中古車 買取 流れ

カーネクストの中古車買取の流れ

中古車買取カーネクストの買取の流れをご紹介します。
カーネクストは、査定のご依頼から買取完了まで、カンタン4ステップで完了します。
中古車査定のお申込は、お電話またインターネットのフォームよりお承りしております。まずは車買取の相談だけしてみたいという方も、お電話にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

1.査定のお申込みからご契約まで

売りたい車はいくらで売ることが出来るのか、カーネクストはお電話ですぐに中古車査定の買取価格をご提示することが可能です。現車確認なしで最終査定価格のご提示が出来るため、実車査定の日程調整などは不要で、査定費用は一切かかりません。査定結果の買取金額にご納得いただければ、買取のご契約をすすめさせていただきます。もちろん、買取金額に満足いただけない場合はお断りいただくことも可能です。

査定のお申込方法について

カーネクストの中古車査定のお申込は年中無休で承っています。
お電話(0120-301-456)は午前8時から午後22時まで、査定担当スタッフが受け付けています。インターネットのフォームからは24時間お申込みいただくことが出来ます。

現車確認なしの中古車査定

お車の買取金額は、お電話またはインターネットフォームよりご入力いただいた車両の情報を基に、お電話で内容を確認後、現車確認なしで最終査定結果をご提示させていただきます
お手元に車検証など詳細がわかるものをご準備の上お問い合わせいただくと、車検証の情報から、より正確な車の相場を確認することが出来るため、査定額をスムーズにお伝えすることができます。
中古車査定はお電話で完了します。査定時に虚偽の申告があったり、ご契約後に事故などで車の状態が著しく変わってしまうようなことがない限り、査定後の減額はありませんので安心してご利用ください

車検切れの車・不動車も査定可能

車検が切れているお車や、動かないお車でも、レッカー代無料で引き取りさせていただきます。現車確認なしで査定を行いますので、持ち込み査定が出来ないお車も、中古車査定が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

自動車税還付が受け取れます

普通自動車の場合、年額の自動車税(種別割)を前以て納付します。カーネクストの中古車買取では、車の買取金額とは別に自動車税の還付を受け取ることが可能です。ただし、3月に買取手続きを完了した場合は、自動車税の還付は発生しません。

矢印

2.買取車両のお引取

お車買取のご契約を結ばせていただいた後に、引取日の調整をさせていただきます。お車の引取は、車の保管場所まで直接伺います。引取りは一部の離島を除き全国対応しており、引取り費用は無料となっています。

引取日の調整

車の引取日はお客様にご指定いただけます。引取可能な曜日は、基本的に平日または土曜日となります。お急ぎの引き取り日程をご希望の場合や、日曜日や祝日の引取をご希望の場合は、一度ご相談ください。
詳細な引取時間のご指定はいただけませんが、午前または午後のご希望を承ることは可能です。ご指定いただいた引取日前日の夕方頃までに、引取に伺う担当業者から詳しいお時間帯についてのご連絡を直接させていただきます。

矢印

3.必要書類の準備

お車の買取のためご準備いただく必要書類について、ご契約時にご説明させていただきます。お客様の車両登録のご状況によっては、追加で書類が必要となるケースもございます。その場合も担当スタッフからご案内させていただきますので、ご安心ください。
カーネクストは、お車買取の際に必要となる書類手続きも全て無料で代行いたしますので、手続きに必要な運輸支局での手数料等をお客様からご負担いただくことはありません。

必要書類の受け渡し方法

お車の買取に必要な書類の受け渡し方法は、郵送にて返信封筒でご返送いただく、または当日に手渡しで承ります。お預かりした書類は、カーネクストの書類担当専門スタッフが確認します。

矢印

4.買取金額のお振込み、買取手続き完了

お車の引取が完了し、お預かり書類に不備がないことが確認できましたら、弊社にてお車の買取手続きを代行いたします。
買取手続きが完了した時点でお客様にご連絡させていただき、完了確認から2週間前後でお客様ご指定の口座に車の買取金額をお振込みさせていただきます。ゆうちょ銀行やネット銀行などへのお振込みにも対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。

お買取り車両のその後

お客様からお買取りさせていただいたお車は、まず買取手続きの際に名義変更手続きを行います。その後、中古車オークションへの出品や国内で再販売を行うことで、新しいオーナーへとつなげます。また、カーネクストは 海外への販路をもつ業者への販売ルートも独自に保有しておりますので、海外で人気のお車やパーツは輸出されることもあります。事故車や不動車など車として再販売が難しい場合は、パーツとしての販売や鉄資源としての再利用を行うことが出来ますので、どんな状態の車でも中古車査定の対象となっています。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中