三菱 RVRの車買取・査定相場

三菱 RVRの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

RVRの概要

RVRは、三菱自動車が製造・販売している乗用車です。初代・2代目モデルはSUV風のトールワゴンで、1991年から2003年まで販売されていましたが在庫完売とともに一旦販売を終了しました。その後2010年に3代目モデルのコンパクトSUVとして車名が復活しました。海外仕様車は車名が異なり、欧州市場や南米諸国・オーストラリア・ロシア等ではASX、アメリカではアウトランダースポーツとして輸出販売されています。RVRの車名の由来は、初代・2代目モデルは【RecreationalVehicleRunner】の頭文字で、走りがよいRVという意味から名づけられました。ただし3代目モデルは、由来ではなく一つの記号としての車名になっています。

三菱 RVRの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

RVR
ローデストG

60.0 万円 2019-10-11 2012年 57,000 km

RVR

26.5 万円 2019-04-30 2010年 51,150 km

RVR
G

19.0 万円 2020-11-15 2010年 180,000 km

RVR
G

16.0 万円 2020-03-03 2010年 90,000 km

RVR
G

12.0 万円 2020-10-30 2010年 159,000 km

RVR

7.0 万円 2020-07-13 2010年 62,100 km

RVR
G 4WD

6.5 万円 2021-02-21 2013年 211,563 km

RVR
G

6.0 万円 2021-02-25 2010年 260,000 km

RVR
不明

5.0 万円 2021-01-17 2010年 130,000 km

RVR
M

5.0 万円 2021-02-11 2010年 170,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

RVRの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたRVRの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成24年式  走行距離57,000km  買取価格60万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:ローデストG
  • ボディカラー:チタニウムグレーメタリック
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2019年10月11日
  • 買取場所:高知県

RVRのリセールバリュー

RVRの買取傾向や、RVRの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。RVRの売却前にぜひ参考にしてみてください。

RVRの買取傾向

初代・2代目モデルはオフロード走行を意識した車体に、ミニバンの広さとスライドドアのあるSUV風トールワゴンという独自の路線が受け人気となっていましたが、現行の3代目モデルはコンパクトミニバンではなくなり、同社のギャランフォルティスを流用したコンパクトSUVで全く異なるコンセプトの車となっています。中古車市場では現在販売中の3代目モデルが多く流通しています。3代目モデルは2010年からの販売のため、販売時期によっては低年式車となるものの、海外でも人気のSUVということもあり10年以上経過した車でも買取がつくことがあります。

リセールバリューの高いグレード

RVRの車名を持つ3世代の中で最も人気があったモデルは、初代モデルのグレードスポーツギア4WDです。助手席側リヤのスライドドアの使い勝手やシートアレンジの良さ、特に後席スライドは300mmの可動域があり、前列シートも広く4人家族でゆとりあるミニバンの室内空間の確保が出来ます。また、こちらのグレードはRVの足回りの強さも持ち合わせていて、特に4WD車は悪路走破性も高いため、積雪の多い地域や悪路走破性能が高いことを必要とする無舗装道路での利用があるところでも需要があるため、海外でも人気があります。

リセールバリューの高いボディカラー

現行3代目モデルのRVRは、7色展開となっています。有料オプションカラーのホワイトダイヤモンド・レッドダイヤモンド・サンシャインオレンジメタリックのほか、チタニウムグレーメタリック、ブラックマイカ、ライトニングブルーマイカ、スターリングシルバーメタリックがあります。オプションカラーとなっているホワイト系のホワイトダイヤモンドと、標準設定色のチタニウムグレーメタリックが人気となっています。特に、ガンメタよりのカラーとなっているチタニウムグレーメタリックは、力強いエクステリアデザインにあった色として人気があるようです。

RVRの高価買取ポイント

RVRの現行3代目モデルは、コンパクトSUVとして海外市場で人気があります。国内販売台数は多くなく中古車市場でも年式と走行距離を受けての通常相場といったところで上振れはあまりありませんが、海外輸出が可能な中古車店では買取がつきやすい傾向です。また、初代・2代目モデルのコンパクトミニバンは販売終了から18年経過ということで流通数はほとんどありません。また、ネックとなるのが燃費で、4WDターボ式となると厳しい数字ではあります。ただ燃費や維持費を差し置いても人気のクルマではあるため、状態次第では買取がつく可能性があります。販路が限られる店舗では低年式のため買取不可となる場合もありますので、販路が多く、需要があるところへ再販できる業者を見つけることが買取アップのコツとなるでしょう。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

中古車買取相場は変動している?

