エントリーモデルでも約500万円という高級車にふさわしい価格です。そのため、新車には手が届かないものの中古車ならば…と考える人も多く、中古車の需要が非常に高い車でもあります。また、このような高級車は丁寧に乗られていることが多く、状態の良い中古車が多いことも、リセールバリューが高くなる理由の一つです。

クラウンを高く売る方法

お金

クラウンを売却するのなら、できるだけ高値で売却したいですよね。クラウンの買取価格をより高くするためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

海外販路を持つ中古車買取業者を選ぶ

車を高く売るためには、どの中古車買取業者に買取を依頼するかがポイントになってきます。業者によって販路は様々ですが、海外販路を持つ中古車買取業者を選ぶことで、高価買取につながりやすくなります。海外販路を持つ中古車買取業者であれば、海外へ輸出した際の相場を反映して買取価格を算出してくれるため、買取価格が高くなりやすいのです。中古車買取業者が海外販路を持っているかどうかはサイトに記載されていることがほとんどなので、事前に確認しておくとよいでしょう。

ポイント

カーネクストは海外販路を持つ業者への販売ルートを多数保有しているため、クラウンがより高く売れる販路をすぐに探すことが可能となります。WEBで簡単に無料査定を行うこともできるので、まずはお気軽に査定をしてみてはいかがでしょうか。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

モデルチェンジの時期に注目

車の買取価格に大きな影響を与えるのがモデルチェンジです。モデルチェンジによって新型モデルが販売されると、旧モデルの中古車流通台数が増加することで中古車市場が飽和状態になるため、買取価格は一気に下落する傾向にあります。クラウンの場合、このモデルチェンジには特に注目しておく必要があります。
1955年から長年に渡って高級セダンの頂点に君臨し続けていたクラウンでしたが、昨今の国内におけるセダンの販売低迷を受け、2022年のモデルチェンジでセダンではなくSUVに似た形の新型モデルが登場するのではといった情報が流れました。しかし、クラウンのSUVは別物で、次のモデルチェンジで登場する新型モデルも変わらずセダンなのではという情報もあり、真相は定かではありません。もし万が一、セダンが廃止され、クラウンがSUV化した場合、クラウンのセダンは中古車でしか購入できなくなるため希少価値が上がり、買取価格は上昇すること予想されます。しかし、新型モデルがセダンの場合、新型モデルが発売されると旧型モデルの買取価格は下落することが予想されるため、新型モデルの販売が決まった時点で売却することをおすすめします。

車はきれいにしてから査定に出す

これはクラウンに限った話ではないですが車の清潔度は車買取価格に直結するため、車をきれいにしてから査定に出すことが重要です。

  • 洗車
  • ワックスがけ
  • 掃除機がけ
  • シートの清掃
  • 車内の臭い消し

中古車買取業者は、買い取った車をきれいにしてから中古車として販売します。そのため、上記のようなすぐにできる清掃で車をきれいにしておくことで中古車買取業者の手間を減らし、マイナス評価になるのを防ぐことができます。
しかし、車の傷やへこみなどは修理してから査定に出す必要はありません。修理費用の方が高くなってしまったり、修理に出している間に相場が下がってしまう恐れがあるためです。また、修理費用を抑えようと自分で修理するのも危険です。中古車買取業者が手直しが必要であると判断した場合、一から修理するよりも手間がかかることが多く、マイナス評価になってしまう可能性が高いためです。傷やへこみなどがある場合は、修理せずにそのまま査定に出すようにしましょう。

まとめ

高級セダンの頂点として君臨し続けているクラウンは、売却する中古車買取業者をきちんと選ぶことが重要です。海外販路を持つ中古車買取業者を選び、高価買取を目指しましょう。また、2022年に予想されているモデルチェンジの詳細情報を掴んだら、その情報をもとに売却する時期を決めるようにしましょう。
カーネクストでは、海外販路を持つ業者への販路を多数持っているため、クラウンを高値で買い取ることが可能です。また、カーネクストは、お電話一本で査定から契約までの全てが完結します。買取に必要な書類の手続きも全て無料で代行させていただくため、忙しい方でもお気軽にご利用していただけます。まずは一度、カーネクストまでご相談ください。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-買取・売却
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト