中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

車検

車検の見積もりにかかる時間の目安を知ろう。時短のコツもご紹介

更新日:

車に乗るためには車検の更新は必須ですが、なかなか時間が取れずに困っている人は多いです。車検を受けるにはさまざまな手続きが必要であり、時間もかかってしまいます。特に時間がかかるのが見積りです。車検全体の時間を短縮し、スムーズに手続きを進めるためにも、見積りにかかる時間を把握し、対処法を知っておきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検の見積もりに必要な時間

車検を受けるためには、まずは見積りを受け、整備費や部品交換費用、代行手数料や法定費用などを算出し、全体の費用を確認します。業者に依頼するならこれは必須の工程であり、見積りを受けずに依頼してしまうと、場合によっては法外な費用を請求されることもあるので注意が必要です。 車検を受ける方法はさまざまであり、どの方法を利用するかで見積りにかかる時間は違ってきます。方法別の見積り時間の相場を知り、手続きをスムーズに進めましょう。

車検とはどのくらいの時間がかかるのか|方法別の違いや特徴

Contents1 車検にかかる時間はどのくらいなのか2 車検の平均時間はどのくらいなのか2.1 ディーラーに頼むと車検に2~3日かかる2.2 ガソリンスタンドでは最短2~3時間2.3 カー用品店での ...

続きを見る

車検専門店の場合

車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店に持ち込んだ場合は、場所に限らず大体30分から60分程度時間がかかります。これはあくまで見積りを出すまでにかかる時間であり、実際に手続きを進めようと思えば、ここからさらに契約などの時間がかかることは理解しておきましょう。 もっとも早く済んだ場合でも、契約を含めて1時間程度はかかりますし、ある程度は時間に余裕を持っておかなければなりません。

ディーラーの場合

ディーラーの場合、見積りを出すまでの所要時間は60分程度です。車検専門店などよりもディーラーの方が見積りを出すのにかかる時間は長い傾向にあります。たとえば、車検専門店は、整備点検が簡素化されているので、見積もりがでる時間は早い傾向にあります。一方、ディーラーの方が見積もりに時間はかかりますが、その分丁寧に整備点検をおこなってくれることがメリットです。

ネットでの簡単見積もりの場合

車検の見積りは業者に依頼するだけではなく、ネットを利用しても受けられます。車検の見積りサイトを検索し、メーカーや車種、年式などを登録すれば、10秒ほどで大まかな見積もりが分かります。見積りの時間としてはこれがもっとも短く済みますが、その分精度は低いので注意しましょう。 実際に車検を通すためには、整備や消耗品の交換が必要な場合も多いですし、それらを考えれば表示された金額よりは高くなると考えておきましょう。ネットの見積りはあくまで参考程度ですので、それだけを鵜呑みにして車検を受けるのはよくありません。


状態がよくなくても高価買取⁈ トヨタ ハリアー 年式15年 走行距離130,000km 買取金額170,000円 無料査定のお申込みはこちら

 

車検の見積もり時間が長くなる理由

車検の見積りにかかる時間は業者によって異なりますが、大体1時間程度みていれば終了します。しかし、場合によっては1時間以上かかることもありますし、見積り時間が短い車検専門店でも長時間要することもあります。 車検の見積り時間は相場が決まっていますが、それはあくまで相場であり、状況次第で必要時間は変動するので注意が必要です。見積り時間が長くなる理由を知り、時間がかかる原因を理解しておきましょう。

店が混みあっている

車検の見積りに時間がかかってしまう理由としては、単純に店が混みあっていることが考えられます。土日や祝日など、繁忙期で他の客がたくさんいる場合は、待ち時間だけで30分以上かかる場合があります。長時間待ってから見積もりとなりますし、スタッフは他にもさまざまな仕事を抱えていますので、普段よりも時間がかかりやすいです。 特に、スタッフが少ない店舗だと、人手が足りないために見積りをしてもらうまでに時間がかかりやすいので注意しましょう。

交換や整備の項目が多い

見積りを出してもらうためには、まずは車の状態を確認し、どの程度整備や消耗品の交換が必要かを記録していきます。メンテナンスをおこなう項目が少なければ見積りもすぐに出せますが、項目が多い場合は見積書の作成に時間がかかる可能性が高いです。 項目が多いと必要な費用を計算するだけでも手間になりますし、部品交換の場合は店舗の在庫の確認が必要な場合もあります。車の状態次第では、店が空いていても時間のかかることがあります。

車検を受ける業者を変えた

これまでと車検を受ける業者を変えた場合も、見積りに時間のかかるケースが多いです。これは、車の整備箇所や部品交換の確認だけではなく、新規顧客登録や今までの整備の記録の確認作業などが必要になるからです。 以前に利用した業者であれば、見積りを出すのに必要な情報が揃っていますので、見積書は比較的スムーズに作成できますが、新規の業者の場合は必要な作業がどうしても増えてしまいます。

 

車検の見積もりにかかる時間を短縮する方法

車検の見積りにかかる時間は、条件次第では長くなることもありますが、これは反対に短縮も可能です。少しの工夫で見積りにかかる時間は短縮できますので、可能な限り時間短縮を狙うことも可能です。車検では見積り以外にもしなければならないことがたくさんありますので、まずは見積りを素早く済ませて、全体の時間を少しでも短くしていきましょう。

あらかじめ予約していく

車検の見積り時間を短縮するためには、あらかじめ予約をしておくことが大切です。予約なしで突然来店された場合は、店側も対応に時間がかかる可能性が高いです。対応に時間がかかるだけではなく、店の状況次第では見積りまで数時間かかってしまったり、場合によってはその日に受けられない可能性もあります。 予約していくことで対応がスムーズになりますし、何より確実に見積りをしてもらえますので、二度手間を避けるためにも予約は必ずおこないましょう。

最初に無料点検を受ける

ディーラーによっては、見積もりを出す前に無料点検をおこなっている場合もあり、先にこれを受けておくのもポイントです。無料点検を受けておけば、車の状態を知ってもらうことができますし、見積書の作成までスムーズにおこなえます。 無料点検と車検時の点検項目がすべてかさなっているとは限りませんが、それでも重複している箇所は複数あるはずです。点検項目が少なくなれば見積書の作成時間の削減にもなりますし、結果的に時間短縮に繋がります。

見積もりの依頼先を業種や店で絞る

点検や整備の質を取るならディーラーに見積りに出すのがおすすめですが、ディーラーでは時間のかかることが多いです。ディーラーばかりに何件も見積もりを依頼していると、見積りだけでもかなりの時間がかかりますので、ディーラーと車検専門店1件ずつなど、見積もりの依頼先を工夫しましょう。 車検専門店であれば、見積りの時間は短いですし、ディーラーと併せて受けることで、全体の時間を短縮しながらより細部まで点検し、見積りを出してもらえます。

 

車検でかかる時間を知り時間を有効に活用しよう

車検には少なからず時間がかかるため、見積りだけでもかなりの時間を費やしてしまうこともあります。しかし、工夫次第で時間は短縮できるので、見積り時間を減らすだけでも車検全体にかかる時間は短くなります。時間を有効活用して車検の手続きを進め、時間を短縮しながら上手に見積りを受けましょう。

中古車買取 高価買取強化中! ・現車確認なし! ・他社の査定額と徹底対抗! 【A社→90万円 B社→130万円 カーネクスト→140万円】50万円アップ! ※トヨタ アルファード 25年式 走行距離70,000km
  • お急ぎの方はお電話で 0120-301-456/通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • WEBから査定依頼 24時間無料受付中!

日本全国の中古車買取情報

車の買取に関することをお都道府県に分けてご紹介!お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、下記リンクからご覧下さい。

-車検

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2020 All Rights Reserved.