ホンダ プレリュードの車買取・査定相場

ホンダ プレリュードの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

プレリュードの概要

プレリュードは、ホンダ(本田技研工業)が1978年から2001年まで生産・販売していた2ドアクーペです。プレリュードの印象というと、2代目3代目モデルが販売されていた当時のスペシャルティカーのイメージが強く、1980年代当時は【デートカー】として人気がありました。最終モデルは5代目モデルで、販売終了後はインテグラに統合される形となっています。プレリュードは、音楽用語の前奏曲の英語【Prelude】と、単語が持つ意味に「先導する」という意味もあることから付けられた車名となっています。

ホンダ プレリュードの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

プレリュード
不明

85.0 万円 2020-12-18 1987年 50,000 km

プレリュード
XX

10.0 万円 2020-08-26 1986年 70,000 km

プレリュード
不明

5.5 万円 2019-01-12 1994年 78,000 km

プレリュード
Si 4WS

5.5 万円 2016-08-08 1996年 116,000 km

プレリュード
不明

5.0 万円 2020-10-16 1999年 164,000 km

プレリュード
SiR

4.5 万円 2021-03-12 1997年 145,000 km

プレリュード
不明

4.3 万円 2018-12-06 1995年 270,000 km

プレリュード
不明

3.8 万円 2020-05-11 1997年 145,000 km

プレリュード
不明

3.5 万円 2018-07-03 1996年 150,000 km

プレリュード
タイプS

3.2 万円 2019-01-05 1996年 105,000 km

車の売却前に知っておきたい豆知識

ボディタイプ別車を高く売る方法

プレリュードの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたプレリュードの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
昭和61年式  走行距離70,000km  買取価格10万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:XX
  • ボディカラー:フロストホワイト
  • 買取日時:2020年08月26日
  • 買取場所:滋賀県

プレリュードのリセールバリュー

プレリュードの買取傾向や、プレリュードの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。プレリュードの売却前にぜひ参考にしてみてください。

プレリュードの買取傾向

プレリュードの特長は、ロー&ワイドフォルムで低く抑えられている全高に対し、全幅は大きくなっている偏平的なスタイルと、FF車にもかかわらずエンジンをコンパクト化したことで出来た、超低ボンネットです。超低ボンネットで、偏平スタイルになることで空力性能が上がり、風の抵抗を受けず、高性能な走りが出来るようになっているため、スポーティなカスタムベースカーとしても今も人気があります。特にネオクラシックカーで人気のリトラクタブルヘッドライト採用モデルは、現存車が少ないこともあり買取価格が高くなっている傾向となっています。

高価買取が狙える人気のグレード

プレリュードのなかでも中古車市場でネオクラシック車として人気が高く、リトラクタブルヘッドライトを採用している2代目モデルと3代目モデルはプレミア価格となっています。特に2.0Siグレードのようなスポーティタイプは人気が高く、多走行車や修復歴ありでも高額な取引がされているグレードとなっています。

高価買取が狙える人気のボディカラー

プレリュードで最も印象に残るモデルとなったのは、3代目モデルのBA4と、4WSが搭載されていたBA5です。リトラクタブルヘッドライト採用の特徴的なデザインで今はネオクラシックカーとして人気があります。ボディカラーは、ブルーブラック系、レッド系、グレーメタリック系、ホワイト系、シルバー系の展開があり、カタログでのイメージカラーは赤となっていて、スポーツカーのイメージがある色でもあるため人気色ですが、年式経過により色褪せや退色の影響を受けている車体が多く、レストアされて全塗装済みの車体も多くなっています。車体自体が人気のモデルは、ボディカラーによる買取査定というよりも劣化や退色、錆などが査定に影響する可能性が高いでしょう。

プレリュードの高価買取ポイント

プレリュードは、バブル崩壊とともにスペシャルティカー人気が下降してしまったことで販売終了となったクーペです。しかし昭和の名車と言われるネオクラシック車の、2代目モデルと3代目モデルは30年が経過した現在も人気があり、流通数自体は減少してきているものの、レア車として中古車市場で取引されています。カスタムやメンテナンスのための部品供給も減少しているため、廃車買取業者でも部品どり車として査定をすることが可能です。人気車種ですので、出来るだけ査定額をアップするなら複数社への見積もり検討をおすすめします。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

輸入車は右ハンドルと左ハンドル、どちらが高く売れる?

輸入車のハンドル構造は、国内に二通り存在します。国内で販売されている外国自動車メーカーの車は、日本の道路事情にあわせて右ハンドル構造が一般的です。しかし外国生産で輸入後に国内販売する車は、仕様上左ハンドル構造がほとんどです。右ハンドル車と左ハンドル車の買取査定は、国内で中古車として再販するなら、右ハンドル車の方が需要があり高く買取出来そうと考える方が多いでしょう。しかし輸入車は、国内以上に海外輸出後の再販需要が高いため、海外再販時に構造変更のコストがかからない左ハンドル車は、買取査定額が高くつく可能性があるのです。

売りたい車の年式は買取査定時にどのくらい影響する?

年式とは、車が製造後新規登録された年のことです。古い車は低年式車、比較的新しく年数3年未満の車は高年式車と言われます。現在は年号が変わり分かりにくくなっていますが、年号が代わる以前でみると、例えば平成18年に登録された車は低年式車、平成32年に登録された車は高年式車と、数字の大きさでわかるようになっていました。一般的に国内の中古車市場では10年経過した車は価値が大きく下がり、再販しづらくなります。経過9年目で次の車検は通さず手放しを検討する際は、年式によって査定額が大きく変わりますので、不要車は出来るだけ早めに見積をとることをおすすめします。

事故にあって直した車はすべて修復歴車になるの?

過去に塀などにあたってバンパーなどが凹んだため、鈑金屋に依頼して直した車の場合、自損事故後に直したため事故修復歴車に該当すると思う方が多いでしょう。しかし、日本自動車査定協会(JAAI)の修復歴有無の定義では、車両のフレーム(骨格)部位に該当する【フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア】が、損傷又は修復されているもの以外は、修復歴ありになりません。骨格に関する部位の場合は、修復していても影響が出る可能性があるため修復歴にあたるのですが、JAAIの定義からするとバンパーの修復は修復歴車にはならないのです。

ホンダ車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいたホンダ車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

兵庫県三木市のお客様

ホンダ インテグラタイプR 【年式】平成14年式 【走行距離】47,912 km 【成約日】
ホンダ インテグラタイプRの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
135.0 万円 タイプR MT6速
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc 良好 塗装剥がれ、色褪せあり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
135.0 万円 2002年 タイプR MT6速
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
2,000cc 良好 47,912 km 塗装剥がれ、色褪せあり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
塗装剥がれや色褪せが見られるお車でしたが、大変人気のある希少価値の高い車種で走行距離が短いということもあり、高価買取させていただきました。

新潟県柏崎市のお客様

ホンダ オデッセイ 【年式】平成26年式 【走行距離】170,000 km 【成約日】
ホンダ オデッセイの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
55.0 万円 ABSOLUTE・EX AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
2,350cc 良好 小傷あり・フロントガラスに飛び石傷あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
55.0 万円 2014年 ABSOLUTE・EX AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
2,350cc 良好 170,000 km 小傷あり・フロントガラスに飛び石傷あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
走行距離が長く、小傷や飛び石傷のあるお車でしたが、ミニバンの中でも人気の高い車種、かつ上位グレードである「ABSOLUTE・EX」であるため、高価買取させていただきました。

京都府南丹市のお客様

ホンダ N-BOX 【年式】平成27年式 【走行距離】66,000 km 【成約日】
ホンダ N-BOXの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
70.0 万円 カスタムG・ターボLパッケージ AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
660cc 良好 傷多少あり 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
70.0 万円 2015年 カスタムG・ターボLパッケージ AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
660cc 良好 66,000 km 傷多少あり 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
少し傷のあるお車でしたが全体的に状態が良く、非常に人気の高い車種、かつカスタム車の上位グレードである「カスタムG・ターボLパッケージ」ということもあり、高価買取させていただきました。

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中