中古車売却 中古車買取 コラム

事故

事故でぺちゃんこになりやすい車の特徴とリスクを減らす方法

更新日:

車の事故は状況によってその程度が異なり、ひどい場合だと車がぺちゃんこになることもあります。車がぺちゃんこになるほどの事故となれば、大きな事故をイメージしますが、実はそうとは限りません。車の状態によっては、軽度な事故でもぺちゃんこになる可能性はありますので、常に安全運転を心がけることが大切です。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

事故でぺちゃんこになりやすい車の特徴

激しい事故が起きれば、車がぺちゃんこになるほど大きく損傷することも多いですが、車によっては軽い事故でも大破することはあります。車種によって耐久度は違い、事故で壊れやすい車もあるので注意が必要です。また、事故に遭いやすい車もあり、特徴によっては重度な事故に発展しやすいこともあります。 どんな特徴を持った車がぺちゃんこになる事故を起こしやすいかを知り、使用するリスクの高さを把握しておいてください。

小さくて軽い軽自動車

小さくて軽い車は、耐久度が低く、重い車にぶつかると弾き飛ばされるため、ぺちゃんこになりやすいです。特に軽自動車や普通車でもコンパクトカーはぺちゃんこになりやすいので注意が必要です。軽い車はぶつかったときに弾き飛ばされて、他の車や壁に激突して二次的な被害を受けることも多いため、大破するリスクは高いです。小回りが利く運転しやすい車ほど、事故によるリスクが高いことは理解しておかなければなりません。

車のボディカラーが寒色系

車種に関係なく、ボディカラーが寒色系の車も、事故を起こしやすいので注意が必要です。青やネイビーは、距離感が狂いやすく、実際より遠くにいるように見えてしまうため、事故に遭う確率が高いです。耐久度が高ければ、事故に遭ったからといって、必ずしもぺちゃんこになるとは限りませんが、事故発生の確率が高いため、他の車よりもぺちゃんこになるリスクは高いです。 また、耐久度が低い軽自動車で事故を起こしやすい寒色系の場合、さらにぺちゃんこになるリスクは上がるので注意が必要です。

スピードの出やすいスポーツカー

スポーツカーは性能が高い分、使いこなすには高い運転技術が必要です。ふなれな人が運転すると事故に遭うリスクは高く、加えて簡単にスピードが出しやすいため、大きく損傷する可能性も高いです。さらに、スポーツカーはより速いスピードを実現するために、ボディを軽くしているものも多く、少しの事故でも激しく損傷する場合があります。ハイスピードで事故を起こす可能性が高く、耐久性も弱いため、ぺちゃんこになる可能性は高いです。

車がぺちゃんこになる事故の状況

車がぺちゃんこになる事故の状況は、ある程度決まっています。どんな状況だと車が大破しやすいのかを知り、事故を避けるべく安全運転を心がけることが大切です。事故のリスクが高い状況を把握しているだけでも、事故の発生率は異なります。ぺちゃんこになるリスクが高い状況を知って、注意すべきシーンを理解しておくことが大切です。

後続の運転者の運転ミス

ぺちゃこになる事故では、後続の運転者の運転ミスが多いです。前方不注意でスピードを出したまま突っ込み、前方の車に大きな被害をもたらしてしまいます。追突の事故の場合、被害が大きくなりやすいのは前方の車ですので、後方の車の車間距離が近いと感じれば、譲って自分が後ろに回ることが大切です。 道を譲れない場合は、前方との距離を少し詰めて、後続車と距離を取り、前後で適切な車間距離を心がけて運転してください。また、自身も前の車に突っ込まないよう、注意して運転しなければなりません。

無理な運転

無理な運転も、車がぺちゃんこになる重度の事故を起こすことが多いので注意が必要です。無理な追い越しやスピードの出し過ぎは、衝突や横転の事故を起こしやすいです。無理に追い越そうとすれば、前の車が驚いてハンドル操作を誤ったり、死角にバイクが隠れたりしていて、それを避けて事故を起こすこともあります。 また、スピードを出し過ぎていると、少しの気のゆるみやハンドル操作ミスで大事故に発展するため、法定速度を守って安全に運転することが大切です。

事故で車がぺちゃんこになるのを防ぐ方法

車がぺちゃんこになれば、修理費が高くつくだけではなく、自身の負傷のリスクも高まります。場合によっては命に関わることもありますので、少しでもリスクを下げるために、対処法を知っておくことが大切です。車がぺちゃんこになるのを防ぐ方法はありますので、それを把握して、事故のリスクを下げてください。

安全システムの搭載された車を選ぶ

最近では安全システムが搭載された車も多く、これを選ぶだけでも事故のリスクは大幅に減少します。車ごとに機能は異なりますが、衝突防止機能や車両逸脱警報が搭載された車なら、衝突事故の確率を減らせます。安全システムの搭載は標準装備になりつつあり、車によってはさらに高い安全性能を誇るものもあるので、それを選ぶのもおすすめです。

迅速な安全措置をとる

車は一度の衝突でぺちゃんこになるとは限らず、別の車がぶつかることで、被害が広がり、ぺちゃんこになるケースも多いです。そのため、事故が発生すれば、三角板や発煙筒の設置を迅速におこない、安全性を確保してください。 後続の車に事故が起きていることを知らせれば、二次被害の拡大を防ぎ、ぺちゃんこになるリスクも減らせます。

天候が悪い時には外出しない

事故のリスクは悪天候によっても上がりますので、台風や大雪で視界や道路の状況が悪い時は、外出しないことも大切です。どうしても外出しなければならない場合は、事前にメンテナンスを念入りにおこない、十分注意して運転してください。強風の日は風で煽られて車が横転するリスクもあるため、可能な限り外出は控えたほうが無難です。

安全運転を心がけて事故を未然に防ぐ

事故が起きれば車が大破することもあり、場合によってはぺちゃんこになることもあります。車が大きく損傷すれば、それだけ被害も大きくなって危険ですので、安全運転を心がけて事故を未然に防ぎ、リスクにも上手に対処して車に乗ってください。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト