ジープ 車買取相場

ジープの中古車買取相場

ジープの歴史やジープ 車の中古車買取の特徴、高値が付きやすいジープ車など、ジープ の中古車買取情報をご紹介します。

ジープとは

ジープは世界屈指のオフロードカーメーカーで、現在はフィアットクライスラー社のブランドの一つです。オフロードカーにふさわしい高い走破性と飽きのこないジープ独特のエクステリアは、幅広い層のファンから支持されています。
ジープ車は軍事目的で開発されたため、耐久性や悪路走破性の評価が非常に高く、「ジープ」の名は単なるブランド名に留まらず、民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となりました。

ジープの歴史

ジープの起源は、第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請によりアメリカの自動車メーカー「ウィリス・オーバーランド社」と「アメリカン・バンタム社」が開発を進め、1941年から実戦に投入された四輪駆動車です。連合軍の軍用車両として砂漠や熱帯地域の偵察や輸送などに幅広く使用されていましたが、高い耐久性と操作性、メンテナンス性の高さから大戦後は軍用、民生用を問わず、四輪駆動車が世界的に広まるきっかけとなりました。
また、ジープはアメリカだけに留まらず、フランス、インド、日本、中国、韓国でも下請けおよびライセンス生産され、ソ連では「GAZ-67/67B」、ミャンマーでは「ミャンマー・ジープ」として生産されています。

ジープ車の買取の特徴

ジープ車は年式を問わず高い人気を誇っています。ジープ独特の印象的なレトロデザインを好む人が多いため、低年式車などの旧モデルであっても需要が高いのが特徴です。また、珍しいオプションが付いていたりドレスアップがされている場合は、プラス査定の対象となります。しかし、オフロード車であるジープは走破性が重視されるため、走行性能や機能性に不具合がある場合は、中古車買取価格が大幅に下落する可能性が高いです。

高値が付きやすいジープ車

ジープ車の中でも下記の車種は年式による中古車買取価格の下落幅が少なく、中古車買取価格が高くなりやすいです。

ラングラー
グランドチェロキー
コンパス
レネゲード

ジープの名車

ジープの代表車種・ラングラーのルーツである「CJ-3A」は名車と呼ばれ、現在でも多くのファンから支持されています。

ジープ 車種一覧

ワ行

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中