いすゞ 車買取相場

いすゞの中古車買取相場

いすゞの歴史やいすゞ 車の中古車買取の特徴、高値が付きやすいいすゞ車など、いすゞ の中古車買取情報をご紹介します。

いすゞとは

いすゞは日本国内の自動車メーカーの中でも最も古い歴史を持っており、かつてはトヨタや日産と並び、日本自動車メーカーの御三家とも言われていました。
2002年に乗用車部門から完全に撤退し、現在トラックやバスなどの商用車を生産しているいすゞは、小型トラックのシェア日本一を誇っています。コストパフォーマンスの良さが高く評価されており、産業用として中小企業にも数多く提供されています。
また、ディーゼルエンジン搭載車を日本で最初に製造したのはいすゞで、世界でもトップレベルのディーゼルエンジン技術を持っています。いすゞはこの独自のディーゼルエンジン技術を活かし、優れた燃費、クリーンな排気ガス、低振動、低騒音を実現したDdエンジン(直接噴射式ディーゼルエンジン)を開発し、Ddエンジンを搭載した車種を主力商品としています。

いすゞの歴史

いすゞ自動車は1916年、東京石川島造船所と東京瓦斯電気工業が自動車製造を企画したことにより誕生しました。1934年に商工省標準形式自動車を伊勢神宮の五十鈴川にちなんで「いすゞ」と命名したのが社名の由来であると言われており、1949年には商号を現在の「いすゞ自動車株式会社」に変更しました。
1993年まで乗用車、2002年までSUVを製造販売していましたが、2002年に日本国内の乗用車事業から完全に撤退し、現在はトラックとバスの生産のみ行っています。また、バス事業において、トヨタ自動車傘下の日野自動車との統合も行われています。

いすゞ車の買取の特徴

いすゞ車はカスタマイズができる仕様になっていますが、カスタマイズしている場合、中古車買取価格は下がりやすい傾向にあり、初期設定のスタンダード仕様をキープしていることで、プラス査定の対象になる可能性が高いです。
現在いすゞが生産している小型トラックなどは海外で高い需要があり、高価買取につながることもあります。また、いすゞには熱烈なファンも存在し、2002年まで製造販売していた乗用車も、車種によっては高値が付くことがあります。

高値が付きやすいいすゞ車

いすゞ車の中でもエルフは年式による中古車買取価格の下落幅が少なく、中古車買取価格が高くなりやすいです。

いすゞの名車

いすゞには名車と呼ばれる車が存在し、中でも下記の車は多くのファンから支持されています。

117クーペ
・ベレットGT
・FFジェミニ

いすゞ 車種一覧

カ行
ラ行

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中