自動車税還付 自動車税 還付

自動車税還付について

車を所有していると様々な税金が課せられますが、中には車を売却することで還付される税金もあります。
こちらでは、車の売却時に還付を受けられる税金についてご説明いたします。

車にかかる税金

車には購入時に課せられる税金や所有していることで毎年課せられる税金があり、それぞれ支払いのタイミングなどが異なります。車にかかる税金にはどのようなものがあるのでしょうか。

自動車税

自動車税とは毎年4月1日時点で車を所有していると課せられる税金のことで、地方税に分類されます。自動車税は車の用途や排気量などに応じて課税され、4月1日から翌年3月末までの1年間分を、定められた期限内にまとめて支払う必要があります。

自動車重量税

自動車重量税とは車の区分や重量、新規登録からの経過年数に応じて課税される税金のことで、車の新規登録時と車検時に支払います。自動車重量税は1年ごとに課税されますが車検証の有効期間分をまとめて支払うため、新規登録時は3年分、車検時は2年分をまとめて支払うことになります。

環境性能割

2019年10月1日から、これまで車の購入時に課税されていた自動車取得税が廃止され、燃費がいい車の税負担が軽くなる環境性能割が導入されました。環境性能割は車の購入金額と燃費性能に応じて課税され、車の購入時に支払います。

自動車税の還付について

車にかかる税金の中でも毎年支払う必要のある自動車税は、車を売却することによって還付を受けることができます。自動車税の還付制度について詳しくご説明いたします。

自動車税還付の仕組み

1年分を前払いしている自動車税ですが、年度の途中で車を売却したり車の登録を抹消すると、手続きを行った翌月から3月までの残月分の自動車税が還付されます。ただし、還付制度があるのは普通車に課せられる自動車税のみで、軽自動車に課せられる軽自動車税に還付制度はありません。

自動車税額一覧

2019年10月1日に行われた税制改正により、2019年10月1日以降に新規登録をした車には新税制が適用され、減税の対象となります。新税制適用前の2019年9月30日までに新規登録をした車と2019年10月1日以降に新規登録をした車の年税額は、それぞれ下記のとおりです。

排気量(cc) 新規登録日別の年税額
2019年9月30日まで 2019年10月1日以降
6,001~ 110,000円 110,000円
4,501~6,000 88,000円 87,000円
4,001~4,500 76,500円 75,500円
3,501~4,000 66,500円 65,500円
3,001~3,500 58,000円 57,000円
2,501~3,000 51,000円 50,000円
2,001~2,500 45,000円 43,500円
1,501~2,000 39,500円 36,000円
1,001~1,500 34,500円 30,500円
~1,000 29,500円 25,000円
軽自動車 10,800円 10,800円
軽商用車 5,000円 5,000円

※電気自動車などの環境に配慮されたエコカーを購入した場合、翌年の自動車税・軽自動車税が減税、もしくは非課税になる「グリーン化特例」制度が適用されます。

※新規登録から一定期間以上経過している車や環境負荷が大きい車は、自動車税・軽自動車税が上乗せされます。

自動車税還付金の計算方法

自動車税の還付額は、1年分の自動車税額÷12ヶ月×車の売却手続きを行った翌月から3月までの残存月数で計算されます。そのため、3月に車を売却した場合は自動車税の還付を受けることはできません。
自動車税の還付額は月割りで計算されるため、同月中であれば月初と月末のどちらに売却手続きを行っても還付額は同じになります。ただし、月をまたいでしまった場合は還付額が1ヶ月分減ってしまうので注意しておきましょう。

自動車税の還付を受ける条件

車の売却時に自動車税の還付を受けるためには、いくつかの条件があります。車の売却前に確認しておくようにしましょう。

自動車税を滞納しない

自動車税の還付を受けるためには、自動車税をきちんと支払っておく必要があります。自動車税納税通知書が届くと自動車税の納税義務は生じるため、4月に車を売却する場合でも、一度は1年分の自動車税を全額支払わなくてはなりません。
自動車税が未納の場合は、売却する前に自動車税を全額支払うか、買取金額から未納分が精算されることになります。

地方税を滞納しない

自動車税の還付を受けるためには自動車税を滞納しないだけでなく、住民税や事業税などの地方税もきちんと支払っておく必要があります。自動車税は地方税に分類されるため、滞納している地方税がある場合は還付金が未納分に充当されます。また、自動車税を滞納し、延滞料金なども支払わなかった場合は差し押さえを受ける可能性があり、車を売却することができなくなります。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中