中古車売却 中古車買取 コラム

故障・修理

車傷の修理にかかる値段はいくらか。パーツ別の相場と安く抑えるコツ

更新日:

車傷を修理する場合は自分で修理をする、業者に修理を依頼する、という二つのパターンが考えられます。傷の程度によっては自分で修復もできますが、大きな傷や故障は業者に依頼しなければなりません。修理を依頼すれば当然お金がかかりますが、修理料金はどれくらいの値段になるのかを知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車傷のパーツ別の修理金額

車傷の修理にかかる値段は傷の程度によっても異なりますが、どの部分を修理するかによっても違ってきます。車のパーツはさまざまあり、パーツごとの値段も違っています。修理の場合はパーツそのものを取り換えることもありますし、パーツごとの修理代金を知っておくことが大切です。どの部分の修理で一体いくらかかるのか、相場を知っておきましょう。

前後のドアの擦り傷

前後のドアの擦り傷の場合、フロントドアは2万円~4万円、リアドアは2万円~3万6000円程度かかります。もちろん、これは傷の範囲や程度によっても違ってきますが、フロント、リアどちらの場合でも少なくとも2万円以上かかることは覚悟しておきましょう。 ドアのサイドミラーを破損してしまった場合は、ミラーのみの交換で約3千円、サイドミラー本体の交換には3万~5万円かかります。パーツの交換となると、修理にかかる値段は大きくなります。

ボンネットの擦り傷

ボンネットの擦り傷は、修理にかかる値段は3万~5万円程度が相場とされています。傷の深さによって値段は変動し、傷が深ければ深いほど値段は高くなります。ボンネットは意外にも傷がつきやすい部分ですし、目にみえない細かい傷がたくさんついていることも少なくありません。 また、ボンネットの傷を放置していると、傷が腐食して錆びてしまう可能性も高いです。錆を落とすとなればさらに費用はかさみますので、早めに修理することが大切です。

フレームのへこみ

フレームのへこみの修理にかかる値段は、2万5000円~3万5000円程度です。へこみは自身で直すのが難しいですし、業者に依頼することも多いので相場は必ず覚えておきましょう。またこれはあくまで修理にかかる値段であり、交換の場合はもっと高額になるので注意が必要です。 フレームの交換となれば、大仕事になりますし、場合によっては安く中古車を買い替えた方がお得になるケースもあります。

エアロの破損

エアロが破損した場合は、フロントとサイド、リアなどの場所によって費用が変わりますが、おおよそ5,000円~1万円です。どの部分だから特別高い、あるいは安いということもありませんので、全体的にはこれくらいの値段であると覚えておきましょう。 エアロはフロントがもっとも破損しやすいので、注意が必要です。修理の値段としてはそれほど高くはないものの、しっかりメンテナンスをしていなければすぐに破損し、何度も修理が必要になってしまうこともあります。

車傷の修理にかかる値段を抑えるコツ

車の修理にはどうしてもお金がかかってしまいますし、これは仕方のないことです。車傷があるままでは見栄えが悪いですし、放置してしまうと傷が広がったり、場合によっては最初の傷が原因で故障を招いてしまうこともあります。 車傷は状態の悪化を防ぐためにも素早く修理をしなければなりませんが、何度も修理に出しているとお金がかかり過ぎて困ってしまいます。修理にお金がかかるのは仕方がないことですが、これは安く抑えることもできます。車傷の修理にかかる値段を抑えるコツを知って、お得に修理していきましょう。

費用が安い修理業者を探す

修理業者と一口にいってもさまざまな業者がいますので、できるだけ安く請け負ってくれる業者を探すことが大切です。同じ作業でも業者によって値段は違いますし、複数検討して修理費が一番安い業者を利用しましょう。 車の修理をする際には、まずは修理費の見積もりを出してもらいます。このときに、複数の業者に依頼するのがポイントです。複数の見積もりを受け、一番安い見積もりを出してくれた業者に修理をお願いすれば、修理にかかる値段を抑えられます。

修理用の部品に中古品を使ってもらう

車傷の修理にかかる値段を抑える方法としては、修理用の部品に中古品を使ってもらうのもおすすめです。修理に必要な部品に中古の安いものを使うことで、修理にかかるパーツ代を抑えることができます。中古品のパーツといっても性能自体は優れていることも多く、機能としては基本的には問題ありません。 中古のパーツで修理をしたからといって、すぐに壊れるわけではありませんので、パーツの交換となった場合は中古の部品を使ってもらうことも一つの方法です。

自分で傷を修復する

修理業者に依頼すれば、どうしても修理にかかる値段は高くなりますので、値段を抑えるためには自分で修理するのもポイントです。小さな傷の場合は、自分で修理用品を購入すれば、傷は修復可能です。修理用品の購入に初期投資はかかるものの、業者にお願いする場合と比べれば安価で済みます。 擦り傷程度であれば簡単に直せますし、慣れてくれば軽いへこみ程度なら自分で修理できるようになります。

車傷の程度に合わせて修理方法を選ぼう

車傷の修理といっても、傷の種類や程度によって修理方法は異なります。小さい傷なら自分で直せますし、大きな傷は無理せず業者に依頼した方がよいでしょう。値段を安く抑えるためにも、傷の程度に合わせて適切な方法で修理することが大切です。

車自体が古くなっている場合

ただし、車自体が劣化している状態では、該当部分以外でも修理やパーツ交換が必要な部分が出てくる事になりますので、ランニングコストが異常に膨らむ時期になります。

なので、修理をせずに車の買い替えを行った方が、長い目で見ればコスパが改善する可能性があるのです。もちろん、今の状態の車の査定額がいくらになるのか次第な部分となりますので、一度検討しておくべきでしょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-故障・修理
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト