中古車売却 中古車買取 コラム

車検

日産エクストレイルの車検費用相場│安く抑える方法とは?

更新日:

車検には少なからず費用がかかるものであり、場合によってはかなり高額な出費になってしまうこともあります。特に車が大きいほど費用も高くなりやすく、日産のエクストレイルだと、どれくらいかかるのか疑問に思う人も多いでしょう。車検費用の相場を知って、購入時の情報の一つとして役立てましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

日産エクストレイルの車検費用について

どんな車でも車検に費用はかかり、これは避けられないものです。車検は初回検査から3年、以降2年ごとに更新しなければならないものであり、車に乗る上では必須の費用と考えましょう。ただし、車検費用は必須ではあるものの、車によってどれくらいかかるかは異なります。 新車の購入を検討しているなら、そのモデルだと車検にいくらかかるのか、事前に相場を把握しておくことが大切です。車検の受け方によっても費用は異なりますが、エクストレイルだとどれくらいが相場とされているのかを知っておきましょう。

車検費用の内訳

車検の費用はさまざまなもので構成されていますので、まずは内訳から知っておきましょう。基本的に必要なのは、法定費用と呼ばれる税金や保険料の支払いであり、これは自動車重量税、自賠責保険料、印紙代の3つに分けられます。 法定費用は車検の方法に関係なく必須のものであり、車検を受ける上での固定費と考えましょう。これに加えて業者を利用する場合は、手数料として車検基本料がかかり、整備や部品交換が必要であれば、それらのメンテナンスの費用がかかります。

法定費用の金額

車検に必須の法定費用ですが、日産エクストレイルは総重量が1.6トン前後で、これは大型車に属します。そのため、自動車重量税が約33,000円とやや高額です。これに加えて、自賠責保険料が約28,000円、印紙代が1,100円となっており、法定費用だけで62,000円程度かかります。 これに業者に依頼する手数料や整備、部品交換が必要など、さまざまな費用が上乗せされます。車検の方法に関係なく、基本的には6万円前後は絶対にかかると考えましょう。

ディーラーに依頼した場合の車検基本料や整備基本料などの費用

業者に車検を依頼する場合、どこに依頼するかによって費用は大きく異なります。ディーラーに依頼した場合は、車検基本料や整備の費用などを合わせれば、6~10万円程度になることが多いです。そのため、法定費用と合わせれば総額12万円~16万円程度になり、非常に高額と言えます。 業者の中でもディーラー車検がもっとも高額ですが、その分整備の質やアフターサービスなどは充実しており、安全性は高いです。車検に対して安全性を求めたいのであれば、ディーラー車検がおすすめでしょう。

整備工場に依頼した場合の車検基本料や整備基本料などの費用

整備工場に車検を依頼した場合は、車検基本料や整備の費用は4~8万円程度であり、総額10万円~14万円程度になることが多いです。整備工場であれば少し安く済ませられますが、業者ごとに金額が大きく違うので注意しなければなりません。 場合によっては整備工場でも費用が高くつくことはあるため、どの業者を利用するか慎重に選定することが大切です。

フランチャイズの店舗に依頼した場合の車検基本料や整備基本料などの費用

フランチャイズの店舗に車検を依頼した場合、費用は2~8万円程度で、法定費用と合計すれば8万円~14万円程度となることが多いです。フランチャイズは、同じチェーン内であれば、同じ価格で車検が受けられるため、店舗ごとの差がありません。 比較的安価で済ませられますが、整備の質などはディーラーなどと比べれば劣ってしまうことが多いです。整備の質よりも、費用を求めたい人には、フランチャイズ店舗での車検がおすすめでしょう。

日産エクストレイルの車検費用を節約する方法

日産エクストレイルは大型車に区分されるため、法定費用が高く、どうしても車検全体の費用も高額になりがちです。しかし、車検の費用はやり方次第で安く済ませることもでき、いかに節約を図るかを考えることが大切です。費用を抑える方法はさまざまありますので、それらを把握して、お得に車検を受けましょう。

もっとも安いのはユーザー車検

車検の費用を安く抑えようと思えば、業者に依頼するのではなく、自分で検査をおこなうユーザー車検も考えてみましょう。ユーザー車検の場合は、車検基本料などが必要ないため、上手くいけば法定費用のみで車検が受けられる可能性があります。 もちろん、事前の整備などは必要ですし、自分で部品交換などをおこなおうと思えば、かなりの知識やスキルが必要です。車検にかかる作業をすべて自分でおこなうため、手間がかかるのもデメリットですが、その他のコストが安上がりになる分、金銭的なコストはもっとも安く抑えられます。

車検業者を比較して選ぶ

車検時に必要な費用は業者によって異なりますので、どこに依頼するかは比較検討して決めることが大切です。費用が安いことはもちろん、安心できる業者を選ぶことが、スムーズに車検を受けるためのポイントです。 ネットでの評判だけではなく、実際に見積もりに出した際の担当者の対応などを見ながら、どの業者がもっとも信頼できそうかを見極めましょう。良心的な価格で車検をやってくれる業者もありますので、費用を抑えたいなら業者選定に時間をかけることが大切です。

車検に出す前に自分で整備をおこなう

車検時には部品の交換などで費用がかかり、これだけでもかなりの出費になることが多いです。業者に部品交換を依頼する場合は、部品代だけではなく作業工賃がかかりますので、これを事前に自分でおこなえば、作業工賃分は安く済ませられます。 部品交換はある程度のスキルが必要なことも多いですが、箇所によっては、初心者でも簡単にできる部分はあります。できるところは自分でやり、業者に依頼する場所を減らすことで、車検費用は節約が可能です。

インターネットで購入した部品を持ち込む

車検時には部品代が高くつくこともあり、特にメーカーの純正品などで部品交換をおこなう場合は、費用が高額になってしまいます。部品代を抑えたいのであれば、事前にインターネットなどで中古の部品を購入し、それを持ち込んで交換に使ってもらいましょう。 持ち込みOKの業者であれば、中古の部品を使って整備してくれますので、部品代だけでも安く済ませられます。自分で部品交換をするのが苦手な人でも、部品さえ購入していれば費用は節約できますので、事前に中古品で安いものを探して入手しておきましょう。

信頼できる車検業者を選ぼう

車検にかかる費用を抑えるのは大切ですが、それだけではなくきちんと信頼できる業者に依頼し、整備をしてもらうのも大切なことです。車検は車の安全性を確認するものですので、安さだけを追求するのではなく、安全性も考慮し、信頼できる業者を見つけて車検を受けましょう。

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-,

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト