三菱 コルトの車買取・査定相場

三菱 コルトの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

コルトの概要

コルトは、三菱自動車が2002年から2013年まで生産販売していたコンパクトカーです。コルトの車名の由来は、英語で仔馬という意味の【COLT】から名づけられました。もともと1962年に発売され、三菱自動車の発展の原動力となった【コルト600】というクルマがあり、その車名を後継しダイムラークライスラーとの共同開発中であった当該車に名づけられました。コルトの派生車種であるワゴンモデルのコルトプラスは、2004年に発売されました。コルトは全長3,885mmのコンパクトサイズとワンモーションフォルムが特長でしたが、コルトプラスは全長4,185mmに延びており、コルトにはなかった荷室の広さがあります。

三菱 コルトの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

コルト
ラリーアート verR

17.0 万円 2016-08-22 2008年 50,000 km

コルト
不明

4.5 万円 2018-04-23 2003年 107,000 km

コルト
CLM

4.5 万円 2018-05-28 2003年 105,000 km

コルト
ラリアートバージョンR

4.0 万円 2019-11-11 2012年 39,000 km

コルト
LIMITED

4.0 万円 2020-10-18 2009年 60,000 km

コルト
ラリーアート バージョンR

4.0 万円 2020-12-10 2006年 176,000 km

コルト
不明

4.0 万円 2021-03-16 2012年 30,000 km

コルト
不明

3.8 万円 2020-08-11 2007年 100,000 km

コルト
SOUND BEAT-ED

3.5 万円 2018-02-16 2004年 150,000 km

コルト
不明

3.5 万円 2016-01-12 2007年 95,000 km

三菱 コルト 関連記事

コルトの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたコルトの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成15年式  走行距離105,000km  買取価格4.5万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:CLM
  • ボディカラー:チタニウムグレーメタリック
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2018年05月28日
  • 買取場所:石川県

コルトのリセールバリュー

コルトの買取傾向や、コルトの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。コルトの売却前にぜひ参考にしてみてください。

コルトの買取傾向

三菱自動車とダイムラークライスラーが共同開発し、通称【Zカー】と言われていた車がコルトです。日本国内の三菱自動車ではコルト、ダイムラークライスラー側からはスマートフォーフォーという名称で販売を開始しました。コルト発売当時に三菱自動車では、リコール隠し問題などで販売台数が伸び悩んだ背景もあり、流通数自体も少なく、中古車市場では一部グレードを除くとあまり買取がつきづらいコンパクトカーとなっています。ただし、スポーツグレードのラリーアートモデルに関しては中古車市場でも人気の走りが好きなドライバーに人気の車となっているため、走行状態や距離値次第で高額査定になる可能性があります。

高価買取が狙える人気のグレード

コルトは約9年間の販売期間にフルモデルチェンジはありません。2004年に派生車種のワゴンモデルのコルトプラスが発表され、同時にターボエンジン搭載のラリーアートのグレードも追加されました。コルトの人気モデルはコルトRALLIART Version-Rで、2006年に発売を開始したスポーツモデルです。ボディ剛性を強化し、エアロやオーバーフェンダーなどの装着も行われ、ランサーエボリューションのような外観となっています。コルトの人気スポーツモデルであるコルトラリーアートVersion-Rの車名は、当時三菱自動車のレース参戦車両を開発していた自社ワークスブランドの名称から取られてつけられており、発売された当時の1.5Lクラスでクラス最強の馬力である最高出力163psの直列4気筒ターボエンジン「4G15MIVECターボ」を搭載していました。ラリーアートVersion-Rは、車体も軽く走行性が高いことから今もなお人気があるモデルとなっています。

高価買取が狙える人気のボディカラー

コルトの人気グレードとなるスポーツモデルのコルトラリーアートVersion-Rは、クールシルバーメタリック、レッドメタリック、ブラックマイカ、チタニウムグレーメタリック、ホワイトパールのボディカラー展開がありました。また、2007年に登場したラリーアートの特別仕様車レカロエディションでは追加でアクアメタリックカラーが増えています。特別仕様車レカロエディションでは、レカロ社製のフルバケットシートを標準装備するなど、さらにスポーツ性が高くなっています。コルトラリーアートで人気の高いカラーは、レッドメタリック、ブラックマイカ、シルバーメタリックとなっています。

コルトの高価買取ポイント

コルトは、名車のネーミングを復活させたクルマです。特長的なワンモーションフォルムは年式が古いクルマであっても古さを感じず、中古車としても人気があります。ただし、車体自体は低年式になるため、年式相応の買取額にはなるでしょう。中古車市場で買取が期待出来るのはスポーティグレードのRALLIART Version-Rで、低走行であれば買取額も期待することが出来ます。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

車種ごとの設定グレードは買取価格に影響がある?

車種ごとに各グレード設定があったり、メーカーによってはハイブリッド車とガソリン車それぞれにグレード設定があるなど、グレードの決め方は車ごとに異なります。例えばトヨタ自動車にはZ・G・Xのグレード設定があり、Zは至極や究極の意味合いを持つ最上級グレード、GはGRANDに主要や立派なといった意味があり上級グレード、Xはエクストラからその他のグレードという意味をもつなど、各車種に同様のグレード設定があります。最上級グレードとなると、外装内装装備ともに高品質になりますので、販売価格も上がります。中古車市場でも上位グレード以上に人気があるため、買取価格も高くなり、下がりにくい傾向となります。

売りたい車の年式は買取査定時にどのくらい影響する?

年式とは、車が製造後新規登録された年のことです。古い車は低年式車、比較的新しく年数3年未満の車は高年式車と言われます。現在は年号が変わり分かりにくくなっていますが、年号が代わる以前でみると、例えば平成18年に登録された車は低年式車、平成32年に登録された車は高年式車と、数字の大きさでわかるようになっていました。一般的に国内の中古車市場では10年経過した車は価値が大きく下がり、再販しづらくなります。経過9年目で次の車検は通さず手放しを検討する際は、年式によって査定額が大きく変わりますので、不要車は出来るだけ早めに見積をとることをおすすめします。

車庫に眠っている年式20年落ちの車も高く売れる?

車庫や納屋に置いたまま長期間放置され、忘れられていたところを発見されて日の目を見た車のことを、海外ではバーンファインドといい、見つかった価値のある希少車はオークションにかけられています。このバーンファインドまで希少ではないものの、20年位前の車を車庫に所有して置いたままということは、日本でも少なくありません。今から20年前というと1990年代に登録された自動車がほとんどですが、実は買取がつく可能性があります。20年から30年前の車は、環境性能や燃費性能は現在に比べると劣るものの、海外では人気が高く、国や地域によっては輸出関税緩和対象になることから、輸出業者が高い価格で買取していることがあるのです。

三菱車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいた三菱車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

北海道帯広市のお客様

三菱 パジェロ 【年式】平成21年式 【走行距離】110,000 km 【成約日】
三菱 パジェロの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
40.0 万円 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 多少の錆あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
40.0 万円 2009年 パールホワイト EXCEED AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 110,000 km 多少の錆あり 年式相応
お客様コメント
5社以上に査定を依頼し、買取価格が一番高かったためお願いしました。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
ハッチバックのドア付近に少し錆が見られるお車でしたが、国内外で人気の高い車種、かつ人気グレードの「EXCEED」ということもあり、高価買取させていただきました。

愛媛県北宇和郡鬼北町のお客様

三菱 ランサーエボリューション 【年式】平成7年式 【走行距離】270,000 km 【成約日】
三菱 ランサーエボリューションの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
20.0 万円 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
20.0 万円 1995年 GSRエボリューション3 MT5速
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,997cc 良好 270,000 km 複数の目立つ傷、へこみあり シート破れあり
お客様コメント
買取価格が高く、オペレーターの対応も良かったです。次回も必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
傷やへこみが多く、年式も古いお車でしたが、国内外問わず非常に人気が高く希少価値のある車種であるため、高価買取させていただきました。

青森県八戸市のお客様

三菱 デリカD:2 【年式】平成29年式 【走行距離】8,100 km 【成約日】
三菱 デリカD:2の画像
買取金額 カラー グレード ミッション
95.0 万円 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
95.0 万円 2017年 カスタム HYBRID MV AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,200cc 良好 8,100 km 助手席ドア擦り傷あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
超低走行車で年式も新しく、グレードが「カスタム HYBRID MV」ということもあり、高価買取させていただきました。

三菱の車種一覧

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中