中古車売却 中古車買取 コラム

廃車

廃車登録した車を復活させる|手続きの方法と必要書類など

更新日:

廃車登録をした車でも、車体が残っていれば再登録は可能です。一時抹消登録では、名義を消去しているだけですので、名義を復活させればもう一度乗ることができます。再登録にはさまざまな手続きや書類が必要ですので、手順を把握してスムーズに登録をおこないましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

廃車を復活させる手続き

査定に必要な書類

廃車を復活させるためには、さまざまな手続きが必要です。名義の再登録は中古車新規登録と呼ばれており、これをおこなうにはいくつかの手順を踏まなければなりません。再登録の流れを確認し、必要な書類なども把握しておきましょう。

手続きの流れ

名義を復活させるためには、まずは車庫証明(自動車保管場所証明書)を発行しなればなりません。これは地域の警察署で発行でき、手数料を支払えば業者に代行してもらうことも可能です。車庫証明を発行すれば、仮ナンバー申請と自賠責保険の加入をおこないます。 仮ナンバー申請には、自賠責保険や一時抹消登録の証明書、身分証や認印などが必要です。仮ナンバーは市区町村役場か運輸支局で申請できます。これらを終えれば、運輸支局で車検を受け、中古車新規登録の手続きをおこない、ここまで完了して廃車は復活となります。

申請に必要な書類

中古車新規登録には、申請書や手数料納付書、自動車重量税納付書、自動車検査表、一時抹消登録証明書と自賠責保険の証書が必要です。また一時抹消登録時と所有者が違う場合は、譲渡証明書が必要です。事前に準備できるのは、一時抹消登録証明書と自賠責保険の証書、自動車重量税納付書の3点です。その他の書類については、運輸支局の窓口での入手となりますので、当日準備で問題ありません。

所有者と使用者が同じ場合と違う場合

所有者と使用者が同じ場合は、所有者の印鑑証明、実印、車庫証明の3つが必要です。それぞれが違う場合は、所有者の印鑑証明・実印・委任状、使用者の住民票か印鑑証明・実印・委任状・車庫証明の7つが必要となります。 名義者によって必要書類は違うので注意が必要です。また印鑑証明は発行から3カ月以内、車庫証明は1カ月以内と有効期限がありますので、期限切れにならないよう素早く手続きを進めなければなりません。

廃車復活の費用

廃車復活の費用としては、登録手数料700円、検査手数料は小型車と軽自動車は1,400円、普通車は1,500円、ナンバープレート代が1,500円前後です。ただし希望ナンバーは4,000~6,000円程度かかります。車検時の法定費用である、自賠責保険料と重量税、名義保有者にかけられる自動車税がかかりますので、費用は5~7万円程度見ておかなければなりません。また車が譲り受けたものなら、取得税が発生する場合があるので注意が必要です。

軽自動車の場合

軽自動車

廃車復活の手順や費用は、普通車と軽自動車では異なります。必要書類や手続きの申請先なども違っていますので、混同しないよう注意が必要です。軽自動車の場合の廃車復活の流れも理解し、普通車との違いを意識しながら確認していきましょう。

軽自動車の登録手続きの流れ

普通車の場合は運輸支局ですが、軽自動車の登録手続きは軽自動車検査協会でおこないます。手続きの流れとしては、普通車の場合とそれほど大きくは変わりません。新規検査申請書を軽自動車検査協会で入手し、必要書類の記入と作成をおこないます。車検を受け、登録窓口に必要書類を提出します。 その後車検証とステッカーを交付してもらい、軽自動車税の申告をし、ナンバープレートを購入すれば登録は終了です。

軽自動車の登録費用

軽自動車の登録費用は、検査手数料が1,400円程度、ナンバープレートが1,500円前後です。さらに車検費用や軽自動車税などがそれぞれかかりますので、3万円~5万円程度はかかると考えましょう。普通車に比べれば税金や保険料も安いため、軽自動車は再登録にかかる費用もそれほど高くはありません。

バイクの復活登録の仕方

廃車の復活ができるのは車だけではありません。バイクでも登録をすれば、廃車したものでも再度乗ることができます。バイクは排気量によって、手続きの方法が異なります。125cc以下とそれを超えるもの、251cc以上の3つで分けられていますので、それぞれの方法を知っておきましょう。

125cc以下のバイクの場合

125cc以下の原付の場合は、市役所などの税務課で登録手続きをおこないます。再登録には、廃車時に発行された廃車証が必要ですので、紛失していれば再発行しておきましょう。廃車証の他には、印鑑、軽自動車税申告書、標章交付申請書、身分証明書、石刷りなどが必要です。書類を集めて提出すれば、再登録の手続きは終了です。

126~250ccまでのバイクの場合

126~250ccまでのバイクは、運輸支局で手続きをおこないます。再登録には印鑑、住民票、自賠責保険証、軽自動車税申告書、軽自動車届出書、軽自動車届出済証返納証明書、軽自動車届出済返納済確認書が必要です。 軽自動車届出済証返納証明書、軽自動車届出済返納済確認書は、廃車手続きをおこなった際に発行されています。ナンバー代に600円程度、用紙代に100円程度、さらに自賠責保険料がかかります。

251cc以上のバイクの場合

251cc以上のバイクの場合も、手続きは運輸支局でおこないます。手続きには印鑑、住民票、自賠責保険証、自動車重量税納付書、自動車検査証返納証明書、新規登録・検査申請書、手数料納付書、軽自動車税申告書、定期点検記録簿、自動車検査票が必要です。 代理人が手続きをおこなう場合は、さらに委任状が必要になります。251cc以上のバイクでは、原付や軽二輪バイクに比べて必要書類が多いので注意しましょう。また費用についても、250cc以下の場合にプラスして、登録検査手数料に1,400円程度、さらに自動車重量税が必要です。

必要なものをしっかり把握してまた車に乗ろう

一度廃車にした車やバイクでも、車体が残っていれば再登録して名義を復活させることができます。廃車したからといって、そのまま保有し続けるだけではもったいないですし、まだまだ乗れるのであれば再登録がおすすめです。 全体の流れを理解していれば、手順自体はそれほど難しくありませんので、上手に手続きを進めて、もう一度愛車に乗りましょう。

車の買い替えを検討の場合

今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。

近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。なお、カーネクストは中古車だけではなく、故障車や廃車の買取も可能ですのでかなり万能な業者となっています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-廃車
-

© 2022 中古車買取カーネクスト