中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

車を廃車にするタイミングと税金の還付|上手な手続きの方法を知ろう

更新日:

車が動かなくなったり、不要になれば廃車を考えますが、廃車時にはこれまで支払った税金がどうなるのか、気になる人は多いです。車にはさまざまな税金がかかっていますし、廃車のタイミングによっては払い損になってしまうこともあります。廃車と税金の関係を知り、上手に手続きを進めましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車の廃車と税金について

スムーズに廃車手続きを進めるためには、まずは廃車とはどのような手続きなのか、車にかかる税金にはどんなものがあるのかを知っておくことが大切です。基本的な知識がないままでは、手続きはスムーズに進められませんし、場合によっては途中でストップしてしまうこともあります。 廃車と車にかかる税金についての知識を深めて、それぞれについてきちんと理解した上で手続きをおこないましょう。

車を廃車にするとは

そもそも車を廃車にするとはどのようなことを指すのかですが、廃車とは法律上の手続きであり、車をスクラップにするかどうかではありません。廃車というとボロボロの車をイメージし、スクラップにして処分することを想像する人が多いですが、実際には新車であっても手続きさえすれば廃車にできます。 国内でおこなう廃車には永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があり、それぞれで意味合いが違います。永久抹消登録の場合は、車の解体処分を前提とした手続きで、一時抹消登録時に解体はおこなわず、一時的に車から名義を消去する手続きです。それぞれ名義を消すことに変わりはありませんが、車を残すか処分するかの違いがあります。

車に乗るために必要な税金

車に乗るために必要な税金は、さまざまあります。車にかかる税金としては、毎年4月1日時点で名義を持っている人にかけられる自動車税がメジャーですが、それ以外にも取得税や重量税、燃料税、消費税などがあります。 取得税は車の購入時にかかる税金であり、重量税は車両の重さに対して課税される税金です。燃料税はガソリン税とも言われており、ガソリンにかかる税金、消費税はこれらすべてに課税されているものです。車は持っているだけでもかなりの税金がかかりますし、不要になれば素早く廃車手続きをおこない、課税を避けなければなりません。

廃車と税金還付の関係

車にかかる税金は、基本的には車の名義を持っている人にかけられます。そのため廃車手続きをすれば名義がなくなりますので、税金を免れることができますが、廃車と税金の関係はそれだけではありません。実は廃車をすれば、これまでに支払った税金が還付されることもありますし、場合によっては複数種類の税金が戻ってくることもあります。 廃車と税金還付の関係を知り、どのような条件で廃車手続きをすれば税金が還付されるのかを知っておきましょう。

廃車での還付金について|受け取りの方法や条件などを理解しよう

車にはさまざまな税金がかかっており、多くは所有している時点で課税されています。車の所有者=名義を持っている人ですので、名義がなくなれば当然課税の対象にはなりません。廃車は車から名義を消去する手続きです ...

続きを見る

廃車にすることで還付されるものがある

廃車手続きをすれば条件に応じて税金が還付されます。廃車をすれば基本的には自動車税が還付されますが、条件次第では重量税と自賠責保険料が還付される場合もあります。廃車時の状況や廃車手続きの方法によって、これらが還付されるかどうかは違うので注意が必要です。また自動車税についても、必ず還付金があるとは限らないので注意しましょう。

税金額と廃車手続きの時期別還付金額

自動車税は年間で一括して支払いますので、廃車時期によって還付金の金額は変動します。廃車の翌月から次の3月までの期間で月割りの税金額を計算し、その額が還付金となります。もともと支払っている金額が大きく、廃車から次の3月までの期間が長いほど、還付金も高額です。重量税は車検の残存期間、自賠責保険料は保険の有効期間に応じて還付される金額が変動します。

税金は廃車でも免除はされない

廃車手続きをおこなえば、税金が還付される場合もありますが、これによって納税義務が消滅したわけではありません。廃車しても納税の義務自体は残っていますし、廃車時点で滞納や未納があれば、それらには納付の義務が残っています。 廃車にしても滞納分の税金は消滅しません。また名義を持っていれば、車を使わない場合でも税金は発生しますので、車を持ち続けるのであれば一時抹消手続きをするのがおすすめです。

税金の還付が受けられない車両

車は廃車にすれば税金が還付されますが、これはすべての車両に該当するわけではありません。車種によっては一部還付がないこともありますし、それを知っておくことも大切です。税金還付の条件は細かく決まっていますので、どの車が還付対象なのか、対象外なのかを知っておきましょう。

