三菱 リベロの車買取・査定相場

三菱 リベロの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

リベロの概要

リベロは、三菱自動車が1992年2000年まで生産・販売していた乗用ワゴン車です。発売当初のラインナップはワゴンモデルのみでしたが、後にカーゴモデルも追加販売されました。リベロ【LIBERO】はイタリア語で、自由という意味があります。キビキビ走り、行動半径の広い車という意味から名づけられています。初代ランサーワゴンの後継車として販売されていたものの、2代目ランサーワゴンとなるランサーセディアワゴンが2000年に販売開始されたため、実質的な後継車となっていたリベロの生産が打ち切りになり、販売を終了しました。

三菱 リベロの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

リベロ
X

1.5 万円 2018-11-21 1995年 177,000 km

リベロ
X

1.1 万円 2017-01-12 1998年 105,000 km

リベロ
不明

1.0 万円 2020-08-07 1999年 99,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

リベロの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたリベロの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成7年式  走行距離177,000km  買取価格1.5万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:X
  • ボディカラー:サテライトシルバー
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2018年11月21日
  • 買取場所:山梨県

リベロのリセールバリュー

リベロの買取傾向や、リベロの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。リベロの売却前にぜひ参考にしてみてください。

リベロの買取傾向

リベロはランサーワゴンの後継車という位置づけだったため、ランサーエボリューションに寄せたカスタムがしやすいベースカーとして中古車市場でも人気があります。そのためファンの間では、カスタム後の車体をリベロエボと呼ぶこともあるようです。マイナーチェンジの際に追加された、走行性能の高い4G93ターボエンジン搭載のGTが人気ではあるものの、流通数自体がもともと少ない車体のため買取相場としては低めの傾向になっています。

高価買取が狙える人気のグレード

リベロは、もともとランサーワゴンの後継車としての位置づけだったこともあり、フロントマスクがランサーエボリューション第一世代に近かったため、ランエボのカスタムパーツを取付てカスタムする人も多い車でした。そのためカスタムカーにリベロエボという呼称がついています。また、ランエボに比べても軽量化されていて、ハンドリングが良く加速実現性も高いため、個人レース用にも人気となっています。人気グレードはマイナーチェンジで追加されたターボエンジン搭載グレードのGTとなっています。

高価買取が狙える人気のボディカラー

リベロの後期モデルの当時のボディカラーはモノトーンとオプション設定のツートンカラーがありました。モノトーンカラーの展開はピレネーブラック、スコーティアホワイト、ティンバーグリーン、ロアンヌレッド、サテライトシルバー、ネアーズブルーとなっています。ツートンカラーの展開は、ピレネーブラック・シンフォニックシルバー、ティンバーグリーン・シンフォニックシルバー、ロアンヌレッド・シンフォニックシルバー、ネアーズブルー・シンフォニックシルバーとなっていました。人気カラーは、スコーティアホワイトでパール加工されていないソリッド系のカラーとなっています。

リベロの高価買取ポイント

リベロは、約8年間生産・販売されていたクルマですが、フルモデルチェンジをすることなく生産終了しています。ランサーエボリューションやランサーに比べるとマイナー車となり、市場流通数は少ない車です。しかし三菱は共通する部品流用なども多いことから、他車の純正品パーツが活かせるクルマとなっているためカスタム人気があります。部品どりしてリサイクルパーツを生産し売却するという販路なら、廃車買取業者は得意分野となります。古い車や動かないリベロなら、廃車買取業者で査定を受けてみてはいかがでしょうか。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

ボディタイプで人気があり高く売れる車種は?

中古車市場において、人気があり高く買い取りしてもらえる傾向のボディタイプというと、ミニバンやワゴンタイプなど自家用自動車のなかでも人数が多く乗れたり、荷物を多く載せることが出来る車です。新車販売額もコンパクトカーやセダンに比べると高く、そのために買取額も高いのだろうと思われるかもしれませんが、理由はそれだけではありません。収容スペースが大きい車は海外で需要があるため、国内中古車市場で価値が下がり始めても海外で再販しやすいのです。中古車市場には海外のディーラーが輸出を目的に買い付けに来ていることもあり、買取価格が高くなる可能性があります。

走行距離は何kmから買取査定でマイナス評価になる?

車の年間走行距離の目安は、自家用普通自動車で約1万kmと言われています。そのため1万km以内に収まる走行距離の車は特に評価に変わりはありませんが、一年間の走行距離が1万kmを超えてしまった車は、過走行車と評価されマイナスになってしまいます。毎日の通勤で長距離を走るような人は、年間1万kmを超えることが多く、過走行車になります。過走行車となると、車の経年劣化も早くなると言われ、走行距離ごとに交換が必要な部品の交換サイクルも早くなってきます。中古車販売店では、買い取った車両に出来るだけ費用を掛けず再販したいと考えるため、過走行車は部品交換や故障の可能性もあることから買取査定ではマイナスになる要因なのです。

ターボありとターボなしで買取査定結果はどのくらい変わる?

ターボありの車と聞くと、より早く走るイメージを持つ方が多いでしょう。ターボは過給機やタービンとも呼ばれ、通常のガソリン車よりも多くの空気をエンジンに送り込むことが出来る車のことです。空気が多く送り込まれることで、エンジン回転数が上がり馬力が増します。例えば、急坂の手前を走る軽自動車にターボがついていた場合、ターボなしはアクセルを踏み込んでも加速しづらいのですが、ターボありなら馬力が増して加速力が上がるため、ぐいぐいと登っていくことが出来ます。特に軽自動車は排気量660ccまでと決められていますので、ターボのあるなしによって走破性に差が出ます。ターボありの車は、燃費性能は落ちるもののパワフルな走りが出来るため人気で、買取査定でもプラス評価となっています。

三菱車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいた三菱車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

北海道帯広市のお客様

三菱 パジェロ 【年式】平成21年式 【走行距離】110,000 km 【成約日】
三菱 パジェロの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
40.0 万円 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 多少の錆あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
40.0 万円 2009年 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 110,000 km 多少の錆あり 年式相応
お客様コメント
5社以上に査定を依頼し、買取価格が一番高かったためお願いしました。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
ハッチバックのドア付近に少し錆が見られるお車でしたが、国内外で人気の高い車種、かつ人気グレードの「EXCEED」ということもあり、高価買取させていただきました。

愛媛県北宇和郡鬼北町のお客様

三菱 ランサーエボリューション 【年式】平成7年式 【走行距離】270,000 km 【成約日】
三菱 ランサーエボリューションの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
20.0 万円 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
20.0 万円 1995年 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 270,000 km 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
お客様コメント
買取価格が高く、オペレーターの対応も良かったです。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
傷やへこみが多く、年式も古いお車でしたが、国内外問わず非常に人気が高く希少価値のある車種であるため、高価買取させていただきました。

青森県八戸市のお客様

三菱 デリカD:2 【年式】平成29年式 【走行距離】8,100 km 【成約日】
三菱 デリカD:2の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
95.0 万円 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
95.0 万円 2017年 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 8,100 km 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
超低走行車で年式も新しく、グレードが「カスタム HYBRID MV」ということもあり、高価買取させていただきました。

三菱の車種一覧

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中