プジョー 車買取相場

プジョーの中古車買取相場

プジョーの歴史やプジョー 車の中古車買取の特徴、高値が付きやすいプジョー車など、プジョー の中古車買取情報をご紹介します。

プジョーとは

世界最古の自動車メーカーと言われているプジョーは、外国車では珍しくコンパクトカー市場でのシェアが高く、スタイリッシュなコンパクトボディに優れたスポーツ性を凝縮した車が魅力です。
プジョー車は、創業以来変わることのないフランス車らしいエレガントなデザインや独自のエンジン性能、タイヤが路面から離れない「猫足」と呼ばれるしなやかな乗り心地のサスペンションチューニングからなる独特の足回りが特徴で、柔らかい当たりと安定性のある走りを楽しむことができます。
プジョーはモータースポーツでも数々の輝かしい功績を残しており、ラリーやラリーレイド、耐久レースなどで鍛えられたスポーティで軽快な走りが市販車にも活かされています。

プジョーの歴史

世界で最初に自動車の量産を行ったメーカーがプジョーです。蒸気自動車の製造から始まったプジョーは、ダイムラー・クライスラーのガソリンエンジンをライセンス生産することで、本格的に自動車メーカーとして発展していきました。
1980年には生産車を完成させ、翌91年には本格的に販売を開始しました。創業以来、歩みを止めることなく技術革新を続け、1974年にシトロエン、1978年にはクライスラー・フランス(シムカ)を傘下に収め、グループPSAを結成しました。近年はトヨタとの共同出資工場を開設するなど、積極的にニューモデル戦略を打ち出しています。

プジョー車の買取の特徴

プジョーは輸入車全体で見ると、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなどと比べて中古車流通台数が少なくなっています。しかし、独自のエンジン性能や足回り、ハイセンスなデザインで根強いファンを獲得しているプジョーは輸入車の中でも一定の需要があり、比較的中古車買取価格が高くなりやすいです。中古車流通台数が全体的に少ないことから、需要の高い車種であれば価値が上がり、高値で売却することができますが、あまり需要のない車種であれば買取価格が低くなりやすいです。
また、プジョー車は新車登録から3年、走行距離が3万キロを超えると中古車買取価格が下落していく傾向にあります。

高値が付きやすいプジョー車

プジョー車の中でも下記の車種は年式による買取価格の下落幅が少なく、中古車買取価格が高くなりやすいです。

207
208
307
308

プジョーの名車

下記の車はプジョー車の中でも名車と呼ばれ、今でも多くのファンから支持されています。

205
306
406クーペ

プジョー 車種一覧

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中