車 下取り 車買取

車の買取と下取りの違い

カーネクストの中古車買取と一般的なディーラーの車の下取りはどちらの方がお得でしょうか?
それはズバリ、『カーネクストの中古車買取の方がお得!』ということになるのですが、その理由について、4つの「差がつくポイント」を説明します。

販売ルートで差がつく!

買い取った(下取りした)車を販売するためのルートが多いほど、その車を高く販売できる所を選んで出せるので、買取額(下取額)も高くなるものです。
カーネクストの中古車買取と、ディーラー下取りの場合、販売ルートにどのような違いがあるかについて説明します。

カーネクストの中古車買取の場合

カーネクストは日本全国対応の業者向けインターネットオートオークションサービスを持っており、その車を求めている業者を全国数千社の中から一番条件の良い所を選んで車を売ることができます
それだけでなく、海外にも販売ルートを持っているため、日本では売り物にならないような「15年前の車(低年式車)」や「15万km走行した車(過走行車)」などであっても、海外ではまだまだ需要があるため。高価買取をすることが可能なのです。

ディーラーの下取りの場合

ディーラーは基本的に店舗で下取り、系列店の展示場にて下取りした車を販売をします。
オークションや海外販売ルートを持たない場合、非常に狭い販売網で下取車を売る必要があり、その車を欲している顧客が少なくなるため、どうしても下取額を下げざるを得ません

在庫を持たないから差がつく!

買い取った(下取りした)車を保管しておく場所は限りがあり、売れるまで時間がかかればその分だけ管理コストが膨らみます。在庫を持つというのはそれだけで負担が発生するということなのです。
カーネクストの中古車買取と、ディーラー下取りの場合、車の在庫でどのような違いがあるかについて説明します。

カーネクストの中古車買取の場合

カーネクストは業者向けオートオークションサービスを日本全国展開で運営しているため、車を買い取りたい業者を即座に見つけることができます
また、売れ残りやすい事故車などでも分解してパーツ単位で再利用することが出来るため、在庫は一切持ちません。無駄な管理コストが発生しないことにより、買い取り価格に反映させることができ、高価買取を実現しています。

ディーラーの下取りの場合

ディーラーは中古車の販売力は弱いため、展示場で長期間下取った車の在庫を持つことになります。もちろんそのための管理コストが発生することになりますので、管理コストによるマイナスを補填するため、その分下取り価格を下げています

諸費用で差がつく!

車を売る時や、(再販できない車は)廃車処分するときには、手続き代行費用・陸送費用・解体費用など様々な費用が発生してしまうことになります。
カーネクストに車を売る場合と、ディーラー下取りの場合、諸費用でどのような違いあがあるかについて説明します。

カーネクストの中古車買取の場合

カーネクストは「業者向けオートオークションサービスを運営」「海外の販売ルートを持つ」「全国数千社に及ぶ自動車関連業者との取引が可能」などの強みを持っているため、車を売却(あるいは廃車)する際の全ての費用を無料化しております。ディーラーや普通の中古車店では買い取れないような車でも買い取りすることができ、利益を出すことができますので、その一部をお客様に還元するため、費用を完全無料化しているのです。
全ての費用というのは「手続き代行費用」「陸送費用(レッカー代)」「解体費用」などももちろん含み、車を売却・または廃車する際にお客様は一切の負担が必要ありません!

ディーラーの下取りの場合

ディーラーでは「手続き代行費用」として1万円前後、レッカーなどの陸送が必要になる場合は距離によりますが3万円前後、廃車する場合は解体費用として1~2万円程度が必要になります。
合計すれば数万円の費用になりますので、車両そのものの査定額が低い場合は、0円下取りになったり、最悪の場合は費用を支払うはめになってしまいます。

還付金で差がつく!

自動車は廃車した時に還付金を受け取ることが可能ですが、ディーラーや普通の中古車店では還付金を受け取れません
カーネクストの中古車買取と、ディーラー下取りの場合、自動車税の還付でどのような違いがあるかについて説明します。

カーネクストの中古車買取の場合

カーネクストは自動車税の還付手続きも無料代行します。車両の買い取り金額に加えて自動車税の還付金を受け取ることができるため、ディーラーや中古車店よりも断然お得です!自動車重量税や自賠責保険の方は還付金相当額を車両買取金額に含めております。

ディーラーの下取りの場合

ディーラーや一般的な中古車店では還付金を受け取ることはできません。期間が残っていても全く受けとれないので、勿体無いです。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中