フォルクスワーゲン 車買取相場

フォルクスワーゲンの中古車買取相場

フォルクスワーゲンの歴史やフォルクスワーゲン 車の中古車買取の特徴、高値が付きやすいフォルクスワーゲン車など、フォルクスワーゲン の中古車買取情報をご紹介します。

フォルクスワーゲンとは

フォルクスワーゲンはドイツの自動車メーカーで、傘下の企業と合わせてフォルクスワーゲングループと称されています。フォルクスワーゲンは9つ自動車ブランドを展開し、世界19ヵ国に44もの工場を所有している多国籍企業です。世界での販売台数はトヨタと常に首位を争っており、2016~2019年まで4 年連続で首位を守っていました。日本における輸入車メーカーの販売台数でも首位を獲得し続けており、車種別の販売台数でもゴルフが首位をキープしています。
フォルクスワーゲンは一般的な街乗りを想定しているモデルが多く、扱いやすいエンジン特性を持っていますが、高速域で確実な安定性を発揮するなど、基本性能の高い堅実な自動車作りが特徴です。ドイツ語で国民車を意味するフォルクスワーゲンの名の通り、経済性の高い大衆車を中心に展開しているフォルクスワーゲンですが、近年、高級車ラインも展開するなど、プレミアムな路線も打ち出しています。

フォルクスワーゲンの歴史

フォルクスワーゲンは第二次世界大戦前の1937年、当時のドイツの政治家であったアドルフ・ヒトラーの「国民に自動車を普及させる」という政策によって創業され、ポルシェの創業者であるフェルナンド・ポルシェ博士によって設計されました。国民車を製造するための工場も設立されましたが、戦時中は軍用車を生産する工場となってしまった過去もあります。
第二次世界大戦後にフォルクスワーゲンが初めて販売した「ビートル」は、四輪自動車として世界最多の生産台数を誇る、伝説的な大衆車となりました。ビートルは最も長い歴史を持つ車として、現在でも多くの人から愛されています。
世界のトップを走り続けてきたフォルクスワーゲンですが、2015年、ディーゼル車の一部車両において排出ガス規制不正問題が発覚し、業績への悪影響が懸念されています。

フォルクスワーゲン車の買取の特徴

遊びのあるデザインと堅実な走りが特徴のフォルクスワーゲンは多くのファンを魅了し続けており、旧モデルであっても高い値段で買い取られるものもあります。また、輸入車の中でも豊富なラインナップを誇るフォルクスワーゲンは、販売台数の多さに比例して中古車市場への流通台数も多いものの一定の需要があるため、中古車買取価格は比較的高値のまま推移しています。
しかし、2015年に起きた排出ガス不正問題による影響が中古車買取価格にも及んでおり、中古車買取価格がやや下落傾向にあります。

高値が付きやすいフォルクスワーゲン車

フォルクスワーゲン車の中でも下記の車種は年式による中古車買取価格の下落幅が少なく、中古車買取価格が高くなりやすいです。

・ビートル
・ゴルフ
・トゥアレグ

フォルクスワーゲンの名車

フォルクスワーゲンには名車と呼ばれる車が存在し、中でも下記の車は多くのファンから支持されています。

・タイプ1(ビートル)
・タイプ2

フォルクスワーゲン 車種一覧

英数
ラ行

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中