中古車売却 中古車買取 コラム

車検

古い車の車検代が高額になる理由。費用を抑える方法など

更新日:

車検には少なからず費用がかかりますが、古い車になるほど、高額になってしまうことが多いです。車検代を安く抑えるためには、なぜ古い車だと費用が高くなるのかを知っておくことが大切です。費用がかさむ理由を知り、よりお得に車検を受ける方法を考えましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

古い車の車検代が高くなってしまう理由

車検代は高額になってしまうことも多いですが、古い車だと特に費用は高くなりやすいです。費用が高くなってしまう理由はさまざまですので、まずはそれを知っておくことが大切です。

重量税の増税

車検時には法定費用が必要であり、これは自動車重量税、自賠責保険料、印紙代の3つで構成されています。このうち重量税は、年式によって追加で課税され、新車登録から13年経過すると、費用は高くなってしまいます。 また、18年経過となれば、さらに税額は引き上げられるので注意しなければなりません。車検費用は工夫次第で削減も可能ですが、法定費用については減らすことができず、絶対に必要な固定費です。古い車だと車検代にかかる固定費が高くなるため、新しい車よりは必ず費用は高くついてしまいます。

修理箇所が多くなる

車検はただ検査に出せばよいだけではなく、検査に合格して保安基準に適合していると認められなければなりません。保安基準を満たすためには、さまざまな整備、点検が必要です。古い車になるほど修理やメンテナンスの箇所が多くなるため、費用は高くなる傾向にあります。 消耗品などの交換も含めれば、作業工賃や部品代だけでもかなりの出費です。どれだけ丁寧に扱っていたとしても、経年劣化によってメンテナンスが必要な箇所は増えますので、車検代も高くなるものと考えておかなければなりません。

ユーザーの扱いが雑になりがち

新車で購入したばかりだと、できるだけ丁寧に扱おうという気持ちになりますが、古くなるにつれて扱いが雑になってしまう人も多いでしょう。雑な扱いをしていれば、当然車は傷みますし、劣化もさらに早くなってしまいます。劣化が進み、かつ整備箇所も増えてしまうと、車検にかかる費用は高くなるので注意が必要です。 古い車であれば、多少の不具合などは仕方ないと考え、修理せずに放っておく人も少なくありません。しかし、放置することでさらに悪化してしまい、修理で余計に費用がかかってしまうことも多いです。雑に扱っていると、その分費用は高くつきやすいので注意しなければなりません。

古い車の車検費用を抑える方法

古い車だとどうしても車検費用は高くなってしまいますが、これは工夫次第で安く抑えることができます。車検の方法はさまざまであり、方法によってかかる費用が大きく異なることは理解しておきましょう。古い車だからといって、車検代を諦める必要はありません。上手に工夫して、少しでもお得に車検を受けましょう。

数社に見積もりをとる

車検を通す場合は、業者に代行依頼をすることが多いですが、車検を依頼できる業者はたくさんあります。それぞれでかかる費用は異なるため、複数社で見積もりを出してもらい、それぞれ比較してから依頼先を決めることが大切です。 業者ごとに費用が異なるのは、サービス内容の違いも関係しているため、料金を比較しながら納得できる業者を選びましょう。あまりに安すぎる場合は、アフターサービスや整備の質が悪い可能性もあるので注意が必要です。じっくり比較し、お得かつ安心して任せられる業者を選ぶことが大切です。

自分で交換できる部品は事前にやっておく

車検時には整備や部品交換などで費用がかかることが多いため、できるものは事前に自分でやっておくのがおすすめです。バッテリーやタイヤの交換などであれば、自分で簡単にできることも多く、事前に済ませておけばその分の作業工賃を抑えられます。 部品交換では部品代と作業工賃がかかりますが、工賃が特に高くつくことが多いです。また、業者に依頼した場合は、高価な部品を使って余計に費用がかさむ場合もありますし、少しでも安く済ませたいなら、中古で安い部品を使って交換するのがおすすめです。

ユーザー車検を受ける

車検は業者に依頼するだけではなく、自分で検査場に持ち込み、検査を行うこともできます。自分で行う場合は「ユーザー車検」と言いますが、ユーザー車検は業者への手数料が必要ない分、より安く車検が受けられます。 もちろん、事前に整備などは必要ですし、古い車の場合は特に念入りにメンテナンスをしなければならないので、車の知識などが必要になることは多いです。また、すべての工程を自分でおこなうため、手間もかかりますが、時間をかけた分、費用が抑えられるのは確かです。

車検に通りらない場合は買い替えを検討する

古い車でもしっかり整備をしていれば車検に通すことは可能です。しかし、あまりにも古く、損傷が激しい場合などは、どれだけ整備をしても車検に通りらないこともあります。車検に通すのが難しい場合は、無理に整備をするのではなく、買い替えの検討がおすすめです。 仮に念入りに整備をして車検に通ったとしても、次回の車検に通るとは限りませんし、力を入れて整備をするとなれば、その分費用もかかります。古い車だとどうしてもメンテナンスに費用がかかってしまうため、思い切って買い替えたほうがお得になることも多いです。 車検に通らないとなれば、車の寿命とも言えますので、ひとつの区切りと考えて買い替えを検討してみましょう。

古い車を買い替えるタイミングを見極めよう

古い車だとさまざまな理由から車検にかかる費用は増えるため、頃合いを見計らって買い替えを検討するのがおすすめです。買い替えには費用がかかりますが、長い目で見れば安く済むことがほとんどです。維持費が高くなり始めたと感じれば、早めに買い替えも視野に入れておきましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト