中古車売却 中古車買取 コラム

手続き

「自動車の抹消」には二種類ある。区別して最適な抹消登録をしよう

更新日:

自動車はいつか廃車する運命にありますが、自分で廃車した経験がある人は少ないのではないでしょうか。自動車の廃車には、抹消登録という手続きが必要ですが、抹消登録の方法は一つではありません。自動車の抹消登録とはどのような手続きなのかを詳しくみていきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

自動車抹消登録の基礎情報

予備知識なしで自動車の抹消登録の手続きをしたら、二度手間になることが多いでしょう。抹消登録の手続きをするには、事前準備が必要です。自動車の抹消登録の種類と、手続き方法、それにかかる費用や、抹消登録を行う理由も説明します。

不要になった車を廃車する|基礎知識を身に付けておこう

車を廃車する際には、知っておくべきことがたくさんあります。どのような方法で廃車するのか、どのタイミングで廃車するのが適切か、また廃車によって得られるメリットは何かなど、基本的な知識を身に付けておくこと ...

続きを見る

抹消登録の種類

抹消登録という言葉から、永遠に抹消されることをイメージする人がいるかもしれません。抹消登録には永久抹消登録と、一時抹消登録という二つの方法に分かれます。永久抹消登録の手続きが完了すれば、二度と同じ車には乗ることができません。 しかし、一時抹消登録は、抹消登録した車を再度乗ることが可能です。二つの抹消登録の種類を理解しないと、取り返しのつかないことになるので注意が必要です。

抹消登録を行う理由

抹消登録をする理由は人それぞれですが、一時抹消登録をしたくても、破損や盗難の場合は、永久抹消登録を選択しなければなりません。一時抹消登録は、再度同じ車に乗ることが前提になっている制度です。 したがって、破損や盗難の場合は、一時抹消登録の手続きができないようになっています。一時抹消登録の手続きをする人は、長期間の入院や海外出張で車に乗れない人が多いです。 永久抹消登録の手続きをする人は、二度と同じ車に乗ることができないので、完全に廃車する意志がある人しか選択すべきではありません。

抹消登録の手続き方法

一時抹消登録も永久抹消登録の手続きも、一人で行う場合は陸運局でします。その際には、必要書類と前面・後面のナンバープレートも一緒に提出します。必要な書類の中には陸運局で入手できるものもありますが、各々だけが持っている書類もあるので、しっかり確認しましょう。

抹消登録に必要な費用

一時抹消登録の手続きには登録手数料として350円が必要ですが、永久抹消登録の場合は不要です。しかしあくまでも、一人で手続きをする場合でのケースです。業者や行政書士に依頼する場合は、代行手数料が必要になってきます。 代行手数料は定額ではなくて、業者や行政書士によって異なります。あまりにも高いと感じた場合は、他の業者や行政書士に見積もりを取ってもらいましょう。

抹消登録に必要な書類

永久抹消登録で必要な書類は、所有者の印鑑証明書・車検証・移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ・手数料納付書・永久抹消登録申請書・ナンバープレートが必要です。地域によっては、自動車税・自動車取得税申告書も必要になってきます。 一時抹消登録で必要な書類は、普通車の場合であれば、申請書・手数料納付書・車検証・ナンバープレート・印鑑証明書です。永久抹消登録と一時抹消登録で必要な書類は異なりますが、どちらも業者に依頼した場合は委任状が必要になってきます。

自動車の抹消登録を行うメリット

車は乗らなくても維持費がかかりますが、抹消登録を行うことで、余分なお金を払わなくて済みます。逆に、抹消登録の手続きをしなければ、永久に余分なお金を払うことになるので注意が必要です。

余計な税金を払わなくて済む

車に乗れば維持費がかかります。駐車場代もそうですが、自動車税や自賠責保険料も必要です。任意保険に加入している人は、任意保険料も必要です。しかし抹消登録の手続きをすれば、余計な税金を払う必要がなくなります。

払った税金が還付される

任意保険や自賠責保険は、抹消登録の手続きが完了して証明書が発行されたら、払いすぎた保険料を払い戻してもらうことが可能です。しかし自動車税の場合は、抹消登録したタイミングによっては払い戻しがないケースが2つあります。自動車税は年度始めの4月から年度末の3月までの月割金額を5月に一括納入をするもので、4月に抹消登録をした場合はまだ請求が行われていないため4月分の金額だけが請求されるので払い戻しはありません。 また、3月に抹消登録をした場合も年度満了をしているため払い戻しはされません。軽自動車の場合は、税区分が軽自動車税になりますので、年度途中に抹消登録を行っても還付制度はありませんので注意が必要です。自動車税を払った月日を正確に把握しておくことが大切です。年度の途中で抹消登録を行った場合は、月割り計算で還付されます。

自動車の抹消登録を行うデメリット

自動車の抹消登録をすることによって自動車税が戻ってきたり、余計な保険料を払わなくて済んだりするメリットもありますが、慎重に行わないと後悔することもあります。自動車の抹消登録は、一時的な感情で決めないようにしましょう。

取り消すことができない

一時抹消登録であれば再登録手続きが可能な制度になっていますが、永久抹消登録の場合は、基本的には再登録手続きの制度がありません。そのため、二度と同じ車に乗ることができなくなります。人は古い車であっても、長年乗ってきた車には愛着があるものです。 永久抹消登録の場合は車をスクラップしてしまうので、乗っていた車は跡形もない状態となります。永久抹消登録の手続きをする場合は、冷静な気持ちのときに判断しましょう。一時的な感情で決断をすれば、必ず後悔します。

重量税が戻ってこない

重量税は、自動車の新規登録と車検の際に支払う税金です。永久抹消登録の場合は車検が1カ月以上残っていると、還付を受けることができます。しかし一時抹消登録の場合は、還付の手続きを取ることができません。 一時抹消登録をするときは、重量税を払った時期を考慮して手続きをした方が、得をすることがあります。車検証で、重量税を払った時期を確認しておきましょう。

使わない車は早めに抹消手続きを行おう

安易に抹消登録の決断をすると後悔することがありますが、経済的なメリットを考えると、早めに抹消登録の手続きをしましょう。新車で買った車も年数が経過すると、部品が劣化してきます。安い部品であれば交換しても良いですが、部品によっては高価なものもあります。 劣化した車の修理費は、想像以上に高くなることが多いです。あまりにも頻繁に部品が傷んできた場合は、早めに永久抹消登録の手続きをした方が、無駄なお金を使わなくて良さそうです。 長期の入院や海外出張に行く場合も、早めに一時抹消登録をした方が良いでしょう。後回しにしていると余計な税金がかかってしまい、損をしてしまいます。後悔しないように、手続きは計画的に進めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-手続き
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト