中古車査定なら中古車買取の実績多数・年中無休の「カーネクスト」

中古車買取に関するコラム | カーネクスト

買取

「事故車の買い取り査定」の基準とは。減額対象と相場を理解しよう

更新日:

車はどんな状態でも何かしらの価値はありますので、事故車であっても買い取ってもらうことは可能です。

買取を依頼すれば、まずは査定をして買取の見積り金額を出してもらいますが、事故車の場合は当然査定額は下がります。

それは仕方ないとしても、実際にどれくらい下がるのか事前にある程度は把握しておきたいところでしょうから、ここではどれ位下がるのかの相場についてご紹介いたします。

事故車の程度による査定への影響

事故車といっても故障の程度はさまざまであり、どの程度の故障なのかによって査定額への影響は変わります。

事故車は事故や災害などによって損傷、故障した車を指しますが、事故車が一律で査定額が下がるとは限りません。

故障の程度ごとに査定額にどれくらいの影響があるのかを知り、愛車がどれに該当するのか、状態を一度よく確認してみましょう。

修復歴のある車は影響が大きい

事故車の中でもっとも査定額に影響が出るのは、修復歴のある車です。

修復歴とは日本自動車協会が定める箇所(骨格部分)に損傷を受け、修理や交換を行ったことのある車を指します。

つまり注意が必要なのが、事故歴がある=修復歴があるとは限らないということです。

事故や災害で故障すれば事故歴がつきますが、それによって骨格部分が損傷していなければ修復歴はつきません。

つまり、事故車の査定においては修復歴の有無が大切であり、重視すべきは事故歴ではないということです。

修復歴がある車は、故障の程度によっては買取拒否や値段がつかない可能性もあるので注意しましょう。

修理していない事故車には多少影響がある

事故車であっても骨格部分が傷ついておらず、修復歴がなければ査定額は大きく減額はされません。

しかし、事故によるへこみや傷を修理していない場合は、見た目の美しさが損なわれる事から、査定額が多少ダウンする可能性があるので注意しましょう。

査定の評価基準は修復歴の有無だけではなく、車の状態などもチェックされますし、再販にかけて修理が必要なものは修理費の分だけ減額されます。

もちろん、修復歴がある場合ほどの大幅な減額ではありませんが、多少の減額があることは覚えておきましょう。

修理済の事故車はほぼ影響なし

事故車でも修復歴がなく、事故による傷やへこみがきれいに直されている場合は、査定額にはほとんど影響はありません

注意が必要なのが、きれいに修理されている場合でも、修復歴があれば査定では減額されるということです。

修理をしたとしても、一度傷ついた部分は完全に直るわけではありませんし、骨格部分ならなおさら何らかのダメージは残っています。

事故車でもっとも査定額が高いのはきれいに修理し、かつ修復歴のない車です。

きれいに修理されていれば、どの事故車でも査定額が上がるわけではありません。

 

事故車の査定額を調べる方法

事故車は修復歴の有無や状態によって査定額が変動しますが、より詳しい査定額を調べる方法もあります。

セルフでのチェックはあくまで目安にしか過ぎませんし、実際に買取をしてもらうためには、より詳細な査定額を算出することが大切です。

事故車の査定額を調べる方法はさまざまありますので、それらを試して一度査定額を出してみましょう。

シミュレーターを利用する

事故車の査定額は、ネットのシミュレーターを使うことで簡単に算出できます。

シミュレーターでは事故車の簡単な情報を入力するだけで、査定額のおおよその目安を知ることができますので、まずはこれを利用してみましょう。

もちろん、査定額のシミュレーターで表示される価格帯も「0〜23万円」とかなりの価格幅で表示されますので、正確な数字を確認するには効率的ではない方法といえるでしょう。

実際に買取に出せばよくも悪くも変動する可能性はありますが、査定時の交渉の材料として目安を知っておくのは大切です。

無料査定フォームを利用する

ネットには無料査定フォームというものもあり、これを利用することでも愛車の査定額を調べてもらえます。

無料査定フォームは当社でも提供しておりますが、事故車の状態を詳しく入力して登録すれば、電話やメールで査定額を知らせてくれます。

シミュレーターよりも確実な査定額が分かりますので、より詳しい金額を知りたい場合はこちらを利用しましょう。

買取業者に直接持ち込むか出張してもらう

事故車の場合も通常と同じく査定士に査定してもらうことはできます。

シミュレーターや査定フォームを使用した場合でも、訪問査定が必要な業者の場合は最終的には査定士に診てもらう事になります。

なので、手間を省きたいなら最初から業者に依頼してもよいでしょう。

弊社カーネクストの場合は、訪問査定はありません。

事故車の場合は買取業者に依頼するのがおすすめですが、査定は持ち込みと出張どちらでも金額は変わりません。

そのため、自走可能な場合は持ち込み、自走できない場合は出張査定と使い分けて利用しましょう。

 

事故車を査定に出す時の注意点

事故車であっても買取をしてもらえる可能性は高いですし、状態によっては高値で買い取ってくれることもあります。

しかし、事故車だからこそ査定に出す際には注意しなければならないこともあります。

注意点が守れていなければ、トラブルに発展したり、損をする可能性もありますので、これも正しく理解しておきましょう。

事故車であることは告知する

事故車を査定に出す場合は、事故車であることは必ず告知しなければなりません。

事故歴や修復歴を把握している場合は申告する義務があり、黙っていた場合は告知義務違反になってしまうので注意しましょう。

あとから分かれば査定額を減額されますし、査定士からの信用も失います。

また、万が一事故歴を申告せずに買取となった場合でも、その後買い手が付き、事故歴が発覚すればトラブルに発展することもありますので、事故歴は必ず申告しましょう。

信頼できる業者を選ぶ

買取業者はたくさんありますので、買取に出す際にはどの業者に依頼するかも重要です。

中には査定額を低く見積もる悪徳業者もあるため、ネットの評判などを参考にして信頼のおける業者に依頼することが大切です。

愛車の適正価格を知るためには、複数の業者に査定を依頼し、それぞれの査定額を見比べてみるのもおすすめです。

傷は直さない

同じ事故車でも傷の有無によって査定額は変わりますが、だからといって傷がある場合でも、修理してから査定に出す必要はありません。

きれいな状態であれば査定額がアップするのは確かですが、それでも修理費以上のアップは見込めません

修理に出してしまうと、修理費ばかりが高くついてしまい、結果的に損をしますので注意が必要です。

傷やへこみなどがあっても修理には出さず、そのまま査定してもらった方が結果的にはお得です。

 

事故車の価値を正しく理解しよう

事故車は買取ができない、ほとんど値がつかないとイメージする人は多いですが、それは間違いです

事故車であっても状態によっては高値がつくことありますし、一概に価値が下がるとも限りません。

事故車の価値を正しく把握して、愛車を上手に買い取ってもらいましょう。

-買取

Copyright© 中古車買取に関するコラム | カーネクスト , 2020 All Rights Reserved.