中古車売却 中古車買取 コラム

車検

ディーラー車検の特徴とメリット|愛車のメンテナンスは安心と安全に

更新日:

ディーラーの車検のイメージは「割高だけど安心できる」というのが一般的なイメージではないでしょうか。ディーラーで車を買ったから、ディーラー車検を選んだという人もいるでしょう。しかし割高や安心できる理由がわからないままディーラー車検をしてしまったり、他の車検を選んだりしていないでしょうか。ここではディーラー車検の特徴と、他と何が違うか理解していきましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

Contents

ディーラー車検の特徴

数ある車検がありますが、この中でもディーラー車検とはどのようなものでしょうか。またその特徴とは一体なんでしょうか。ここではディーラー車検とはどのようなものか詳しく紹介します。

自動車メーカーの信頼を持った車検

ディーラー車検とは、自動車メーカー系列の販売会社であるディーラーが実施する車検です。ディーラーはメーカーとしてのブランドを掲げているので、設備、技術レベルともに一定以上の水準を維持しています。ですからディーラー車検とは、自動車メーカーと契約をしている業者なので信頼度はマックスです。

しっかりとしたマニュアルがある

ディーラー車検の最大の特徴として、ブランドに対する信頼性はとても高いです。メーカーが正規ディーラーにしか提供しない新車解説マニュアルや、整備マニュアルがしっかりとあるので安心して任せられるので、その車種独特の分解整備も完璧に行えます。また自社製品の車に対する知識も豊富で、交換した方がよい部品や、車の維持などのアドバイスなどもしてくれるので安心です。

コンピューター制御車種でも車検に出せる

ディーラー車検は、最新モデルのハイブリッドカーでも分解整備できます。なぜならハイブリッドカーなどのコンピュータ制御の最新車種の専用テスターも備えているので、民間の整備工場では対応できない場合でも、ディーラー車検であれば、自社メーカーの車種特有の分解整備や、コンピュータ系の整備にもすべて対応できるからです。

ディーラー車検のデメリット

ディーラー車検の特徴を知った上で、他の車検よりもおすすめできない、ディーラー車検のデメリットとはなんでしょうか。ここではデメリットを詳しく紹介していきます。

民間の車検よりも費用が高い

ディーラー車検は、他の民間車検よりも割高になるのが最大のデメリットです。なぜそこまで車検の値段が割高になるのかは、いくつか理由があります。

純正部品を使う

ディーラー車検の場合は、部品を交換する際に純正部品を使用します。これは他の部品よりも割高になると言われています。しかし社外品の部品を持って行くと、部品を交換する際に使ってくれる場合もあるため、もし希望があればディーラーに相談してみるとよいでしょう。

レパレートが高い

ディーラーは整備を綿密にし、そして安全に次の車検まで乗れるように整備するため、整備項目が多くなり、その分時間もかかります。またほとんどのディーラーでは、レパレートという整備1時間当たりの工賃が、定められています。この場合も民間車検よりも高めに設定されているため整備時間と合わさって工賃が高くなります。

その他のサービス費もプラスされる

ディーラーで新車を買うと、別の整備業者とは比較にならない程、ディーラーのサービスは充実しています。来店時にお菓子や飲み物などのサービスがあったり、子供が遊ぶ場所などもあります。またディーラーの中には、来店時に乗ってきた車を洗車をしてくれたりします。他にもさまざまなサービスがありますが、このようなサービスについても、多少料金を上乗しています。

メーカーの違いには対応できていない

ディーラー車検は、そのメーカーを取り扱っている車の車検がほとんどです。ですから自分の車と同じメーカーのディーラーを選ばないと、ディーラー側が他社メーカーの車の知識が不足になりがちなので、対応ができない場合があります。

整備士が変わってしまう場合も

ディーラーは、全国勤務の場合があります。なので同じ整備士がいい人には注意の異動問題があります。そしてそれは民間よりもディーラーの方が異動が多いようです。ですから今回の車検で整備してくれた整備士が、次回の時には変わってしまう場合があります。

ディーラー車検のメリット

ディーラー車検のデメリットを書きましたが、デメリットがあるという事は、メリットももちろんあります。ではそのディーラー車検のメリットとはどのようなものがあるでしょうか。

車検整備保障がついている

ディーラー車検には、車検整備保障がついています。車検整備保障とは、車検での検査や点検を、しっかりと万全にしている車検業者がほとんどですが、中には整備の不具合で、故障をするという場合があります。このような場合に、整備不良で故障した箇所について、再度無料で整備をするというのが、車検の整備保証という制度です。ですからディーラー車検はアフターサービスがしっかりしているので安心です。

土日祝日でも対応してもらえる

民間の整備工場などは、土日祝日は受けない業者が多いですが、ディーラーでは新車販売などがあるので、土日はほとんど開いているので、車検を受けてもらえない事はかなり少ないです。車検を平日にどうしても行けれないという人には、ディーラー車検は土日祝日も開いているのでオススメではないでしょうか。

純正品を使っている

これはデメリットでも書きましたが、ディーラー車検はメーカーの各車種の純正部品を使用しているので、部品交換の際は純正パーツに替えてもらえます。また、純正パーツは高品質が保証されていて、安心できるという点も一つのメリットと言えます。

保証がしっかり効く

ディーラー車検と違い民間車検は、新車の保証が受けられなくなる場合もあります。また純正ではない部品を使う業者もいて、保証適用外になる場合もあるので注意が必要です。一方ディーラー車検では、車検を受ければその点の不安はないでしょう。

車検とは違う部分でアドバイスがもらえる

ディーラーは当然ですが、自社メーカーの車種についてのデータや知識があります。そのため車検を受ける際の整備以外にも、普段のメンテや車を買替するタイミングなどや、車のケアの方法や何か困ったことがあれば相談に乗ってもらえたりするなど、受ける側にとって最も的確にアドバイスしてくれます。

車検中の代車が無料になるサービスも

車検を受けている時は、車がもちろん使えません。ですからその時は代車を借ります。またディーラー車検の場合だと、代車を借りるサービスの際に無料だけでなく、そのメーカーの新車が代車になることもあります。ですから新車が無料で乗れるというメリットがあります。

費用の見積もりと値引きやサービス

では実際に、ディーラー車検を受ける際に費用はどのくらいかかるでしょうか。またその費用を安くなるポイントやコツなどはあるのでしょうか。詳しくご紹介します。

ディーラー車検の相場

ディーラー車検の費用の相場ですが、乗用車の場合は大体10万円前後が相場と言われています。これは民間のどの車検と比較しても割高です。しかしディーラー車検はサービスの幅が広く、またとてもきめ細やかに作業をしてくれるので、コストパフォーマンスとして考えた時には、決して悪くはありません。

軽自動車で安くなるのか

ディーラー車検では、軽自動車は安くなるのでしょうか。実は軽自動車でも、ディーラー車検はやはり、他のどの民間の車検よりも割高です。また必ずかかる費用として、法定費用と24ヶ月点検費用と代行料を合わせて、6、7万円が相場です。ですがこれは相場を書いていますが、軽自動車の場合はもう少し安くなる印象です。

ディーラー車検を安く受けるためのコツ

ディーラー車検を少しでも安く受けるためのコツとして、車検の整備項目を少なくすると安くできます。またディーラー車検を受ける時期によって、費用をさらに安くできます。

車検の目標台数がある

ディーラーの場合だと、車検の目標台数が実はあります。車検を行うことによって新しい顧客が獲得できると、新車の販売にもつながるため、目標を達成するために車検の営業もしています。ですから車検の連絡が来る時は時期として安くなる可能性があります。

決算月の3月と9月を狙う

ディーラーの決算月である3月と9月は、できるだけ売上をアップするために多めの車検目標が設定されています。ですからこのタイミングで車検を受けるようになると、サービス面や費用面などで優遇される場合が多くあります。

最終の月の週を狙う

最終の月の週を狙うのも安くなるタイミングです。このタイミングでは、決算月の時と同じように、その月の車検目標達成のために、ディーラーは台数を増やすためにサービスする場合が多くあります。また値切り交渉などもできます。

車検以外のサービスが安くなる特典もあり

ディーラー車検を受けると、ディーラーによって差がありますが、グッズのプレゼントやガソリンの割引、またオイル交換などのサービス無料券など便利な面があります。そして普段から車検や点検を、ディーラーに頼んでおくことで、新車購入の時の下取りの際に融通が利くこともあります。

ディーラー以外で車検を受けるときは

車の前で握手

ディーラー車検ではなく、それ以外での車検を受ける場合は、どのような種類の車検があるでしょうか。またディーラー車検とは違うところはどのようなところでしょうか。

ディーラー以外で車検を受けられる場所

ディーラー車検以外で受けられる場所がいくつかあります。

民間整備工場車検(いわゆる民間車検)

ディーラー付属の整備工場とは違い、民間の整備工場が請け負う車検です。場所によっては、ディーラー以上の整備をしてくれるところもあります。

車検専門フランチャイズ

車検規制が緩和して最近増えてきた車検です。例えば車検のみを取り扱っている「車検のコバック」や「ホリデー車検」などが有名です。

カー用品店車検

「オートバックス」などの車のアクセサリーやオイル、タイヤなどを扱うカー用品店でする車検です。最近車検を取り扱っているところが増えています。

ガソリンスタンド車検

その名の通りガソリンスタンドでの車検です。メリットとして自分の家の近くのガソリンスタンドでできたりするので、行く手間がかからなかったりします。

ユーザー車検

自分で陸運支局に出向き、書類の作成から検査まですべて行う車検です。ですから車の整備や車検の手続きに関する知識が必要です。また平日の日中に時間を作らないといけませんが、格安でできます。

民間車検の特徴をきちんと把握しておく

ディーラー車検と比較されるのが民間車検です。では民間車検の特徴ですが、メリットとしては、ディーラーよりも車検の費用が安く、質の高い整備をしてくれます。しかし工場や人によって整備や施設の差が大きく、また品質のばらつき、サービスや保証がディーラーよりも弱いというデメリットがあります。

新車の場合は特に注意

ディーラー車検以外で注意するポイントは、それは新車の場合です。なぜなら民間車検は新車の場合だと、ディーラー保証が受けられなくなる場合があります。また安く仕上げるために、車検をする車のメーカーの純正ではない部品を使う業者もいるので、保証適用外になる場合があるので注意が必要です。

ディーラー車検で愛車のメンテナンスをしよう

ディーラー車検がどういう車検か、またどういう特徴があるか理解する事で、ディーラー車検のメリットとデメリットを理解できたのではないでしょうか。 ディーラー車検は高いというイメージだけが出ていますが、実際は「安心・安全」をしっかりと考えて整備しているから費用が他よりも高くなっています。車検の費用を抑えても、後で費用がかかっては元も子もありません。ですからディーラー車検で、しっかりと愛車のメンテナンスをしていきましょう。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト