ダッジ ラムの車買取・査定相場

ダッジ ラムの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

ラムの概要

ラムは、アメリカの自動車ブランド【ダッジ】が販売していた大型ピックアップトラックです。ラムの車名の由来は、ボンネットマスコット(エンブレムの位置)にラムと付いていた1930年代のダッジ車からです。1981年に初代ピックアップタイプのラムが登場し、その販売より前にダッジから販売されていたバンが、ラムシリーズに整理され、ラム・バンとなりました。初代ダッジラムは、シンプルなピックアップトラックでしたが、1994にフルモデルチェンジを行った2代目の開発にあたって顧客調査が行われ、ユーザーの要望に応える形で押し出しの強いフロントフェイスを持つ、2021年現在販売されているラムトラックに近いデザインへと変わりました。ラムと同じラインナップなったラム・バンは、2003年に販売を終了しています。2009年以降フロントフェイスのマスコットはダッジからラムへと変更されています。

ダッジ ラムの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

ラム
不明

37.0 万円 2020-08-11 2005年 83,000 km

ラム
ダッジ ラムピックアップ

18.0 万円 2020-09-19 2003年 90,000 km

ラム
ピックアップトラック

11.0 万円 2016-01-29 1999年 110,000 km

ラム
不明

10.0 万円 2018-08-21 2004年 120,000 km

ラム
不明

3.0 万円 2019-05-27 1999年 160,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

ラムの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたラムの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成17年式  走行距離83,000km  買取価格37万円

    【車両詳細情報】
  • ボディカラー:キャンディレッド
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2020年08月11日
  • 買取場所:福岡県

ラムのリセールバリュー

ラムの買取傾向や、ラムの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。ラムの売却前にぜひ参考にしてみてください。

ラムの買取傾向

ラムは2021年現在はダッジより独立しており、ラム・ブランドから販売されているピックアップトラックです。ラムは、日本への正規輸入販売ディーラーはないため、日本国内で導入するには並行輸入業者等で購入を依頼する必要があります。並行輸入から車検整備や登録迄行っている販売店も多く、手間や工賃を含めての販売価格になるため日本で所有するには高額になる可能性が高い車です。そのため、すでに日本での車検を通していて、車検残存期間がある車体は中古車市場でも買取が高くつきやすくなっています。

リセールバリューの高いグレード

ラムは現在、2019年にフルモデルチェンジを行った2019モデルが販売されています。最新のラムトラックの2019年モデルのグレード設定は、トレーズマン、ビッグホーン、ララミー、レベル、ララミーロングホーン、リミテッドです。なかでも人気のグレードは高排気量5.7Lヘミエンジンを搭載している上位グレードのララミーです。ララミーは5.7LのV-8ヘミエンジンを搭載したモデルとなっており、価格帯は高額になりますが、ララミーをベースにオプションを設定したララミーロングホーンや最上位グレードのリミテッドも人気グレードとなっています。

リセールバリューの高いボディカラー

ラムは現在、2019年にフルモデルチェンジを行った2019モデルが販売されています。最新のラムトラックの2019年モデルのボディカラーの設定は、モノトーンとツートンの展開があります。モノトーンのカラー展開は12色で、ダイヤモンドブラッククリスタルパールコート、マキシマムスチールメットクリアコート、ビレットシルバーメタリックコート、パトリオットブルーパールコート、デルモニコレッドパールコート、ラキッドブラウンパールコート、アイボリートリコート、グラナイトクリスタルメットクリアコート、ブラックフォレストグリーンパールコート、ブリーストリークパールコート、フレームレッドクリアコート、ブライトホワイトクリアコートがあります。ピックアップトラックのため、荷物などの積み込みやオフロード走行による傷等がついた場合も目立ちづらい、ブラック系カラーが人気となっています。

ラムの高価買取ポイント

ラムトラックは現在日本で所有するするには、お店を通じてや個人での並行輸入をする方法でしか新車での購入は適いません。並行輸入をした車両に関しては、故障等があった場合のメンテナンスや備品の確保も同じく海外からの取り寄せになる場合もあり、修理やメンテナンス時に海外を経由するとなると費用も時間もかかる可能性があります。そのため、修理やメンテナンスを行っている業者では国内でのパーツ需要が高い車です。中古車で状態が良くはない場合も、このようにパーツ需要があるため、並行輸入車に強い専門性のある買取業者であれば買取がつきやすくなっています。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

ボディタイプで人気があり高く売れる車種は?

中古車市場において、人気があり高く買い取りしてもらえる傾向のボディタイプというと、ミニバンやワゴンタイプなど自家用自動車のなかでも人数が多く乗れたり、荷物を多く載せることが出来る車です。新車販売額もコンパクトカーやセダンに比べると高く、そのために買取額も高いのだろうと思われるかもしれませんが、理由はそれだけではありません。収容スペースが大きい車は海外で需要があるため、国内中古車市場で価値が下がり始めても海外で再販しやすいのです。中古車市場には海外のディーラーが輸出を目的に買い付けに来ていることもあり、買取価格が高くなる可能性があります。

売りたい車の年式は買取査定時にどのくらい影響する?

年式とは、車が製造後新規登録された年のことです。古い車は低年式車、比較的新しく年数3年未満の車は高年式車と言われます。現在は年号が変わり分かりにくくなっていますが、年号が代わる以前でみると、例えば平成18年に登録された車は低年式車、平成32年に登録された車は高年式車と、数字の大きさでわかるようになっていました。一般的に国内の中古車市場では10年経過した車は価値が大きく下がり、再販しづらくなります。経過9年目で次の車検は通さず手放しを検討する際は、年式によって査定額が大きく変わりますので、不要車は出来るだけ早めに見積をとることをおすすめします。

ターボありとターボなしで買取査定結果はどのくらい変わる?

ターボありの車と聞くと、より早く走るイメージを持つ方が多いでしょう。ターボは過給機やタービンとも呼ばれ、通常のガソリン車よりも多くの空気をエンジンに送り込むことが出来る車のことです。空気が多く送り込まれることで、エンジン回転数が上がり馬力が増します。例えば、急坂の手前を走る軽自動車にターボがついていた場合、ターボなしはアクセルを踏み込んでも加速しづらいのですが、ターボありなら馬力が増して加速力が上がるため、ぐいぐいと登っていくことが出来ます。特に軽自動車は排気量660ccまでと決められていますので、ターボのあるなしによって走破性に差が出ます。ターボありの車は、燃費性能は落ちるもののパワフルな走りが出来るため人気で、買取査定でもプラス評価となっています。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中