沖縄県 中古車買取

沖縄県の中古車買取なら カーネクストにお任せください カーネクストにお任せください

  • 走行距離10万km OK!
  • 年式10年以上 OK!
  • 全メーカー車種 対応!
カーネクストは訪問査定は一切ございません‼ご安心してお問合せください。

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和4年(2022年)
  • 令和3年(2021年)
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

SSL暗号化信号

当サイトではプライバシー保護のため、「SSL暗号化通信」を実現しています。お客様の情報が一般に公開されることは一切ございませんので、ご安心ください。

沖縄県の車買取実績多数あり‼

高価買取挑戦中!愛車を売るなら今がチャンス!

沖縄県の高価買取事例

カーネクストが沖縄県 で買い取らせていただいたお車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

沖縄県那覇市のお客様
レクサス LS600h 【年式】平成22年式 【走行距離】180,000 km 【成約日】
レクサス LS600hの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
55.0 万円 パールホワイト Iパッケージ AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
5,000cc バッテリ交換ランプ点灯 複数の細かい傷、へこみあり 年式相応

※横にスクロールしてください。

買取金額 年式 カラー グレード ミッション 排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
55.0 万円 2010年 パールホワイト Iパッケージ AT 5,000cc バッテリ交換ランプ点灯 180,000 km 複数の細かい傷、へこみあり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
走行距離が長く、バッテリーの交換が必要となるお車ですが、レクサスの中でも人気のある上位グレードのため、高価買取させていただきました。
沖縄県那覇市のお客様
ポルシェ 911 【年式】平成10年式 【走行距離】80,000 km 【成約日】
ポルシェ 911の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
50.0 万円 911カレラ MT6速
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
3,400cc 良好 ドアとフェンダーに錆あり・ヘッドライト、テールランプ交換歴あり 年式相応

※横にスクロールしてください。

買取金額 年式 カラー グレード ミッション 排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
50.0 万円 1998年 911カレラ MT6速 3,400cc 良好 80,000 km ドアとフェンダーに錆あり・ヘッドライト、テールランプ交換歴あり 年式相応
お客様コメント
住んでいる場所の買取に対応していたため決めました。引取り対応も良く、安心できる取引でした。
カーネクストのコメント
年式が古く錆のあるお車でしたが、ポルシェの中でも大変人気の高いモデルで左ハンドル、かつMT6速ということもあり、高価買取させていただきました。
沖縄県糸満市のお客様
トヨタ カムリ 【年式】平成24年式 【走行距離】90,000 km 【成約日】
トヨタ カムリの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
40.0 万円 ハイブリッド レザーパッケージ AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
2,500cc 良好 薄い傷あり 年式相応

※横にスクロールしてください。

買取金額 年式 カラー グレード ミッション 排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
40.0 万円 2012年 ハイブリッド レザーパッケージ AT 2,500cc 良好 90,000 km 薄い傷あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
薄い傷などが見られるお車でしたが、海外で絶大な人気を誇る車種、かつハイブリッド車ということもあり、高価買取させていただきました。

沖縄県の車買取相場

※横にスクロールしてください。

メーカー・車種 買取金額 成約日 エリア 年式 走行距離 走行可否
日産
フェアレディZ
100.0 万円 2021-03-01 沖縄県
島尻郡南風原町
1975年 33,950 km
スズキ
キャリイトラック
82.0 万円 2021-01-11 沖縄県
国頭郡本部町
2020年 900 km
いすゞ
フォワード
75.0 万円 2020-03-11 沖縄県
那覇市
2008年 30,000 km
ダイハツ
ハイゼットバン
57.0 万円 2021-02-09 沖縄県
沖縄市
2015年 49,628 km
レクサス
LS600h
55.0 万円 2019-01-11 沖縄県
那覇市
2010年 180,000 km
ポルシェ
911
50.0 万円 2021-01-15 沖縄県
名護市
2001年 78,000 km
ポルシェ
911
50.0 万円 2020-11-04 沖縄県
那覇市
1998年 80,000 km
トヨタ
ランドクルーザー
50.0 万円 2020-09-03 沖縄県
沖縄市
1991年 206,000 km
三菱ふそう
ファイター
50.0 万円 2020-06-20 沖縄県
浦添市
1989年 126,000 km
スズキ
ワゴンR
50.0 万円 2020-01-16 沖縄県
中頭郡北谷町
2017年 30,000 km
沖縄県でも中古車高価買取

現車確認なし、他社の査定額と徹底対抗!!

24時間受付中 カンタン入力6項目まずはWEBからお問い合わせ

沖縄県の中古車買取カーネクスト

沖縄県で中古車買取をお探しならカーネクストにお任せください。
沖縄県のカーネクストは、沖縄県内の一部離島を除き全域で中古車買取を行っています。沖縄県は海に囲まれ自然あふれた150を超える島々からなります。海に近い地域では、どうしても潮風の影響を受ける機会が多く、車は塩害により劣化がしやすくなっています。車の状態によっては中古車買取を断るお店もあるかもしれませんが、沖縄県のカーネクストはどんな車も査定OKの買取対象となっています。

なぜ、カーネクストは高価買取が出来るの?

沖縄県のカーネクストが中古車査定で高価買取価格をご提示出来る、3つの理由をご紹介します。

  • 1.全国13,000社以上の業者ネットワーク

    沖縄県のカーネクストは、全国に13,000社以上の業者とのネットワークがあり、国内だけでなく国外にも幅広い独自の販路をもっています。そのため、低年式車や多走行車など中古車市場では一般的に価格がつきづらい車に対しても、買取をつけることが可能です。沖縄県はもともと自動車の需要が高いこともあり、県内には中古車買取店も多くあるとは思いますが、買取車両の販路が県内のみとなる買取店と比べると、全国や国外に販路をもつカーネクストは高い買取価格の提示が可能になっています。

  • 2.コストカットによる買取額アップ

    沖縄県のカーネクストは徹底したコストカットによって買取価格を高くすることが出来ています。コストカットの具体的な方法が実店舗を置かない中古車買取スタイルであることです。沖縄県のカーネクストは実店舗を置くことでかかる運営費用や人件費などをコストカットしています。実店舗を持たないことで浮いた固定費を削減し、買取価格へと還元ができています。

  • 3.状態が悪くても買取可能

    沖縄県は台風の通り道になっていることが多く、海も近いため塩害に見舞われやすい地域となっています。また自動車社会のため移動手段に車の利用する機会も多く、定期的に乗り換えや購入する人が多くなっています。多走行車や塩害による錆や腐食、水害車などの場合買取対象とならないと思われるかもしれませんが、カーネクストはリサイクル業者や部品どり業者、自動車海外業者との直接提携も行っているため、例え状態が悪くても買取が可能になっています。

沖縄県のカーネクストの強化買取(トヨタ)

沖縄県で【トヨタ自動車】の買取を強化中!

沖縄県のカーネクストは【トヨタ車】の買取を強化中です。買取強化中のトヨタ車の一部をご紹介します。

カーネクストがトヨタ車種を高価買取できる理由

トヨタ自動車のビジネスカーカテゴリにおいて、最も人気が高いと言われている車がハイエースバンです。ハイエースシリーズは、国内だけでなく海外でも注目されている商用車です。ハイエースの場合、元々商用車として設計されているため耐久性が高く、シンプルで頑丈なつくりとなっています。そのため多走行で10万キロをこえていても、低年式で10年以上経過していてもまだまだ使用できる車となっており、特に海外では高い需要があります。沖縄県のカーネクストは独自の国外への再販ルートを保有していますので、ハイエースは特に高価買取が可能になっています。

沖縄県の中古車買取の特徴

沖縄県の中古車買取にはどのような特徴があるのでしょうか。
沖縄県は南西諸島にあるいくつかの島によって構成されています。最も島面積が大きい沖縄本島、西表島や石垣島、宮古島、久米島などを含め、県内には160の島(島面積0.01平方キロメートル以上)があります。県庁所在地は沖縄本島にある那覇市です。沖縄県内には中古車オークション会場があり、沖縄県内だけでなく九州地方などからも業者が仕入れのため参加します。オークションの出品をする買取業者では仕入れのために買い取りに力をいれるため価格競争が起こり、付近の業者では車買取価格が高くなりやすいようです。

沖縄県はどんな地域?

沖縄県は、日本の九州地方の西南側にある南日本気候の地域です。年間平均気温は約22℃となり、猛暑日は少なく冬季の平均気温も高いことからリゾート地として知られています。リゾート観光の名所として、沖縄美ら海水族館や、自転車でも一周できる竹富島、石垣牛で有名な石垣島、那覇観光ではほとんどの人が訪れる国際通りなどがあります。沖縄県特有の名産品も多く、泡盛やオリオンビール、ちんすこう、ソーキそばなど人気があります。

沖縄県内の交通事情とは

沖縄県の島内での移動は、主に自動車が利用されていてほぼ自動車社会となっています。県内の離島間の移動は空路がメインです。沖縄本島では自動車社会による影響で自動車の運行率が高く、慢性的な渋滞が起こっていました。その渋滞緩和のために2003年沖縄都市モノレールが開業しました。その沖縄都市モノレールは2021年現在、那覇空港から浦添市内まで開通しています。自動車の需要が高い沖縄県では、経済復興の特例措置としてガソリン税の軽減や、自賠責保険料の保険料率を下げるなどの措置がとられています。また車を購入しやすい仕組みがあることで、自動車の流通が盛んなことから中古車買取の価格相場も高い傾向にあります。

沖縄県の人気買取車種ランキング

沖縄県で人気が高い買取車種ランキングは下記のとおりです。ランキングはトップを除いて全て、軽自動車がランクインしていました。沖縄県は自動車社会で車が要り用になることや、世帯当たりに一台では足りないこともあり、維持費や購入費用が抑えられる軽自動車の需要が高くなっています。

沖縄県で売却される車の特徴

沖縄県には鉄道が通っておらず、交通移動手段は自家用車が主となっている自動車社会です。沖縄県では観光の際に利用されるレンタカー会社の需要も高く、レンタカーとして使用されていた中古車の流通しています。台風は海水を巻き上げ、塩分を含んだ雨を降らせます。塩分を含んだ雨が車に付着すると、頑固なシミとなり金属の腐食を進行させてしまいます。また、海の潮風を浴びることでも塩分は車のボディに付着し、下回りなどの錆の原因となります。台風が多く海が近い沖縄県で売却される車は、こういった理由から錆があるものが多いです。ボディや下回りの錆は大きな減額の対象となるため、定期的に洗車して塩分を落とすことが大切です。また、観光客向けのレンタカー業者が多い沖縄県では、レンタカーとして使用していた車が売却されることも多いです。レンタカーでは運転しやすいコンパクトカーや燃費の良いハイブリッド車などが選ばれやすく、中古車市場にも数多く流通しています。

沖縄県の対応地域

中古車買取完了までのカンタン4STEP

  • STEP01
    無料査定依頼

    お電話またはフォームから無料査定をお申込みいただけます。
    カーネクストは訪問査定なし・現車確認なしで査定金額のご提示が可能です。

  • STEP02
    お引取り

    買取り車両のお引取りは、車の保管先まで無料で伺います。

  • STEP03
    必要書類の返送

    車買取り手続きに必要な書類をご準備いただき、お送りください。
    車買取り手続きに面倒な申請等は費用無料で代行いたします。

  • STEP04
    お振込み

    引取り完了後、車買取り手続きが完了しましたら買取金額をご指定の口座までお振込みいたします。

車買取手続きに必要な書類

車を売却する際に必要となる書類は、下記の6つです。

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・自動車税納税証明書
  • ・印鑑証明書
  • ・自賠責保険証明書
  • ・リサイクル券
  • ・実印

所有者が書類記載の住所から転居している場合や、車の名義がご自身でない場合は、追加で書類が必要となります。詳しくは、普通車の買取に必要な書類軽自動車の買取に必要な書類でご確認ください。
カーネクストでは、お客様の状況によって必要となる書類をお電話でもご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

沖縄県でも中古車高価買取

現車確認なし、他社の査定額と徹底対抗!!

24時間受付中 カンタン入力6項目まずはWEBからお問い合わせ

沖縄県の車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

ローンが残っている車でも売却できる?

ローンが残っているお車を売却する場合、基本的にはローンを完済していただく必要があります。ローンの残債がある車の場合、車の所有者はディーラーや金融機関になっています。車の売却は所有者の許可なく行うことはできないため、ディーラーや金融機関に連絡し、所有権解除書類を出してもらう必要があります。しかし、所有者がお客様ご本人様の場合などは、売却が可能となる場合もございます。詳しくは、一度カーネクストまでお問い合わせください。

車検切れの車でも売却できる?

車検が切れているお車でも売却は可能です。しかし、車検切れのお車では公道を走行することができないため、積載車での引き取りとなります。車買取業者によっては積載車での引き取りができないこともあるため、事前に申告しておくようにしましょう。カーネクストでは、積載車が必要な車検切れのお車であっても、お客様がレッカー費用を負担することは一切なく、無料でお引き取りさせていただきます。

査定後に減額されることはある?

車買取業者に車を引き渡した後で修復歴や不具合などが発覚した場合、提示された査定額から減額されることがあります。修復歴などを意図的に隠していた場合は、この減額に応じる必要があります。しかし、中には実車査定で車を確認したにもかかわらず、後から傷やへこみなどを理由に減額する業者もいるので注意しましょう。
カーネクストでは実車査定を行っておらず、お電話にて全ての査定が完了します。虚偽の申告があったり、事故などで車の状態が大きく変わってしまうようなことがない限り、査定後の減額はありませんので安心してご利用いただけます。

車の売却で戻ってくる還付金は?

普通自動車の場合、車を売却すると車の所有者ではなくなるため、毎年4月1日に課税される年額の自動車税のうち、売却が完了した翌月以降の月数分は本来支払い義務がありません。しかし、この本来受け取ることが出来る自動車税の還付金を自社の利益とする業者もいるため、事前に自動車税の還付を受け取れるかどうか確認しておくことが必要です。
カーネクストの普通自動車の買取の場合、自動車税の還付に必要なお手続きも全て無料で代行させていただき、買取り手続き完了後の残月数分の還付をお受け取りいただけます。何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

下取りより中古車買取がお得って本当?

乗り換えで今乗っている愛車を売却する場合、新しい車を購入するディーラーに下取りに出すか、中古車の買取業者に買い取ってもらうか迷う方も多いかと思います。ディーラーにそのまま下取りに出してしまえば楽ですが、実はディーラーの下取り価格に比べ、中古車の買取業者の買取価格の方が10万円ほど高くなることもあるのです。下取りよりも買取の方がお得になる理由について詳しく見ていきましょう。

販路の違い

ディーラーの主な業務は車の買取ではなく新車の販売で、下取りはあくまでも新車購入のきっかけにすぎません。そのため、買い取った車の販路が少なく、車を買い取っても売れる確証がないことから、高値での買取が難しくなってます。これに比べて車買取業者は、車を買い取ることが主な業務であるため、豊富な販路を持っています。これにより、買い取った車が高く売れる販路を選ぶことが可能となり、高価買取へとつなげることができるのです。

ディーラーの下取りの仕組み

ディーラーと新車の値引き交渉などを行っていると、「これ以上の値引きは厳しいですが、下取り額を上げるのでそれで調整させてください」などと言われることがあるかもしれません。新車の総支払額が抑えられることに変わりはないので、一見得をしたように感じますが、これはディーラーが損をしないための仕組みなのです。
ディーラーは実際の中古車市場の相場よりも、かなり低い金額を下取り額として提示してくることがほとんどです。これは、ディーラーが新車の値引き額を大きくしすぎても、下取り額を低く見積もることで、その分の利益を回収できるようにするためです。つまり、下取り額を上げると言われても、実際の中古車市場の相場よりも低い金額を提示されている可能性が高いのです。

中古車買取ってどんな風に査定されるの?

中古車買取の査定価格は、車の状態やスペックなど様々な要因によって決定されます。車種やグレードを絞ることでおおよその相場を調べることはできますが、買取を行う場所の違いなどによっても買取価格は変動するのです。中古車買取査定を受けると、どのような部分がチェックされるのでしょうか。自分の愛車に付いた価格が適正であるのかどうかを判断するためにも、中古車買取の査定を受ける前にご確認ください。

車種

車買取価格を決定する要因として思い浮かべやすいのは、車種の違いではないでしょうか。新しい車種や人気が高い車種は中古車市場でも人気が高くなるため、高値で買い取ってもらうことができます。また、車はモデルチェンジが実施されると新しいモデルに人気が集中するため、古いモデルの価値が下がってしまいます。車を売却する際は、モデルチェンジの時期を意識しておくようにしましょう。

グレード

年式が古い車の場合、グレードによって買取価格に大きな差が出ることはありませんが、年式が新しい車の場合、グレードが車買取価格を大きく左右することもあります。グレードが高い車は走行性能が高く、オプション装備なども充実しているため、その分買取価格も高くなるのです。また、流通台数が限られている特別仕様車や限定モデルなどは希少価値が高く、中古車相場が高騰するため高値で買い取ってもらえます。

年式

車の年式は買取価格に大きく影響します。年式が古い車は中古車として売れにくいだけでなく、自動車税が増額になったり修理費用がかさむなどといった理由から敬遠されがちです。また、車を購入してから10年が経過すると、車の価値が大きく下がってしまうと言われています。10年経過した車はパーツなどの劣化が進み、修理や交換が必要となることが多く、そのまま中古車として再販売するのが難しいためです。しかし、80~90年代の車の中にはプレミアが付いているものもあり、そういった車であれば、年式が古くても高値が付くことがあります。

走行距離

中古車として再販売する際は長く乗れる車が高く売れるため、走行距離が短ければ短いほど高く買い取ってもらうことができます。一般的に車は、一年間で10万キロの走行が平均であると言われているため、走行距離が10万キロを超えた車は10年落ちの車と同じ扱いとなりますしかし、海外では走行距離をあまり気にせず車を使用するため、20万キロを超えた車であっても使用されていることが多いです。そのため、走行距離が10万キロを超え、日本では値段が付かないような車であっても、海外では高値で買い取ってもらえる可能性があります。日本国内だけでなく海外への販路を持つ車買取業者であれば、そういった点を考慮した上で買取価格を付けてくれるので、高価買取が期待できます。

カラー

ボディカラーの違いによって車買取価格が大きく変わることもあります。買取価格が高くなりやすい色は黒や白、シルバーなどの定番の人気カラーで、中古車として再販売する際も売れやすい色味であるため、他の色味に比べると高値が付きやすくなっています。反対に、オレンジやピンクなどの奇抜な色やパステルカラーなどの珍しい色味は、人によって好みが分かれるため売れにくく、買取価格が低くなる傾向にあります。しかし、車種によっては特定の色の買取価格が高くなることもあります。例えば、フェラーリなどは赤色をイメージする人が多く人気も高いため、赤色が高値で売れます。

排気量

排気量が大きい車は馬力が高く走行性能も良いため、高値で売れやすくなります。特に海外では馬力が高い車が好まれ高額で取引されやすいため、日本国内だけでなく海外への販路を持つ車買取業者は、排気量の大きい車であればあるほど高値で買い取ってくれます。また、排気量が大きい車はエンジン自体が大きいため、車両重量が重くなります。そのため、中古車として再販売できず解体するような車であってもパーツとしての価値が高くなり、高値が付く可能性があります。

走行状態

車の走行状態は部品の状態などによって異なりますが、車の心臓部分とも言えるエンジンに異常があった場合はそのまま中古車として再販売をするのが難しく、修理や交換にも多額の費用が必要となるため買取価格が低くなってしまいます。また、エンジンに異常がある場合は不動となることも多く、その場合は引き取りにもレッカー車などが必要となるため、その分の費用が差し引かれることもあります。事故歴や修復歴がある車も買取価格は低くなります。こういった履歴がある車は、その箇所を修理したとしても他の箇所に不具合が起こる可能性があるためです。しかし、事故歴や修復歴を隠したまま車を売却するとトラブルに発展することもあるため、隠さずにきちんと申告するようにしましょう。

外装

車に数年乗っていると、多少の傷やへこみがあるのは仕方のないことです。小さな傷やへこみの場合は簡単に修復することができるため、買取価格に大きく影響することはありません。しかし、板金や再塗装、部品交換などが必要となるような大きな傷やへこみがある場合、修復するのに手間と費用がかかるため買取価格は低くなってしまいます。傷やへこみによって買取価格が下がると聞くと、修復してから査定に出すことを考える方もいるかと思いますが、傷やへこみを無理に自分で修復しようとすると、かえって悪目立ちしてしまう可能性があります。そういった場合は業者が手直しをしなくてはならず、初めから業者が修復作業を行った場合よりも手間がかかってしまいます。傷やへこみがあると気になるかと思いますが、自分できれいに修復できる自信がない方は、手を加えずにそのまま査定に出すようにしましょう。

内装

外装だけでなく内装の状態も車買取価格に影響します。シートに大きなシミがあったり穴が開いている場合などは、そのまま中古車として再販売することができず交換が必要となるため、買取価格が低くなってしまいます。また、タバコのニオイやヤニ汚れ、ペットのニオイなども新しい買い手が嫌がるため、買取価格を下げてしまう原因となります。これらのニオイが付着してしまっている場合は、消臭スプレーを利用したり掃除機をかけるなどして掃除しておくようにしましょう。

買取り地域

車の需要は地域によって異なります。車の需要が高い地域であれば中古車も売れやすくなるため買取価格は高くなり、過疎化や高齢化が進んでいる地域では中古車が売れにくいため、買取価格が低くなる傾向にあります。また、車を使用していた地域の気候が、車買取価格に影響することもあります。例えば、北海道や東北地方、北陸地方などの豪雪地域では、道路に撒かれた融雪剤などによって車の足回りが錆びやすくなります。沖縄などの海沿いの地域では、潮によって錆びが発生したり、砂によるボディへのダメージが大きくなりやすいなどといった影響があります。こういった地域で使用されていた車は都市部で使用されていた車に比べると、買取価格が低くなってしまう傾向にあります。さらに、車買取業者が買い取った車を出品する中古車オークションの規模の違いなどによって、買取価格が変動することもあります。東京などの都市部では中古車オークションの規模も大きくなるため中古車が売れやすくなり、買取価格が高くなる傾向にあります。

車検の有効期限

車検の有効期限の残りが長ければ長いほど、車買取価格は高くなります。車検の有効期限が切れるタイミングで車を買い替えたり廃車にする人は多く、中古車市場には車検切れの車が大量に流通しています。そのため、「車検整備付き」という付加価値があれば新たに車検を受ける手間や費用もかからないため、中古車として売れやすくなるのです。

車の売却前に知っておきたい豆知識

こんな車でも売却できる

沖縄県の運輸支局

運輸支局とは、国土交通省の地方支分部局である地方運輸局の下部組織のことで、新規登録や変更登録、抹消登録など、車に関する様々な手続きを行う場所です。 沖縄県には3ヶ所の運輸支局がありますが、車に関する手続きは所在地管轄の運輸支局で行う必要があります。
沖縄県の各運輸支局の住所、電話番号、管轄地域などは下記をご参照ください。

※横にスクロールしてください。

運輸支局 住所 電話番号 対応地域
沖縄総合事務局陸運事務所 〒901-2134
沖縄県浦添市字港川512番地の4
050-5540-2091 那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡
宮古運輸事務所 〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1037番地の1
050-5540-2092 宮古島市、宮古郡
八重山運輸事務所 〒907-0002
沖縄県石垣市字真栄里863番地15
050-5540-2093 石垣市、八重山郡

沖縄県の軽自動車検査協会

軽自動車検査協会とは、道路運送車両法に基づき、国に代わって軽自動車の検査事務を行う機関のことで、軽自動車の新規登録や変更登録、抹消登録などの手続きを行う場所です。 沖縄県には3ヶ所の軽自動車検査協会がありますが、手続きは所在地管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。
沖縄県の各軽自動車検査協会の住所、電話番号、管轄地域などは下記をご参照ください。

※横にスクロールしてください。

軽自動車検査協会 住所 電話番号 対応地域
沖縄事務所 〒901-2134
沖縄県浦添市字港川512番12
050-3816-3126 那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡
沖縄事務所 宮古分室 〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1114番地の1
050-3816-3127 宮古島市、宮古郡
沖縄事務所 八重山分室 〒907-0002
沖縄県石垣市字真栄里863番地の16
050-3816-3128 石垣市、八重山郡

自動車税に関するお問い合わせ先(沖縄県)

自動車税事務所では、自動車の所有者等に対して課税される自動車税(種別割)に関する事務を行っています。自動車税(種別割)の対象となる自動車は、道路運送車両法の適用を受ける自動車のうち、普通自動車と三輪以上の小型自動車となります。軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車・原動機付自転車には、軽自動車税(種別割)が課せられ、取扱いは各市町村が行います。
沖縄県の各自動車税事務所の住所、電話番号、管轄地域などは下記をご参照ください。

※横にスクロールしてください。

自動車税事務所 住所 電話番号 対応地域
沖縄県那覇県税事務所 〒900-0029
沖縄県那覇市旭町116-37(沖縄県南部合同庁舎2・3F
(平日午前8時30分から午後5時15分)
098-867-1377 那覇市,糸満市,豊見城市,南城市,西原町,与那原町,南風原町,渡嘉敷村,座間味村,粟国村,渡名喜村,南大東村,北大東村,久米島町,八重瀬町
沖縄県自動車税事務所 〒901-2134
沖縄県浦添市字港川500-10
(平日午前8時30分から午後5時15分)
098-879-1621 宜野湾市,浦添市,北谷町
沖縄県八重山事務所県税課 〒907-0002
沖縄県石垣市字真栄里438-1(沖縄県八重山合同庁舎 1階)
(平日午前8時30分から午後5時15分)
0980-82-3045 石垣市,竹富町,与那国町
沖縄県名護県税事務所納税班 〒905-0015
沖縄県名護市大南一丁目13番11号(沖縄県北部合同庁舎1階)
(平日午前8時30分から午後5時15分)
0980-52-5138 名護市,国頭村,大宜味村,東村,今帰仁村,本部町,恩納村,宜野座村,金武町,伊江村,伊平屋村,伊是名村
沖縄県コザ県税事務所自動車税班 〒904-2155
沖縄県沖縄市美原一丁目6番34号(沖縄県中部合同庁舎 1階)
(平日午前8時30分から午後5時15分)
098-894-6502 沖縄市,うるま市,読谷村,嘉手納町,北中城村,中城村
沖縄県宮古事務所県税課 〒906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里1125(沖縄県宮古合同庁舎 1階)
(平日午前8時30分から午後5時15分)
0980-72-2553 宮古島市,多良間村

エリア別 車情報

TOP