車関連コラム

車のローン

売却

ローンが残っている車を売却するには?売却の手順と愛車を高く売る方法

更新日:

ローンが残っている状態では車を売却することはできないと考えている方も多いかと思いますが、実はローンが残っている車でも売却することが可能です。ローンを完済してから売却するのが一番理想的ではありますが、必ずしもローンの残りを一括で返済できるわけではないですよね。
ここでは、ローンが残っている車を売却する手順や、愛車を少しでも高く買い取ってもらうためのコツをご紹介します。ローンが残っている車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ローンが残っている車を売却するためには

オススメの車買取方法車の売却には様々な手続きが必要となりますが、ローンが残っている車となれば、さらに確認しなければならないことが増えます。車が高く売れるかどうか以前に、まずは正しい手続きの方法を知っておかなければ、車を売却することはできません。車の売却をスムーズに進めるためにも、手順をしっかり確認しておきましょう。

ローンが残っている車を売却する手順

ローンが残っている車を売却するためには、様々な手続きが必要となります。まずは売却の手順を確認しておきましょう。

売却の手順

  1. 所有権者を確認する
  2. ローン残債額を確認する
  3. 車の販売価格を調べる
  4. 現所有者に所有権解除を依頼する

1.所有権者を確認する

所有権者とは、車を購入し、車の権利を所有している個人や会社のことを指します。ローンで車を購入した場合、車の所有権者は銀行やローン会社になっていることがほとんどであるため、車検証で所有権者を確認してみましょう。車の所有権者が自分でない場合、所有権者の許可なく車を売却することはできないため、所有権者に所有権の解除を依頼する必要があります。
自分が所有権者でない車を無断で売却した場合、横領罪などの罪に問われ、1年以下の懲役または10万円以下の罰金、もしくは科料となる可能性があります。ローンが残っている車を売却する場合は、必ず所有権者に連絡し、許可を取るようにしましょう。

2.ローンの残債額を確認する

ローンの残りを一括で返済するにしても、車を売却して得たお金でローンの返済分を補填するにしても、ローンの残債額を知らないことには話が進みません。ローンの残債額を正確に知るためには所有権者に連絡を取り、確認する必要があります。ローンの残債額によって返済する方法も変わってくるかと思うので、まずは正確なローンの残債額を確認するようにしましょう。

3.愛車の買取価格調査

ローンの残債額を調べたら、中古車販売サイトなどを参考にして、愛車と同じ車種で年式や走行距離などの条件が近い車を探し、その販売価格を参考にするようにしましょう。車買取価格は、中古車販売価格の70~80%であることがほとんどなので、あまり高く見積もりすぎないように注意しましょう。また、車種別の買取相場を掲載しているサイトもあるので、そういったものを参考にしてみてもいいかと思います。
ローンの残債と買取金を相殺する場合、愛車がどれくらいの買取価格になるのかを知っておけば、車買取業者との交渉をスムーズに進めることができます。ローンの返済方法を決めるためにも、愛車の買取相場は把握しておくようにしましょう。

4.現所有者に所有権解除を依頼

ローンが残っている車を売却する場合、所有権者に自分から連絡し、所有権を解除してもらう必要があります。この時、所有権者にローンの返済方法を示す必要があるため、車買取業者から提示された見積書などを準備しておくようにしましょう。所有権解除を行うと車の所有権者が自分になるため、自分の意思で車の売却を行うことができるようになります。
所有権が解除されると、後は通常の車と同じ流れで売却の手続きを行うことができます。

【車を売却するときの流れ】売却方法次第で高価買取が期待できる

Contents1 車を売却するときの手順を知ろう2 車を売却するときの手続き方法2.1 車の売却方法を選ぶ2.2 査定後に契約を結ぶ2.3 車両を引き渡す2.4 入金の確認を行う3 車の売却時に必要 ...

続きを見る

ローンが残っている車の所有権を解除する方法

本をめくる男性

所有権者が自分ではなく銀行やローン会社になっている場合、所有権解除を行わなければ車の売却はできないとお話ししました。ローンが残っている場合、ローンの残債を一括で返済できるかどうかによって、所有権を解除する方法は異なります。では、ローンが残っている車の所有権を解除する方法について詳しく見ていきましょう。

ローンの残債を一括で返済できる場合

ローンで購入した車の所有権者が銀行やローン会社になっている理由は、ローンの返済が終わっていないからです。つまり、ローンの残債を一括で返済することさえできれば、名義変更の手続きを行い、車を売却することができます。ローンの残債を一括で返済できる資金が手元にある場合は、面倒な手続きを行う必要もなくなるため、ローンの返済を最優先に行うようにしましょう。

車を売却したお金でローンの残債を返済する場合

ローンの残債を一括で返済できるだけの資金がすぐに準備できない場合は、今乗っている愛車を売却して得たお金でローンを返済するという方法もあります。愛車を売却したお金でローンが完済できる場合は、現所有権者に見積書などを提示し、完済できるという証明をすることで、所有権解除書類を出してもらうことができます。
しかし、愛車の買取価格がローンの残債よりも低い場合、当然残りの金額を支払う必要があります。残りの金額をすぐに支払うことができない場合は、新たにローンを組んで車のローンの残債を先に支払うか、分割返済をするなどの方法がありますが、いずれにしても所有権者や車買取業者に相談する必要があります。
ローンの残債額と車の買取価格を確認した上で、現時点の車の所有権者と車買取業者にローンの返済計画を相談するようにしましょう。両者から了承を得ることができれば、名義変更の手続きを行い、車を売却することができるようになります。

所有権解除を依頼する流れ

車の所有権者である銀行やローン会社に、所有権解除を依頼するにはどうすればいいのでしょうか。所有権解除を依頼する基本的な流れを見ていきましょう。

所有権解除の流れ

  1. 所有権者に連絡して「所有権解除をお願いします」と伝える
  2. 車検証などを見ながら車両情報やクレジット情報を伝える
  3. 所有権解除に必要な書類の案内を聞く
  4. 書類を揃えて郵送する
  5. 所有権解除書類が送られてくる

ローンを一括で返済できない場合はその旨を所有権者に伝え、車買取の見積書などをもとに返済計画を説明するようにしましょう。ここで所有権者からの了承を得ることができなければ、所有権を解除することはできません。
送られてきた所有権解除書類を車買取業者に提出すれば、あとは通常の車の売却と同じ流れとなります。

所有権解除に必要な書類

所有権を解除するために必要な書類は、主に下記のとおりです。

所有権解除に必要な書類

  • 車検証
  • 印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)
  • 委任状
  • 完済証明 /  契約終了のご案内
  • 所有権解除書類交付依頼書
  • 自動車税納税証明書
  • 返信用封筒と切手

これらの書類はあくまでも例であり、銀行やローン会社などによって異なることもあるため、必ず所有権者に確認するようにしましょう。

状態がよくなくても高価買取⁈ トヨタ ハリアー 年式15年 走行距離130,000km 買取金額170,000円 無料査定のお申込みはこちら

愛車を高値で売却するコツ

お金と電卓と車

愛車を売却したお金でローンの返済を考えている場合は、できるだけ愛車を高値で売却し、ローンの返済に充てたいですよね。ローンが残っている車であっても、きちんと売却のコツを押さえておけば、高価買取を目指すことができます。ここからは、車を高値で売却するためのコツについて見ていきましょう。

下取りよりも買取がおすすめ

車の売却には、ディーラーに下取りに出す方法と、車買取業者に車を買い取ってもらう方法があります。ディーラーへの下取りは新しい車の購入が前提となるため、ローンを完済することが可能であれば、新しい車の購入資金に充てることができます。しかし、一般的にディーラーの下取り価格よりも、車買取業者の買取価格の方が高くなることが多いです。新車の販売が主な業務であるディーラに比べ、車買取業者は様々な観点から車を評価することがき、販路も豊富に持っているためです。
車を高値で売却したい方は、車買取業者に買い取ってもらうことをおすすめします。また、新しい車を購入する予定が特にないという場合は、車買取業者に買い取ってもらうことで、買取金を自由に使うことができます。

修理はせずにそのまま査定に出す

車に傷やへこみがある場合、修理してから車を買い取ってもらった方がいいいのか悩みますよね。しかし、小さな傷やへこみであれば、そこまでのマイナス評価になることはありません。修理に出した場合、修理費用が減額分を上回ることがほとんどであるため、損をしてしまう可能性の方が高いのです。自分で修理をすれば修理費用自体はそこまでかかりませんが、かえって傷やへこみが目立ってしまうこともあり、その場合は車買取業者が手直しをする必要があるため、その分の手間や費用の分、マイナス評価につながりやすくなります。
また、エンジンなどの重要な部品が故障している場合も、修理費用がかなり高額になります。この場合は大幅な減額となってしまいますが、修理費用の方が高くなると大きく損をすることになってしまうので、傷やへこみ、故障などがある場合も、修理せずにそのまま査定に出すようにしましょう。

車はきれいな状態にしておく

傷やへこみなどを修理する必要はないですが、車をきれいな状態にしておくことは、車買取価格を上げるための重要なポイントです。車が綺麗な状態であれば、車を丁寧に扱っていたという印象を査定士に与えることができるため、プラス評価につながりやすくなります。洗車はもちろんのこと、車内に軽く掃除機をかけたり、消臭剤でニオイを消しておくなど、できる限りの清掃は行うようにしましょう。

ローンが残っていても車は売却できる!

原則、ローンが残っている状態では車を売却することはできませんが、所有権を解除することができれば、売却することは可能です。ローンが残っている場合は、ローンの残債を完済できるかどうかを確認し、所有権者と車買取業者に相談するようにしましょう。ローンの残債を一括で返済することが難しい場合は、車買取価格によって返済方法なども異なってくるため、事前に確認しておきましょう。
愛車を売却したお金がローンの返済に少しでも充てられるように、ご紹介したポイントを踏まえ、愛車をできるだけ高く買い取ってもらうようにしましょう!

日本全国の中古車買取相場情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-売却

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2021 All Rights Reserved.