ランボルギーニ 車買取相場

ランボルギーニの中古車買取相場

ランボルギーニの歴史やランボルギーニ 車の中古車買取の特徴、高値が付きやすいランボルギーニ車など、ランボルギーニ の中古車買取情報をご紹介します。

ランボルギーニとは

ランボルギーニは、世界屈指の高級車を製造するイタリアの自動車メーカーです。ランボルギーニは、全ての車種が圧倒的なパワーを持つハイスペックさを誇っていることが特徴で、高額な価格設定や生産台数の少なさなどから、希少性が高いブランドとして知られています。
ランボルギーニの猛牛のエンブレムの由来は、創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニの星座がおうし座であったことや、フェラーリのエンブレムである跳馬に真っ向から対抗するためだったと言われています。
日本では数々の会社がランボルギーニの輸入権を持っていましたが、現在はランボルギーニ・ジャパンが輸入販売を行っています。

ランボルギーニの歴史

ランボルギーニはフェルッチオ・ランボルギーニが1962年に設立した自動車メーカーです。終戦後、トラクター製造で成功したフェルッチオは、自身が所有していたエキゾチックカーに不満を持ったことから、フェラーリ以上の車を作ろうとランボルギーニを立ち上げました。
1963年のトリノショーで350GTVが発表された後、数々のスーパーカーを製造しますが1987年、経営状態の悪化により一度倒産します。1987年にクライスラーの傘下となり、1993年にはインドネシアの財閥であるメガテック社に譲渡され、1999年にアウディの傘下に収まりました。アウディの傘下に収まったことで経営状態が安定し、現在はニューモデルを続々と開発していています。

ランボルギーニ車の買取の特徴

ランボルギーニは新車と中古車の価格差が小さく、中古車市場での需要も高いため、中古車買取価格は全体的に高値のまま推移しています。また、ランボルギーニは熱心なコレクターが多いため、絶版モデルや旧モデルの人気も高く、年式が古い車であっても状態によってはかなり高値が付くこともあります。ランボルギーニは赤系のカラーの買取価格が高くなりやすい傾向にあります。

高値が付きやすいランボルギーニ車

ランボルギーニ車の中でも下記の車種は年式による中古車買取価格の下落幅が少なく、中古車買取価格が高くなりやすいです。

ディアブロ
ガヤルド
ウラカン

ランボルギーニの名車

ランボルギーニには名車と呼ばれる車が存在し、中でも下記の車は多くのファンから支持されています。

ミウラ
カウンタック
ガヤルド
ムシエラゴ

ランボルギーニ 車種一覧

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中