中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

中古車 買取

中古車買取の売買契約をキャンセルする事は可能か?

更新日:

車を中古車として買取に出したものの、途中で気が変わってキャンセルしたくなった場合、キャンセルをしようと思うでしょう。

しかし、中古車買取に関しては、キャンセルには多大なる注意点が存在するのです。

今回はそんな車買取のキャンセルについてご紹介したいと思います。

買取契約後のキャンセル可能ライン

買取契約のキャンセル

中古車買取の契約までは、いくつかの段階を踏んで契約に進むことになります。

そして、その段階ごとにキャンセルの可否は異なりますので、ここでは2つのグループに分けてキャンセル可否について見ていきましょう。

査定申込〜訪問査定までのキャンセル

まずは、中古車買取店のサイトやコールセンターへ電話を行い、実際に自宅まで訪問査定に来られるまでの段階について。

査定の申し込みは、その名の通り「査定の依頼」となりますので、この時点ではまだ売買契約は起きていません。

また、基本的に今のご時世、査定は無料で行ってもらえる事がほとんどですので、特にキャンセルを行なっても問題はございません。

もちろん査定を行い、各項目をチェックして査定額の提示をされた段階であっても、その時点でキャンセルを行うことも大丈夫です。

査定額に納得し、契約した以降のキャンセル

次の段階としては、上記までの流れで実際に査定額を提示され、その金額に納得・契約書にサインした後のキャンセルについて。

口頭契約の場合は、サイン無しでも契約の効力を発揮します。

残念ながら、この「契約を行なった」以降は、原則的にキャンセルは不可能となります。

買取業者のビジネススタイルとしては、車の買取時点では仕入れの状況ですので出費をしている状態です。

なので、契約を行なった車の引き取り〜再販までを素早く行い、利益を出していますので、契約を行なった瞬間に引き取りの手配や再販の準備が開始されます。

つまり、この時点で人件費が大きく動いている状況ですので、契約のキャンセルをされてしまうと大赤字になってしまうのです。

もちろん、法律上の縛りもキャンセルができない理由でもありますが、そういった裏事情もキャンセルができない理由となっているのです。

 

中古車買取におけるクーリングオフについて

クーリングオフは対象外

契約後のキャンセルはできないと上記でご紹介しておりますが、ここで多くの方が「クーリングオフは使えないのか?」と思われるでしょう。

そこで、続いては中古車買取の契約とクーリングオフの関係についてご紹介いたします。

クーリングオフの概要

そもそもクーリングオフとはどのような制度かというと、以下のような位置付けとなっています。

消費者が自宅などに不意の訪問を受けて勧誘されるなど、自らの意思がはっきりしないままに契約の申し込みをしてしまうことがあるため、消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された制度。

つまり、訪問営業やセミナー系の営業での契約で適用・キャンセルを行う事ができるものとなります。

中古車買取の場合は適用外

上記のクーリングオフの制度に対して、中古車買取の立ち位置はかなり微妙です。

基本的に中古車といえども、車の売買ともなると大きな取引になりますし、大きなお金が動く契約です。

なので、冷静に判断して決断が必要な買い物という認識となります。

また、訪問査定を申し込みしたのは、あくまでも売主側ですので訪問販売のように営業マンが勝手にやってきた状況とは180°異なる状況なのです。

これらの理由から中古車買取に関しては、クーリングオフの適用対象外となるのです。

なお、中古車の購入に関しても同様に対象外となります。

例外的にキャンセルが可能なケース

キャンセルが可能な中古車買取の契約

中古車買取の契約がキャンセルできないといっても、どうしても車を売れない事情であったり、急遽必要になる事もあるでしょう。

そういった場合は、条件や買取店の対応次第となりますが、契約後でも例外的にキャンセルが可能になる可能性もございます。

査定員のお情け

まず、一つ目のケースとしては、契約書にサインをしてしまったものの、その場で気が変わりキャンセルを申し出た場合です。

その場であっても、一度サインや口頭契約を交わしてしまうと、法的拘束力が発生しますのでキャンセルはできませんが、査定員のお情けでキャンセルしてくれる場合もございます。

ただし、あくまでもこれは査定員の優しさによるキャンセルですので、万が一その状況でもキャンセル出来なくてもそのスタッフを責める事は出来ません。

なお、「査定員のお情け」に関しても人件費は発生していますので、お情けでのキャンセルは本当にラッキーな案件なのです。

違約金を伴うキャンセル

2つ目のケースとしては、契約のキャンセルは可能ですが、代わりにそれに伴う違約金の支払いを行うという方法です。

前述の通り、契約後は買取店も再販に向けて人件費や車の引き取りの手配を行いますので、コストがかかります。

キャンセルを行うと、このコストが全て無駄になってしまいますので、それを補填するために違約金を支払う事でキャンセルを可能としています。

キャンセルによる違約金は、各社3万円で設定されている事が多いです。

 

まとめ

以上が、中古車買取の契約におけるキャンセルの内容となります。

査定の申し込みや訪問査定の段階ではキャンセルは可能ですが、一度でも契約をしてしまうと原則キャンセルはできなくなります。

もし、キャンセルが可能だとしても、それはあくまでも例外で、査定員のお情けであったり違約金の支払いが必要になるキャンセルだったりと気持ちのいいものではありません。

なので、中古車の買取契約を行う際には、しっかりと自分の意思を固めて決断できるタイミングで契約するようにしましょう。

-中古車, 買取
-, ,

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2019 All Rights Reserved.