中古車売却 中古車買取 コラム

車検

車検にかかる日数は?依頼先別の目安や必要書類とは

更新日:

車検にはさまざまな手間がかかりますので、できるだけ素早く終わらせたいと考える人は多いです。ひとくちに車検を受けるといっても、その方法はさまざまであり、どのやり方で受けるかによって車検にかかる日数は違っています。 方法次第では日数をかけずに素早く車検が受けられますので、方法ごとに必要な期間を知り、スムーズに車検を受けましょう。

高価買取ってほんと⁈
  • 高く買取ってくれる会社を探している
  • 年式が新しいけど事故しちゃって...
  • ローンが残っているんだけど...
高価買取強化中!

実車確認なし‼今すぐ無料査定‼

  • 今すぐ電話で無料査定 0120-991-812 通話無料 (受付時間 8:00~22:00)
  • 自宅で簡単ネット査定 WEB申込はコチラ 24時間受付中!

車検に出す場所とかかる日数の目安

車検が受けられる場所は実にさまざまであり、どこに出すかによって必要な日数は違っています。業者が違えば車検の全体の流れなども違いますので、それぞれの特徴を知った上でどこで受けるか決めることが大切です。そもそも車検はどこで受けられるのかを知り、それぞれでかかる日数の目安も把握しておきましょう。

ディーラーによる車検は

ディーラーによる車検は、業者ごとにかかる日数が違っており、当日仕上げが可能な場合もあれば、2~3日程度かかることもあります。業者ごとに車検のサービス内容は違っており、場合によっては1時間など短時間で車検が受けられるコースもあります。 どのサービスを利用するかによって、必要な日数は違いますが、基本的にはディーラー車検の場合は時間がかかると考えましょう。車検の方法はさまざまですが、通常利用の場合はディーラー車検がもっとも時間を要します。

車検専門のフランチャイズ店は

車検専門のフランチャイズ店は、約30分から3時間で車検が受けられます。車検だけを専門に事業を展開していますので、ノウハウは充実していますし、比較的短時間で車検が受けられるのが特徴です。また同じ業者のチェーン店であれば、基本的には必要な時間は同程度であることも特徴のひとつです。 フランチャイズの場合は、店ごとのサービスの質に差がほとんどありませんので、安定した質でのサービスを求めるのであればおすすめできます。

個人経営などの整備工場の車検は

個人経営などの整備工場の車検は、2日~4日程度がかかることが多いです。整備工場の場合は、工場ごとに作業のスピードや質なども違っており、どこを選ぶかが非常に重要です。特に個人経営の場合は、工場ごとのサービス内容が大幅に違っていますし、どこを選ぶかによって車検にかかる日数も異なります。 もちろん業者によっては素早く車検を終えてくれる場合もあり、最短で1泊2日での納車も可能です。工場の車検は当たり外れが大きいため、事前にしっかり下調べをしてから利用する業者を選ばなければなりません。

カー用品店での車検は

カー用品での車検は、約1時間~1日程度のところが多いです。これも店舗によってサービス内容は違っており、どこを利用するかによって必要な期間は異なります。基本的にはスピーディーに車検を受けられることが多く、即日完了の店舗も増えています。 ただし、同じ店舗でも担当するスタッフによって、整備の質や車検にかかる時間も異なるので注意が必要です。どの店舗を利用するかだけではなく、誰に担当してもらえるかも重要です。

ガソリンスタンドでの車検は

ガソリンスタンドでの車検は、2、3時間~2、3日程度と期間にかなりの幅があります。これは店舗ごとの違いもありますが、店の混雑状況が大きく影響しています。他にも車検を受ける客がたくさんいる場合などは、車検に時間がかかることも多いので注意が必要です。 反対に混んでなければ早く終わる場合も多く、当日中に終わることも少なくありません。車検にかかる日数は、混雑状況に左右されますので、正確な必要期間を読み取るのが難しいです。

自分で持ち込むユーザー車検は

自分で持ち込むユーザー車検は、30分~2、3日程度が目安です。ユーザー車検もかかる日数に幅がありますが、これは一発で車検が通るかどうかによって必要な期間が異なるからです。検査を受けて一発で合格となれば、当日中には終えられますが、不具合があり、再検査となれば整備をし直してから再度持ち込まなければなりません。当日すぐに直せるものであれば問題はありませんが、整備や修理が必要な場合は複数日かかってしまいます。

車検にかかる日数が異なる理由

車検はどの方法で受けるかによってかかる日数が異なりますが、これには理由があります。なぜ日数が違うのかを知るためには、方法ごとの車検内容の違いを理解しておくことが大切です。受ける場所によって車検内容はどのように違うのか、どのような要因によって期間が異なるのかを理解しておきましょう。

検査の仕方が異なる

車検にかかる日数が違う理由としては、検査の仕方が異なることが挙げられます。業者ごとに検査のやり方は違っており、じっくり丁寧におこなう場合もあれば、素早くスピーディーにおこなうこともあります。たとえばディーラー車検の場合は、質を重視する傾向にあり、厳密なチェック項目で丁寧に点検、整備をおこなうため時間はかかりやすいです。 対してフランチャイズ店の場合は、検査方法をマニュアル化することでスピードが重視されており、最低限の検査項目だけで車検を終えます。車検に対して質を求めるのか、時間を求めるのかを考えた上で、利用する業者を選ぶことが大切です。

車検が混んでいる

車検にかかる日数は、業者ごとの混雑状況によっても違ってきます。いかにスピーディーに仕上げてくれる業者でも、混雑していれば通常よりは時間がかかりますし、これは仕方ありません。車検の時期は人によって違いますので、繁忙期などはなく、いつが混んでいるのかが分かりにくいです。 そのため運が悪ければ混雑した店にあたってしまい、余計に時間がかかることもあります。車検に求めるものはさまざまですが、整備の質を求める人は多いため、ディーラー車検は混雑しやすいです。

整備士の人数の差

車検にかかる日数は混雑状況だけではなく、整備士の人数によっても違ってきます。整備士の数が多ければ車検は早く終わりやすく、フランチャイズ店やカー用品店などは常駐の整備士が多い傾向にあります。対して個人経営の整備工場は、規模によって整備士の数が異なるので、かかる日数にかなりの差が出るので注意が必要です。 それほど混雑していない場合でも、整備士の数が少なければそれだけで時間はかかってしまいます。ある程度混雑している場合でも、整備士の数が多ければ素早く車検が受けられることもありますし、業者の規模も確認しておくことが大切です。

外車部品の調達に日数がかかることも

車検時には車の点検、整備をおこないますので、不備があれば部品交換をおこないます。この場合、国産車であればすぐに部品は見つかりますが、外車の場合は部品の調達だけでも時間がかかるので注意が必要です。外車の場合は、海外から部品を取り寄せる必要があり、部品交換や整備だけでもかなりの時間がかかります。外車や限定車など、特殊な車に乗っている場合は、車検に時間がかかりやすいことは覚えておきましょう。

1年ごとに車検が必要な車とは?毎年の車検費用も車種別にご紹介

車に乗るためには車検を通さなければならず、これは法律によって有効期限が決められています。通常車検では2~3年が基本となりますが、車によっては1年で車検を受けなければならないものもあります。車検の有効期 ...

続きを見る

忘れずに持参しよう車検に必要な書類

車検時にはさまざまな書類を提出しなければならず、それらに不備があると車検が受けられなくなるので注意が必要です。きちんと書類を揃えていれば手続きもスムーズに進められますし、車検にかかる時間も短縮できます。車検の方法によって必要書類は違いますので、それぞれの場合で何が必要かを知っておきましょう。

ディーラーなどのお店に依頼する場合

ディーラーなどのお店に依頼する場合は、車検証・自動車損害賠償責任保険証明書・自動車税納税証明書(継続検査用)などが必要です。基本的には業者に委託すれば細部の手続きはすべて代行してくれますが、最低限の書類は自分で揃えなければならないので注意しましょう。

自分でユーザー車検を受ける場合

自分でユーザー車検を受ける場合は、業者に依頼する場合の書類に加えて、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要です。追加で必要なのは当日窓口で入手する書類がほとんどですが、自分で受ける場合は必要書類が多くなることは覚えておきましょう。

軽自動車の場合

軽自動車の場合も、基本的には必要書類は同じですが、軽自動車特有の必要書類としては、軽自動車納税証明書が挙げられます。これは普通自動車の場合では、自動車税納税証明書に該当するものです。軽自動車の場合は、自動車税の名称が軽自動車税と違っていますので、書類の名前も違うことは理解しておきましょう。

愛車と自分の都合に合った車検を選ぼう

車検にかかる日数は受ける方法によって異なります。早ければよく、時間がかかれば悪いというものではありませんので、自分の都合や愛車の状態に合わせて適切な方法選ぶことが大切です。車検にスピードを求めるのか、整備の質を求めるかなどをしっかり考え、納得できる方法で車検を受けましょう。

車検費用が高額になった場合

車検の際に必要になる費用は点検費用と整備費用の2つがあります。点検費用は基本的にぶれる事はありませんが、整備費用に関しては車が古くなってくると一気に費用が膨れてしまう部分でございます。車がそういった期間に入ってしまった場合は、その後も修理やパーツ交換が続く事になりますので、車の買い替えを行ってしまった方がコスパが改善する事になります。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

日本全国の中古車情報

中古車の買取相場情報を都道府県ごとにご紹介しています。都道府県別の車買取の特徴や、車買取に関して知っておきたい豆知識などについても掲載していますので、下記のリンクからご覧ください。

-車検
-

© 2021 中古車買取に関するコラム | カーネクスト