中古車の買取相場は毎日変動があります。例えば現在進行形で販売中のモデルは、モデルチェンジやマイナーチェンジがあると、その一つ前のモデルの買取相場がガクッと下がります。売るタイミングによって少し時期が遅れてしまっただけでも、買取査定額が一気に下がることがあるのです。売却予定があり、車検切れまで悩んでいる方はまず買取相場を予め調べてみる方も多いでしょう。しかし、その後本当の売却時期になって買取査定を受けても、当時の金額とは全く違う可能性もあるということです。買取査定を受ける時は、査定金額の保持期限を確認しておくことをおすすめします。

ターボありとターボなしで買取査定結果はどのくらい変わる?

ターボありの車と聞くと、より早く走るイメージを持つ方が多いでしょう。ターボは過給機やタービンとも呼ばれ、通常のガソリン車よりも多くの空気をエンジンに送り込むことが出来る車のことです。空気が多く送り込まれることで、エンジン回転数が上がり馬力が増します。例えば、急坂の手前を走る軽自動車にターボがついていた場合、ターボなしはアクセルを踏み込んでも加速しづらいのですが、ターボありなら馬力が増して加速力が上がるため、ぐいぐいと登っていくことが出来ます。特に軽自動車は排気量660ccまでと決められていますので、ターボのあるなしによって走破性に差が出ます。ターボありの車は、燃費性能は落ちるもののパワフルな走りが出来るため人気で、買取査定でもプラス評価となっています。

事故歴修復歴は申告制度?隠したまま売却してもいいの?

中古車を売却する時、ご自身では事故をしたり修復したことはなかったものの、中古車購入時すでに修復歴があった車であれば、売却時も修復歴ありに該当します。ただ修復後のため、外装を見ても一見では修復歴がわからないこともあるでしょう。修復歴があると知っていても隠して売却しようとする方がいるかもしれません。しかし、修復歴があることは査定士がチェックするとわかります。また、修復歴があると知っていながら隠して売却すると告知義務違反になりますし、買取額の受け渡しが終わっていた場合は詐欺罪に該当することもあります。修復歴ありの車でも買取業者次第で買取可能ですので、隠さず報告して売却するようにしましょう。

三菱車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいた三菱車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

北海道帯広市のお客様

三菱 パジェロ 【年式】平成21年式 【走行距離】110,000 km 【成約日】
三菱 パジェロの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
40.0 万円 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 多少の錆あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
40.0 万円 2009年 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 110,000 km 多少の錆あり 年式相応
お客様コメント
5社以上に査定を依頼し、買取価格が一番高かったためお願いしました。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
ハッチバックのドア付近に少し錆が見られるお車でしたが、国内外で人気の高い車種、かつ人気グレードの「EXCEED」ということもあり、高価買取させていただきました。

愛媛県北宇和郡鬼北町のお客様

三菱 ランサーエボリューション 【年式】平成7年式 【走行距離】270,000 km 【成約日】
三菱 ランサーエボリューションの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
20.0 万円 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
20.0 万円 1995年 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 270,000 km 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
お客様コメント
買取価格が高く、オペレーターの対応も良かったです。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
傷やへこみが多く、年式も古いお車でしたが、国内外問わず非常に人気が高く希少価値のある車種であるため、高価買取させていただきました。

青森県八戸市のお客様

三菱 デリカD:2 【年式】平成29年式 【走行距離】8,100 km 【成約日】
三菱 デリカD:2の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
95.0 万円 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
95.0 万円 2017年 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 8,100 km 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
超低走行車で年式も新しく、グレードが「カスタム HYBRID MV」ということもあり、高価買取させていただきました。

三菱の車種一覧

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中