中古車売却 中古車買取 コラム

Toyota Motors

車検

トヨタ車検のメリットと特徴を徹底紹介|費用や支払い方法まで

継続して車に乗るには車検を受け、継続更新をしなければなりません。車検は手間がかかり、面倒に感じる人も多いでしょうが、トヨタなら手間をかけず、かつ安心して車検を任せられます。新車購入なら3年、以降2年ごとと、車検は定期的に必要なため、楽な受け方を知り、手間を省いて車検を更新しましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

トヨタの車検の特徴とメリット

車検をスムーズに済ませたいなら、トヨタの車検がおすすめです。トヨタの車検は、他の業者にはない特徴やメリットがあります。トヨタ特有の魅力を知り、どれくらい車検が楽に受けられるのかを知りましょう。

運輸支局に代わり車検ができる指定工場

トヨタは国から車検を行うことを許可された指定工場を持っており、自社工場で検査を行えます。通常車検は運輸支局で行い、自身で行う場合も、業者で行う場合でも運輸支局の検査ラインに乗せ、検査するのが普通です。 トヨタの場合は自社で車検が簡潔するため、スピーディーに終わらせることができ、かつ国から認可された工場のため、安全性や信頼度も高いです。

車検にかかる時間は最短45分

車検にかかる時間が短いことも、トヨタならではの魅力で、最短だと45分で更新が完了します。これは「自社で工場を持っていること」「複数のスタッフで同時に作業を行うこと」で実現されます。検査ラインのある自社工場を持たない業者の場合、車検を通すには業者が運輸支局まで車を持ち込み、検査を受けなければなりません。 そのため、早くても半日程度の時間は必要です。また、車検を通すには車の整備も必要であり、両方を含めると1週間程度かかることも少なくありません。トヨタでは複数人で一気に作業を進めるため、素早く整備や部品の交換が可能で、運輸支局に車を持ち込む手間も省けます。 車の状態にもよりますが、短時間で車検を受けることも可能であり、検査内容も通常と同じため、品質の心配もありません。

予約後は必要書類を用意するだけ

トヨタの車検は予約から車検を受けるまでもスピーディーです。電話で車検日時を予約し、来店後すぐに手続きを進められます。予約後は必要書類を用意するだけで準備は終わり、必要なのは以下の書類です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • メンテナンスノート
  • 印鑑
  • 車検費用

車検を受けるまでの準備にも手間がかからないため、予約状況によってはすぐに車検を受け、更新できる場合もあります。

信頼できる技術と実績がある

トヨタは日本だけではなく、世界的にも認められているメーカーであり、確かな技術と実績があります。高い技術を有したスタッフが、徹底して車のメンテナンスに当たるため、車検後も安心して車に乗れます。また、最新の機器も揃っており、スピーディーながらも確実な整備が可能なのも大きな魅力です。 車検はただ更新するだけではなく、車の安全性を確認し、高めることが大切です。初回検査以降なら、少なくとも2年は継続して乗るため、故障の心配なく安心して乗るためにも、信頼できるスタッフにメンテナンスしてもらうのは大切でしょう。

ハイブリット車に特化した車検

トヨタではハイブリット車に特化した車検も行っており、これもトヨタならではの魅力です。トヨタは世界初の量産ハイブリッドを販売したメーカーのため、ハイブリット車のメンテナンスにも力を入れています。パソコンから車両に搭載されたコンピューターに信号を送り、内部の機器まで詳しくチェックできるハイブリット車専用診断で、より細部まで状態を確認できます。 徹底したメンテナンスによって、品質を向上させ、さらに長く使えるため、ハイブリット車のコスパ向上にも役立つでしょう。

車検時に延長保証に加入できる

トヨタでは単に車検を更新できるだけではなく、延長保証への加入も可能です。「保証がつくしプラン」なら、新車時から7年目までの車が対象であり、メーカー保証終了後も保証が受けられます。エアコンやカーナビ、パワーウィンドウなどが対象であり、車検後のアフターサービスも充実しています。 車検時に車を万全の状態に仕上げてもらえるのはもちろん、車検後のケアも手厚いため、トヨタに車検を依頼するメリットは大きいでしょう。

メンテナンスパックが用意されている

車検後のアフターサービスは延長保証だけに限らず、「メンテナンスパック」も用意されています。メンテナンスパックは、次の車検までの間に、定期的に点検やオイル交換をしてくれるサービスであり、日常的な整備をプロにお願いできるのが魅力です。 車種によってパック料金は異なりますが、整備の手間を省き、かつ綺麗な状態を長持ちさせられるため、次回車検にかかる費用も削減しやすいでしょう。パック料金はかかるものの、長い目で見ると、お得になることも多いです。

トヨタ以外の車も車検可能

トヨタへ車検に出すなら、トヨタ車に限定されるとイメージする人は多いでしょうが、実はメーカー違いでも車検を受けることは可能です。基本的な整備はもちろん、部品交換が必要でも対応は可能なため、充実したアフターサービスを受けたいなら、トヨタに依頼するのがおすすめです。 ただし、メーカー違いの場合、すべてのメンテナンスに対応できるとは限りません。特にコンピューター系の故障は、対応できない可能性もあるため、故障車の場合はメーカーを合わせて車検に出すのが無難でしょう。

トヨタの車検の費用と支払い方法

車検は手間だけではなく、コストもかかるため、事前にどれくらい必要か、目安を把握しておくことが大切です。車検時にかかる費用は、「車の種類」「状態」「車検の依頼先」によって変動します。状態が悪いと修理や部品交換のコストが上がるため、費用が高くなることは理解しておきましょう。 また、同じ車、同じ状態でも、依頼先によって車検費用は変わります。ディーラー車検は手厚いサポートが売りなものの、他の方法に比べると費用は高くつきやすいため注意が必要です。費用の相場と支払い方法を知って、スムーズに車検を受けましょう。

車の状態や種類によって費用は変わる

車検に必要な費用は、主に以下の通りです。

  • 法定費用
  • 車検基本料
  • 整備・部品交換代

法定費用は、重量税、自賠責保険料、印紙代の3つで構成されており、車検方法に関係なく必要で、費用も固定です。車によって異なりますが、3~5万円程度かかると考えましょう。次に車検基本料は、業者に依頼した場合にかかる費用で、点検や検査の代行手数料です。 ディーラー車検の場合、サービスが充実していることから、車検基本料は高く、5万円程度が相場です。これらに加えて、車の状態に応じて整備や部品交換代が必要なため、最低でも10万円以上はかかると考えましょう。

支払いはクレジットカードでできる

トヨタの車検の場合、支払いは現金だけではなく、クレジットカードも可能です。ディーラー車検は費用がかかりやすいため、分割も可能なクレジットカードのほうが支払いはしやすいでしょう。また、費用が高い分ポイントも多く貯まるため、一括で支払う場合でも、カード払いのほうがお得です。 特にトヨタの「ティーエスキュービックカード」なら、車検時に1ポイント=1円でキャッシュバックされるため、実質の費用を割引して車検が受けられます。

大切な車をどこに車検に出すかじっくり検討しよう

車に長く乗るなら車検は必須であり、どこに車検を依頼するかも重要です。ディーラー車検は、費用が高くつきやすい反面、安全性が高く、サービスも充実しているのが特徴です。トヨタ車検も魅力が多く、安心安全で信頼度は高いため、費用も含めて検討し、車検の方法を決めましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト