中古車売却 中古車買取 コラム

車検

知っておきたい中古車の車検の基礎知識。新車との違いなど

車に乗るためには車検は必須であり、これは中古車でも新車でも変わりません。車の状態に関係なく、車検は絶対に必要なものですが、中古車と新車では車検のポイントが少し違っています。中古車を購入する際には、車検に関しても注意が必要ですので、どのような違いがあるのかを把握しておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

まずは車検の基本をおさらい

中古車と新車の車検の違いを知るためには、そもそも車検とはどんなものか、基本的な部分のおさらいをしておきましょう。中古車と新車それぞれで違いはありますが、基本部分はどちらも共通しています。車検についての基礎知識を身に付けることは、それぞれの違いを把握するためにも大切なことです。

車検で検査することは

車検とは「自動車検査登録制度」の通称であり、車が安全な状態、かつ環境へ悪影響を及ぼすことはないかを検査するものです。検査は国が定めた保安基準に基づいておこなわれ、これに適合するかを確認するのが車検と考えましょう。 検査で適合=公道を走ってもOKとなるため、不適合、あるいは車検切れの車は危険な状態とみなされ、公道を走ると法律違反となります。

車検の流れと有効期限

車検の流れは、24カ月点検や整備をおこない、検査へと進みます。検査に合格すれば、新しい車検証が発行され、これで更新手続きは終了です。車検は自分でおこなうユーザー車検や業者に依頼する方法もありますが、基本的な工程は共通しています。 有効期限は自家用車の場合、新車登録から3年、以降2年ごとと決められており、これは普通自動車、軽自動車ともに同じです。

車検費用の相場

車検費用は、固定費である法定費用に加えて、業者に依頼した場合の車検基本料や部品の交換代などが挙げられます。法定費用は車の種類によって異なりますし、その他の費用についても依頼先の業者や車の状態によって違ってきます。 一概にいくらという相場はありませんが、もっとも安く済む場合でも5万円程度は必要であることが多く、業者に依頼するなら総額で7~15万程度はかかると考えましょう。

新車と中古車の車検の違い

新車と中古車の車検の違いは、有効期限にあり、新車は購入時の初回検査では有効期限は3年と定められています。対して中古車の場合は、新車登録から1年未満のものを除き、すべて2年ごとに車検を通さなければなりません。 車検は初回検査3年、以降2年ごとと決められていますが、初回検査に該当するのは新車登録時の検査のみです。仮に中古車を購入した際に車検を受けたとしても、それは継続検査となるため次回有効期限は2年後に設定されます。 新車登録で車検を受け、すぐに売却された中古車を購入した場合は、車検の残存期間に応じては2年以上乗れることもありますが、これは稀なケースです。基本的には、中古車は2年ごとに車検の更新が必要と考えましょう。

車検ありの中古車と車検なしの中古車

車種多様

中古車を購入する際にチェックしたいのが、車検の有無です。車検の有無は車ごとに異なりますので、購入する車に目星を付ければ、必ずチェックしておかなければなりません。同じ中古車でも、車検ありと車検なしではさまざまな違いがありますので、特徴の違いを把握して、よりお得になるほうを選びましょう。

車検の有効期限が残っているか

車検ありとなしの違いは、車検の有効期限が残っているかどうかです。中古車は売却したからといって車検の有効期限がリセットされるわけではなく、誰の手にもわたっていない状態でも、満了日までは有効期限が残っています。 車検ありの中古車は、次回満了日まで有効期限が残っている車であり、車検なしは車検切れの車と考えましょう。車検ありの車でも、車ごとに車検残存期間の長さは違いますし、購入を検討している間にも、少しずつ有効期限は減っていきます。

乗り出し価格を抑えられる車検あり

車検ありの車は、納車されればすぐに使用を開始できるため、乗り出し価格を抑えられます。車検が切れていれば、当然更新の検査をしなければならず、それには別途費用が必要です。車ごとに車検の残存期間は違うので注意が必要ですが、有効期限が多く残っている車を購入すれば、車検の手間を省くこともできます。

車体価格が安い車検なし

車検なしの場合は購入後に車検を受けなければならず、手間や費用がかかりますが、その分車体費用が安く設定されているのが特徴です。同じモデルでも車検ありとなしでは価格は違っており、場合によってはかなり割引がされていることもあります。 車検費用と車体価格を合算して、車検ありの車よりもお得かは計算しなければなりませんが、上手に選べば、より安く車が手に入る可能性も高いです。

車検ありと車検整備付の中古車の違いは

中古車には車検ありとなしだけではなく、車検整備付という車もあります。単に車検なしと記載されているものもあれば、「車検なし、車検整備付」など付加条件が付いていることもあるので、細かくチェックしておかなければなりません。 中古車を上手に購入するには、車検ありと車検整備付の違いも把握しておくことが大切です。それぞれの違いを理解して、どちらがよりお得に購入できるかを考えましょう。

中古業者が車検に通す車検整備付

車検整備付とは、購入決定後に業者が車検に通してから納車されるというものです。そのため、売りに出されている段階では車検が切れていますが、実際に購入すれば車検が丸々ついた状態で納車されます。業者が車検を通してくれますので、余計な手間はかかりませんし、有効期限も丸々2年分残っていますので、車検ありの車よりも次回車検までの期間は長いのが特徴です。

2年車検付きと車検整備付は同じ

業者によっては、車検整備付だけではなく、2年車検付きという表記もありますが、これはどちらも同じ意味です。中古車の場合は、新車登録から1年未満のもの以外はすべて2年車検となりますし、購入後に車検を通すということは、初回検査の期間は満了したということです。 車検整備付も2年車検付きも同じ意味ですので、車検期間が長く残った状態で中古車を使用したいなら、これらの表記があるものを選びましょう。

車検ありと車検整備付どちらがお得

車検ありと車検整備付は、それぞれ購入後すぐに使用開始できますが、問題はどちらがお得かです。それぞれ車検期間は残っていますが、より安心感が高いのは車検整備機付の車です。車検整備付の場合は、購入後に業者が整備、点検をしてから車検に通しますので、中古車であってもいわば万全の状態で納車されると言えます。 対して車検ありの場合は、有効期限は残っていても、長期間放置されていることも多く、整備の状態が万全とは限りません。さらに車検整備付なら、購入後すぐに不具合が起きても、業者の責任を問うことができます。もちろん、価格としては車検整備付のほうが高い場合も多いですが、同じ値段で売られているなら、車検整備付のほうがお得と言えるでしょう。

損をしない中古車選びをしよう

中古車を購入する際には、価格や車の状態だけではなく、車検の有無などもチェックが必要です。中古車でも車検が残っているもの、切れているもの、購入後に更新して納車されるものなどさまざまです。それぞれの違いを把握して、どれがもっともお得かを比較検討して、自分に合った車を購入しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト