中古車売却 中古車買取 コラム

車検

ジムニーの車検代の相場│車検前に注意すべきこととは

更新日:

スズキのジムニーは、軽自動車の四輪駆動オフロード車として人気のモデルであり、購入を検討している人も多いでしょう。購入の際には販売価格だけではなく、維持費もチェックすべきポイントであり、車検費用についても考えておかなければなりません。 また、すでにジムニーを持っている人も、費用の相場を知って、費用をかけすぎていないかを確認してみましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

ジムニーの車検に必要な法定費用の内訳

車検時に必要な費用はさまざまありますが、固定費として必要なのが税金や保険料などの法定費用です。車検の方法次第では、その他の費用については削減も可能ですが、法定費用に関しては削減ができません。車検費用は、法定費用にプラスしていくらかかるかを考えるのが一般的であるため、まずは費用の土台となる法定費用の内訳を把握しておきましょう。

車両重量に応じた自動車重量税

法定費用には自動車重量税が含まれており、これは車両重量に応じて決定します。ジムニーは軽自動車のモデルであるため、初年度登録から13年未満であれば、6,600円です。乗車年数が13年を超えれば、重量税は7,600円と値上がりするので注意しましょう。 また、ジムニーでも普通自動車のジムニーシエラやワイドなどのモデルもあり、これらはさらに重量が重くなるため、費用も高くなります。

2年分の自賠責保険料

自賠責保険は強制加入であるため、必ず加入しなければなりません。車検更新時には保険料2年分をまとめて支払い、24カ月25,070円必要です。車検切れを起こさずに更新すれば、24カ月分の支払いとなりますが、自賠責保険の期限まで切れている場合は、25カ月分の支払いとなります。保険料がさらに上乗せされますので、必ず期限内に更新しましょう。

印紙代金

印紙代金は、車検の受付をおこなう際の、申請書に貼りつける印紙の費用です。これも法定費用の一部であり、車検を受けるための検査手数料と考えましょう。印紙代金は自分で車検を受ける場合でも、業者に依頼する場合でも必要であり、基本的には1,100円です。

ジムニーの車検基本料の目安

車検は自分でおこなうこともできますが、さまざまな手間がかかるため、業者に依頼する場合が多いです。業者に依頼する場合は、手数料である車検基本料を含め、さまざまな費用が発生します。これらの費用と法定費用を合計した金額が、車検全体の費用となるため、業者依頼分の費用を把握しておくことも大切です。業者ごとに費用の設定額は異なりますが、平均的にはどれくらいの費用が必要なのかを知っておきましょう。

業者への車検代行料

業者への手数料や車の検査料は、車検代行料、車検基本料と呼ばれ、これは業者によって設定金額が異なります。どの業者に依頼するかで費用は大きく変動しますが、1万円程度が平均的と考えましょう。代行料が高くつくのは非常にもったいないので、複数の業者を比較して、お得に受けられる業者を探すことが大切です。

部品や作業工賃

車検は単に検査を受けるだけではなく、保安基準に適合させなければなりませんので、部品の交換や整備などが必要となることが多いです。特に多いのが消耗品の交換であり、これには部品代と作業工賃が発生します。業者ごとに費用が異なるだけではなく、使用する部品の質や交換箇所、部品交換の数などによって、費用は変動します。 基本的には交換箇所が多いほど費用は高くなりますので、日頃からメンテナンスをしておくことが大切です。また、故障などが見つかり、消耗品以外のパーツでの部品交換が必要な場合は、箇所によっては10万円以上かかることもあるので注意しましょう。

法定点検費用

車検時には法定点検が必要であり、これにも費用がかかります。法定点検の費用も業者ごとに異なりますが、2万円程度が平均的です。法定点検は12カ月ごとに必要であり、車検前に受ける場合は、それも車検費用の一部として考えましょう。 自分でも点検はおこなえますが、整備記録簿への記録など、専門的な知識を要することも多いため、業者に依頼してやってもらうのが一般的です。

ジムニーの車検で注意すること

ジムニーは軽自動車ですので、法定費用はそれほど高くはなく、上手くすればお得に車検が受けられることもあります。しかし、油断は禁物であり、車検時には注意しなければならない点がたくさんあります。注意点が守れていないと、車検で損をしたり、何らかのトラブルを抱えたりすることもあるので、気を付けなければなりません。注意点も正しく把握して、安全かつスムーズに車検を受けましょう。

余計な部品交換がないかチェックをおこなう

業者に車検を依頼する場合、車の状態を確認して、どんな整備、部品交換が必要かなど、見積もりを出してもらいます。見積もりでは金額を確認するだけではなく、余計な部品交換がないかチェックしておくことが大切です。 部品交換をすれば業者の利益となるため、本来必要のない部分まで交換しようと考える業者は多いです。消耗品でも、交換したばかりの箇所がリストに挙げられている可能性もありますので、本当に必要かをしっかり見極めましょう。 また、交換箇所によっては、自分でも簡単におこなえるものもあります。簡単な交換でも業者に依頼すれば費用が高くつきますので、自分でできる分は削って、難しい部分だけ交換してもらいましょう。

整備や点検を疎かにしない

車検費用を抑えるためには、料金の安い業者を選ぶ必要がありますが、安すぎる業者を選ぶと、整備や点検をきちんとおこなってくれないこともあります。車検は車の安全性を確認するためのものですので、保安基準に合わせて整備、点検をしなければなりません。 格安が売りの業者に依頼すると、ろくに整備もしないまま車検となり、場合によっては不適合となって返ってくることもあるので注意が必要です。また、仮に車検に通っている場合でも、最低基準でクリアしている可能性もあります。安全性が必ずしも高いとは言えないため、整備、点検は念入りにおこなってくれる業者を選びましょう。

車検に通らない改造はしない

ジムニーは改造のベース車として人気がありますが、改造するなら保安基準の範囲内でおこなわなければなりません。基準を超えての改造は違法となり、当然車検も通らないので注意しましょう。改造も保安基準の範囲内であれば、おこなっても車検は通りますので、基準をきちんと守ることが大切です。

日頃からこまめな整備を心がけよう

ジムニーは軽自動車ですので、法定費用はそれほど高くありません。しかし、整備や部品交換などでお金がかかることも多く、総額では高くつく可能性もあります。車検費用を抑えるには、日頃からの手入れが大切ですので、こまめに整備して良い状態を保つことを心がけましょう。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト