中古車売却 中古車買取 コラム

事故

【事故車の定義】販売店で使われている言葉との違いを知ろう

更新日:

車は普通乗用車や軽自動車などさまざまな区分があり、それぞれに新車、中古車とさらに区分が分かれます。中古車のなかでもさまざまな区分があり、そのなかの一つに事故車があります。事故車の定義は非常に難しく、詳しく理解できている人は少ないです。事故車の定義をきちんと見極め、中古車購入や売却に役立てましょう。

事故車の定義について

事故車についての理解を深めるためには、まずは基本的な定義について知っておかなければなりません。事故車=事故を起こした車とイメージする人は多く、この認識は完全に間違いというわけではありません。ただ実際にはさらに細かく定義づけがされていますので、詳細部分まで知っておくことが大切です。事故車の定義は必ずしも事故車=事故を起こした車ではありませんので、より詳しい部分まで確認していきましょう。

事故車とされている車

事故車の定義を確認する上では、まずは車の市場においては、どのような車が事故車とされているのかを知っておきましょう。事故車は中古車の一種であり、中古車店などで事故車と定義されている車は、修復歴のある車のこと。これまでに修復歴があり何らかの故障があった車のことを、事故車と定義している販売店は多いです。

事故車の定義について

そもそも事故車の定義ですが、事故車とは事故にあった、あるいは自然災害などにあった車のことを指します。それらに該当すればすべて事故車と定義されます。中古車販売店などでは事故車と修復歴車を同列に扱っていることが多く、車の基本骨格の部分を損傷を修復していると、事故を起こしていなくとも修復歴車としています。 事故車と修復歴車は厳密には違うものですが、販売の現場においては同じとみなされていることを知っておきましょう。

事故歴と修復歴から見る事故車の定義

定義上では、事故車とは事故や自然災害にあって損傷した車を指します。しかし事故により損傷した車でも、修復場所が車の基本骨格の部分でなければ、事故車に含まれないこともあります。定義としては事故で損傷した時点で事故車ですが、販売店では修復歴の有無によって事故車かどうかを判断しています。 つまり実際に車を購入する、あるいは売却する際に重要になるのは、事故歴があるかではなく修復歴があるかどうかです。

事故車の定義を知ることのメリット

事故車の定義を正しく理解していれば、車を売る時も買う時も相手の言葉を鵜呑みにせずに済みます。事故を起こした=事故車だと思っている人は多く、修復歴がないとしても売却時の値段は安いと思い込んでいる人はたくさんいます。 事故で損傷していても、修復歴さえなければ販売市場においては事故車ではありませんし、買取価格を大幅に下げられることもありません。また購入時において事故車の定義をきちんと知っていれば、粗悪な商品をつかまされる心配もありません。よりお得に売買するためにも、定義はきちんと知っておくことが大切です。

バイクの事故車の定義

事故車があるのは車だけではなく、バイクにもあります。バイクの場合は事故車の定義が違っていますので混同しないように注意しましょう。バイクの場合は、事故車に該当するのは2つであり、事故現状車と事故修復車です。 事故現状車は事故によって損傷し、修理されていない状態を指します。損傷個所や程度は関係なく、事故後修理されていないものは事故現状車として扱われます。対して事故修復車は事故のあとに修理をしたものを指します。バイクの場合は、事故のあと修理の有無で事故車の定義が変わります。

事故車を売る時の注意点

事故車であっても売ることはできますし、場合によっては高値で買い取ってもらえることもあります。しかし事故車と普通の中古車では大きく違っていますし、事故車というだけで査定額が下げられるのは確かです。 事故車である以上、査定額が安くなるのは仕方のないことですが、それでも売れるだけましと考えましょう。事故車を売る場合には注意点がありますので、それも知って上手に買い取ってもらうことが大切です。

事故車は修理するべきか

事故車を売る場合に悩むことが多いのが、修理してから売るか修理せずに売るかです。修理箇所があると査定額も下げられてしまいますが、基本的には修理せずそのまま売った方がよいでしょう。確かに修理箇所があれば査定額は減額されますが、そのまま買い取ってもらった方が事故車の修理代を払うよりも得な場合が多いです。修理代がかさんで合計すれば損をする可能性もありますので、基本的には修理をせずに売りましょう。

事故車と申告するべきか

事故車であれば査定額を下げられるのは免れません。そのため売るときに事故車であることを申告せずに手続きを進める人もいますが、これは絶対にやめましょう。事故車であることを隠したまま売ってしまうと、トラブルの原因になるので正直に申告すべきです。余計なトラブルに巻き込まれて、時間もお金もかかることもありますので、ウソの申告はやめましょう。

事故車を買う時の注意点

事故車は売る時だけではなく、買う時にも注意点があります。事故車は安くで販売されていることが多いですが、値段だけを見て購入を決めてしまうと、あとで失敗したと後悔することも少なくありません。事故車の購入で失敗しないためにも、注意点を正しく理解しておきましょう。

事故車を購入する時に注意するポイント

事故車を購入する際には即決せず、まずは試乗運転をさせてもらい、乗り心地や安全性などを確認しましょう。また車の評価基準を決める査定表を見せてもらうことも大切です。査定表を見せてもらい、値段設定の理由などを細かく聞くことで悪い車を購入しにくくなります。査定表を見せてくれない=やましいことがある可能性が高いので、その車は避けた方が無難でしょう。

事故車に乗ることのデメリット

事故車といっても故障の具合はさまざまですし、きれいに修復されている車もあります。何より価格が安いことがほとんどですので、それらのメリットから事故車を購入する人も多いです。ただ事故車に乗ることには必ずしもメリットだけあるわけではなく、当然デメリットも存在します。 事故車の場合は、車によってはまっすぐ進まないなど事故の影響が残っており、安全性に疑問があることも多いです。修理したとはいえ、完全に直っているわけではありませんし、安全性の問題をクリアするためにも購入前の試乗運転は必要です。

事故車は事故をした車だけではない

事故車の定義としては事故や自然災害によって損傷した車ですが、実際に販売店で売られている事故車は、必ずしも定義通りではありません。販売店では修復歴の有無が事故車として考えられていますので、事故を起こしていなくても事故車として扱われます。事故車の定義と実際に販売店での扱いを知って、事故車の買取、あるいは購入を上手に進めていきましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-事故
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト