アウディ A5の車買取・査定相場

アウディ A5の買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

A5の概要

A5は、2007年からドイツの自動車メーカー【アウディ】が製造・販売している乗用車です。A5の車名のAは、アウディのベーシックモデルのシリーズにつけられています。Audiの頭文字であり、物事の始まりという意味や、Attractive(魅力的)という単語からも由来しています。5という数字はセグメントを意味していて、クラスと大きさを表しています。現在最大クラスはA8となっていて、A5は中型のボディサイズで、エンジンサイズも2.0Lエンジンからとなります。

アウディ A5の車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

A5
スポーツッバッククワトロ

20.0 万円 2018-11-05 2010年 65,000 km

A5
不明

11.0 万円 2019-01-10 2012年 75,000 km

A5
不明

8.0 万円 2020-03-24 2009年 77,000 km

A5
不明

5.0 万円 2020-06-14 2009年 58,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

A5の高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたA5の中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成22年式  走行距離65,000km  買取価格20万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:スポーツバッククワトロ
  • ボディカラー:サファイアブルーメタリック
  • 買取日時:2018年11月05日
  • 買取場所:和歌山県

A5のリセールバリュー

A5の買取傾向や、A5の中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。A5の売却前にぜひ参考にしてみてください。

A5の買取傾向

A5の初代モデルは4シータークーペのボディタイプのみで、A4のB8型からの派生車種として登場しました。日本国内での初代発売開始は2008年からで、2009年にカブリオレ、2010年にスポーツバックが追加で発売されています。A5の国内での販売数としては、5ドアハッチバックタイプのA5スポーツバックの人気が高く、中古車市場でも人気があるため流通数も多く、買取もつきやすい傾向となっています。

リセールバリューの高いグレード

A5の2021年現在国内で販売されているモデルは、クーペとスポーツバックです。2016年フルモデルチェンジした2代目モデルのカブリオレタイプは、2019年に販売を終了しています。クーペのグレード設定は、40 TDI クワトロアドバンスト、40 TDIクワトロSライン 45TFSIクアトロSラインとなります。グレード内の数字はパワートレインの出力に応じて異なり、40は125kW~150kW、45は169kW~185kWを表します。クワトロは4WDのことを意味します。TDIは、アウディの最新ターボ付ディーゼルエンジン、TFSIは直噴ターボ付ガソリンエンジンのことです。上位グレードのSラインは、専用バンパーは18インチアルミホイールを採用し、さらにスポーティなスタイルになります。リセールバリューが最も高いグレードはスポーツ性能の高いSラインとなります。

リセールバリューの高いボディカラー

A5の2021年現在国内で販売されているモデルは、クーペとスポーツバックで、展開されているボディカラーは共通です。デイトナグレーパールエフェクトはSラインまたはS5の設定色となります。フロレットシルバーメタリックはアドバンスパッケージの設定色です。ディストリクトグリーンメタリック、、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリック、ナバーラブルーメタリック、タンゴレッドメタリックとソリッド系のアイビスホワイト、クワンタムグレー、ターボブルーは全グレード共通色となります。国内中古車市場ではホワイト系に人気があり、A5はソリッド系とメタリックのホワイトから選ぶことが出来ます。ソリッド系のアイビスホワイトは定番の人気色ですが、メタリック系で汚れが目立ちにくいという点ではグレイシアホワイトメタリックも人気があります。

A5の高価買取ポイント

A5は2ドアクーペタイプも後席使用可能ではあるものの、パーソナル性が高くのドライバーズカーとしての乗り心地の高さから人気があります。新車販売価格はベーシックグレードで563万円からと高額車両だったこともあり、状態次第では10年経過車であっても高額査定が可能な買取対象ではありますが、事故や故障による不動車等の場合中古車買取店では非対象と言われてしまうこともあります。ただし、中古車販売店によっては販路次第で、動かない車の買取をしているところもありますので不動車や車検切れだからといって買取額をあきらめず、見積もりをとることが大切です。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

輸入車は右ハンドルと左ハンドル、どちらが高く売れる?

輸入車のハンドル構造は、国内に二通り存在します。国内で販売されている外国自動車メーカーの車は、日本の道路事情にあわせて右ハンドル構造が一般的です。しかし外国生産で輸入後に国内販売する車は、仕様上左ハンドル構造がほとんどです。右ハンドル車と左ハンドル車の買取査定は、国内で中古車として再販するなら、右ハンドル車の方が需要があり高く買取出来そうと考える方が多いでしょう。しかし輸入車は、国内以上に海外輸出後の再販需要が高いため、海外再販時に構造変更のコストがかからない左ハンドル車は、買取査定額が高くつく可能性があるのです。

ボディタイプで人気があり高く売れる車種は?

中古車市場において、人気があり高く買い取りしてもらえる傾向のボディタイプというと、ミニバンやワゴンタイプなど自家用自動車のなかでも人数が多く乗れたり、荷物を多く載せることが出来る車です。新車販売額もコンパクトカーやセダンに比べると高く、そのために買取額も高いのだろうと思われるかもしれませんが、理由はそれだけではありません。収容スペースが大きい車は海外で需要があるため、国内中古車市場で価値が下がり始めても海外で再販しやすいのです。中古車市場には海外のディーラーが輸出を目的に買い付けに来ていることもあり、買取価格が高くなる可能性があります。

車検切れの車、車検の残っている車どちらが高く売れる?

車検が切れる前に早めに車を売ってしまうか、車検が切れるまで乗ってから車を売るか、どちらがお得に売ることが出来るのか気になりますよね。年数がある程度経過している車は、車検費用がかかりやすい傾向にあります。それは年数や使用歴により部品交換が必要になるため、整備に費用がかかるからです。車検整備がされていて、車検残存期間がある車はすぐに乗り出しが出来ます。次のユーザーにとっても車検の負担がなく、すぐに使える車として価値があります。車検が残っている車であれば、買取業者まで車を持ち込むにもレッカーなどの費用負担がありません。車検が残っていて、あまり車に乗ることがなく不要に感じている方は、車検が残っている間に売る方が高くなりやすいでしょう。

アウディ車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいたアウディ車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

長野県飯田市のお客様

アウディ A4 【年式】平成27年式 【走行距離】150,000 km 【成約日】
アウディ A4の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
45.0 万円 2.0 TFSI AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc 良好 擦り傷あり・トランクの下修復歴あり シートに擦れあり
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
45.0 万円 2015年 2.0 TFSI AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc 良好 150,000 km 擦り傷あり・トランクの下修復歴あり シートに擦れあり
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
トランクの下に修復歴のあるお車でしたが、アウディの中でも中古車市場での需要が高いお車のため、高価買取させていただきました。

岐阜県羽島郡岐南町のお客様

アウディ Q5 【年式】平成23年式 【走行距離】97,000 km 【成約日】
アウディ Q5の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
50.0 万円 2.0 TFSI クワトロ AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc ミッション不調 年式相応 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
50.0 万円 2011年 2.0 TFSI クワトロ AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc ミッション不調 97,000 km 年式相応 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
ミッションに不調があり、クラッチのチェックランプが点灯しているお車でしたが、アウディの中でも流通台数が少ない車種のため中古車市場でも人気が高く、高価買取させていただきました。

京都府京都市上京区のお客様

アウディ S3 【年式】平成26年式 【走行距離】88,000 km 【成約日】
アウディ S3の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
133.0 万円 S3 セダン AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,980cc 良好 フロントグリルに小さな剥げあり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
133.0 万円 2014年 S3 セダン AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,980cc 良好 88,000 km フロントグリルに小さな剥げあり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
フロントグリルの小さな剥げ以外は全体的に状態の良いお車で、アウディの中でもスポーツ性の高い人気のある車種のため、高価買取させていただきました。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中