軽自動車税は還付されないが重量税と自賠責保険は還付される

軽自動車の場合、廃車手続きをしても軽自動車税は還付されません。これは自動車税と比べると軽自動車税は少額であり、月割り計算ではなく年間一律での支払いになっているからです。軽自動車税は還付されないものの、重量税と自賠責保険料については還付は受けられます。 しかし、これも還付が受けられるのは永久抹消登録の場合のみです。普通乗用車も同様ですが、一時抹消登録ではこれらの還付は受けられないので注意しましょう。

軽自動車に分類される車両

軽自動車に分類される車両は4輪の軽自動車だけでなく、二輪車も軽自動車に含まれます。二輪車の場合、軽自動車と分類されるのは排気量250cc以上のものについてのみです。250cc以下の原付などは軽自動車には含みませんので、これも理解しておきましょう。

廃車手続きと税金の還付手続き

廃車手続きによって受けられる還付金の種類を知れば、実際に廃車する際の流れも知っておきましょう。廃車の方法は永久抹消、一時抹消の2つに分けられますが、それは手続き上の分類です。廃車をおこなう場合には、自分でおこなうか業者に依頼するかに分けられ、そこからさらに永久、一時どちらの方法で廃車にするかを決めなければなりません。全体の流れをきちんと把握して、スムーズに手続きを進めましょう。

※廃車の買取も可能なカーネクストにお申し込みの場合は、還付金の手続きも代行いたしますので、ご安心ください。

車を廃車にする方法

廃車の方法は大きく、自分で手続きをおこなうか、中古車販売店や買取専門店などに依頼する2つに分けられます。自分でおこなう場合は廃車時に必要な書類をすべて自分で揃え、自分で陸運局に出向いて手続きをおこないます。 業者に依頼する場合も、ある程度の書類の準備は必要ですが、最低限の書類だけを集めればよいですし、書類を提出し、車を引き渡せば後はすべての手続きをやってくれるので便利です。もちろん業者に頼めば費用が発生しますが、楽に廃車をしたいなら業者依頼がおすすめです。

税金の還付金を受け取る方法

税金の還付金を受け取るためには、まずは自分か業者どちらかが廃車手続きをおこないます。その後自動車税事務所で還付金申請の手続きをおこないます。手続きから数ヶ月で還付通知書が届きますので、それを持って指定された金融機関に行き、還付金を受け取れば手続きはすべて終了です。 還付金の申請時には、受取方法として口座振り込みも指定できますので、そちらを選んでもよいでしょう。業者に依頼する場合は、還付金の受け取りはどのような流れでおこなうのかを確認しておくことが大切です。

廃車にするタイミングと注意点

廃車は手続きさえおこなえばいつでもできますが、税金の還付を考えるならタイミングにも注意が必要です。廃車のタイミング次第で税金の還付金額は違いますし、手続きの手間が増えてしまうこともあります。注意点を理解して、スムーズに廃車をおこないましょう。

3月の廃車:還付はないが手続きは早めに

廃車方法に限らず、手続きをおこなえば自動車税は還付されますが、唯一3月に廃車した場合のみ、還付金はありません。自動車税は廃車の翌月から次の3月までに支払った税金を月割で還付してもらえるものですので、3月に廃車すれば月割りの残りはなく、還付金もゼロです。 還付金はないものの、手続きの手間を増やさないためには、3月末時点で登録が完了している必要があります。遅くとも3/15までには依頼を済ませ、書類を用意しておきましょう。

4月廃車は手続きが増えるためオススメしない

自動車税の還付は、廃車した翌月から次の3月までの期間に応じて還付金が決定します。そのため4月に廃車すれば、還付金はもっとも高額になりますが、これは一度払った分を手続きをして返してもらっているに過ぎません。還付金が高額だからといって、得をしているわけではないことを覚えておきましょう。 4月に廃車してしまうと、手続きが増えるだけで面倒になりますので、廃車するなら3月までがおすすめです。

還付金を返金しない業者もあるため注意

業者に廃車を依頼した場合は、還付金の返金については必ず確認しておかなければなりません。業者によっては還付金を返金してくれないこともありますし、契約時には還付金はどうなるのか、必ず聞いておきましょう。 買取を伴う廃車依頼の場合は、車の買取金額に廃車の還付金が含まれていることもあります。買取の場合は見積りを確認しながら還付金が含まれるかを聞き、廃車のみを依頼する場合でもきちんと返してもらえるか、必ず聞いておかなければなりません。

廃車にするタイミングは還付金で考えよう

車を廃車すれば税金の還付が受けられますが、これは廃車するタイミングや条件によって異なります。適切なタイミングで廃車すれば、還付金もきちんと受け取れますし、手続きの手間も減らせます。上手にタイミングを見計らって、スムーズに廃車しましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト