ダッジ チャージャーの車買取・査定相場

ダッジ チャージャーの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

チャージャーの概要

チャージャーは、ダッジが1966年から販売しているマッスルカーです。一般的にマッスルカーとは、高速性能の高いクルマで、かつV8エンジンを搭載している、米国で主に1960年代~1970年代に製造されたスポーツカーという定義に当てはまるもののことです。ダッジチャージャーは、2021年現在も米国で製造されていて、日本国内にもファンが多いマッスルカーとなっています。特に初代チャージャーは2001年に公開された人気の海外映画にも劇中車として登場し、日本でも話題となったため、以降日本国内でもその名前が多く知られるようになりました。

ダッジ チャージャーの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

チャージャー
不明

3.5 万円 2020-05-20 2010年 140,000 km

ダッジ チャージャー 関連記事

チャージャーの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたチャージャーの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成22年式  走行距離140,000km  買取価格3.5万円

    【車両詳細情報】
  • ボディカラー:ブラック
  • 買取日時:2020年05月20日
  • 買取場所:宮城県

チャージャーのリセールバリュー

チャージャーの買取傾向や、チャージャーの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。チャージャーの売却前にぜひ参考にしてみてください。

チャージャーの買取傾向

チャージャーは、アメリカの自動車ブランド【ダッジ】が販売している自動車です。2021年現在ダッジは、ステランティスN.V.の社内カンパニーとして機能しているブランドになり、日本国内に正規輸入ディーラーはありません。日本国内へダッジブランドのチャージャーが導入されたのは、1998年にダイムラークライスラーの一部門となった時で、ダッジチャージャーは2007年に3代目モデルを日本国内へ導入しましたが、導入数が少なくその年のモデルは早期完売となり、2010年モデルの導入以降はブランドが凍結されたため、以降正規導入されなくなりました。現在購入する方法としては、並行輸入という方法になり取り扱い店舗が限られる上に流通数も少ないため、日本国内で新規登録が完了している車体は高額取引されている傾向にあり、買取もつく可能性が高くなります。

リセールバリューの高いグレード

チャージャーの人気グレードというと、もともとパワフルなクルマをさらにハイパフォーマンスに仕上げたモデルグレードSRTヘルキャットです。2019年に登場したチャージャーにも設定されており、最も高いハイパフォーマンスグレードでアメリカンセダン最速といわれています。日本国内の公道ではその速さを体感することは出来ませんが、2019年モデルのSRTヘルキャットは1/4マイルを9秒台で走行出来る加速性能で、最高速は326km/h、707馬力のV8エンジン搭載となっており、最も人気があります。

リセールバリューの高いボディカラー

チャージャーの人気グレードSRTヘルキャットの設定もある2019年モデルのボディカラーの展開は、全14色です。オクタンレッド、F8グリーン、プラムクレイジー、グラナイト、マキシマムスチールメタリック、ゴーマンゴー、デストロイヤグレー、ピッチブラック、インディゴブルー、ホワイトナックル、B5ブルー、トリプルニッケル、トーレッド、サブライムメタリックとなっています。リセールバリューはボディカラーにあまり左右はされないものの全塗装などのオールペイントをされている場合、塗装状態によって査定が下がることがあります。また、ボディカラーのラッピング塗装では、レーシングストライプが人気となっています。

チャージャーの高価買取ポイント

チャージャーは現在日本へは正規輸入されておらず、輸入車の専門店等で並行輸入を利用し購入することが出来ます。中古車販売サイトでも日本未登録車のチャージャーの販売を行っている店舗が数件あるようです。並行輸入車で未登録車の場合、購入後日本での車検を通し新規登録する必要があります。車検に通らなければ、国内での公道の走行は出来ませんので、並行輸入車を購入する際は、整備費用と車検費用、登録費用等が車両価格の他にかかることを確認しておく必要があります。また、すでに並行輸入し所有しているチャージャーが、故障や事故等により廃車するとなった場合に中古車店によっては再販リスクを嫌って買取していない店舗もあります。そのような場合も、買取業者自体が販路を幅広く持っていれば需要がキャッチ出来るため買取が可能です。特に並行輸入車、海外への輸出販路をもつ業者なら部品の輸出等も行っているため買取がつきやすくなっています。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

中古車買取相場は変動している?

中古車の買取相場は毎日変動があります。例えば現在進行形で販売中のモデルは、モデルチェンジやマイナーチェンジがあると、その一つ前のモデルの買取相場がガクッと下がります。売るタイミングによって少し時期が遅れてしまっただけでも、買取査定額が一気に下がることがあるのです。売却予定があり、車検切れまで悩んでいる方はまず買取相場を予め調べてみる方も多いでしょう。しかし、その後本当の売却時期になって買取査定を受けても、当時の金額とは全く違う可能性もあるということです。買取査定を受ける時は、査定金額の保持期限を確認しておくことをおすすめします。

ボディカラーは何色が高く売れる?

車のボディカラーは、中古車販売市場で人気の高い車ほど査定に影響があります。中古車買取業者は、再販する時に売りやすい車ほど高値で買取を行うからです。車のボディカラーは車種によって異なりますが、殆どのモデルに設定されていて再販がしやすいボディカラーというと、定番のホワイト系とブラック系のカラーになります。特にホワイト系のなかであればパールホワイトはパール塗装により汚れが目立ちにくく、傷も目立ちにくい特長があるため人気です。査定時に買取価格がつきづらいとされるカラーは、珍しいボディカラーで購入ユーザーが少ないと思われる色や、色褪せ等が目立ちやすいカラーといわれています。

ターボありとターボなしで買取査定結果はどのくらい変わる?

ターボありの車と聞くと、より早く走るイメージを持つ方が多いでしょう。ターボは過給機やタービンとも呼ばれ、通常のガソリン車よりも多くの空気をエンジンに送り込むことが出来る車のことです。空気が多く送り込まれることで、エンジン回転数が上がり馬力が増します。例えば、急坂の手前を走る軽自動車にターボがついていた場合、ターボなしはアクセルを踏み込んでも加速しづらいのですが、ターボありなら馬力が増して加速力が上がるため、ぐいぐいと登っていくことが出来ます。特に軽自動車は排気量660ccまでと決められていますので、ターボのあるなしによって走破性に差が出ます。ターボありの車は、燃費性能は落ちるもののパワフルな走りが出来るため人気で、買取査定でもプラス評価となっています。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中