トヨタ ピクシス トラックの車買取・査定相場

トヨタ ピクシス トラックの買取ポイント

車買取価格は、車の様々な要因によって決定されます。車種ごとのおおよその相場を調べることはできますが、それはあくまでも平均値であり、実際にはさらに細かい要因によって買取価格が変動するのです。そのため、提示された買取価格が適正であるのかを判断し、愛車を納得できる金額で売却するためには、車買取価格がどのような要因によって決まるのかを知っておくことが大切です。どのような車が高値で売れるのかを確認しておきましょう。

ピクシス トラックの概要

ピクシスは、トヨタ自動車のグループ会社であるダイハツ工業から軽自動車のOEM供給を受けて展開している軽自動車シリーズのブランド名です。2021年5月現在の展開は、ピクシスエポック・ジョイ・トラック・バン・メガのバリエーションがあります。ピクシスの車名の由来は、英語で【Pixie・Pixy】ピクシーからつけられた造語で、言葉の意味はいたずら好きの小妖精から付けられています。

トヨタ ピクシス トラックの車買取相場

※横にスクロールしてください。

車種・型式 買取金額 成約日 年式 走行距離 走行可否

ピクシス トラック
SPL (SPECIAL TYPE)

1.0 万円 2019-08-11 2012年 89,000 km

トヨタ ピクシス トラック 関連記事

ピクシス トラックの高価買取事例

カーネクストで買い取らせていただいたピクシス トラックの中から、直近の高価買取事例をご紹介します。
平成24年式  走行距離89,000km  買取価格1万円

    【車両詳細情報】
  • グレード:SPL (SPECIAL TYPE)
  • ボディカラー:ホワイト
  • 走行状態:走行可能
  • 買取日時:2019年08月11日
  • 買取場所:東京都

ピクシス トラックのリセールバリュー

ピクシス トラックの買取傾向や、ピクシス トラックの中でもリセールバリューの高いグレード、ボディカラーをご紹介しています。ピクシス トラックの売却前にぜひ参考にしてみてください。

ピクシス トラックの買取傾向

トヨタ自動車の軽自動車シリーズピクシスの各ボディタイプは、ピクシスエポックがハッチバック、軽トピクシスジョイとピクシスメガはトールワゴン、ピクシストラックが軽貨物トラック、ピクシスバンは軽貨物バンとなっています。トヨタ自動車が2011年9月に軽自動車市場へと参入し、ダイハツ工業からOEM供給を受けて展開しているピクシスシリーズですが、販売台数自体はダイハツと比べるとかなり小規模となります。中古車市場で一番流通数があるピクシスエポックとOEM元のミライースの台数で比べると、トヨタの流通数はダイハツの約6%に満たない数となります。高年式車、低走行であれば中古車としての買取はつきますが、低年式になるほど厳しくなるため不要な場合の売却は早めの見積もりをおすすめします。

リセールバリューの高いグレード

トヨタの軽自動車シリーズはすべてダイハツ工業からのOEM供給のため、グレードやボディカラーなどの構成は同じです。例えば商用車で口コミ人気のピクシストラックは、ダイハツ工業のハイゼットトラックと同じ車体です。農業や林業従事者向けに人気の軽トラックで、必要なオプションの備わったスタンダード農用スペシャルや、基本的な性能が揃っているスタンダードグレードが人気となっています。

リセールバリューの高いボディカラー

ピクシストラックとOEM元のハイゼットトラックが他社の軽トラックと異なるポイントの一つが、ボディカラーのバリエーションです。最近は軽トラックをキャンピングカー仕様にアレンジするなども人気のため、このメーカーオプションカラーが選択できるところに惹かれる方も多く、特にオフビートカーキメタリックカラーは注文が多く人気のようで、リセールバリューも高くなっています。

ピクシス トラックの高価買取ポイント

ピクシスシリーズは、OEM元に比べると台数の流通数が少ないため需要が見込めないこともあり、中古車市場での買取額はあまり期待できません。中古車購入側としては、同じ車種を安く買える可能性があるためお得かもしれませんが、売却する側にとっては期待できない可能性があります。軽自動車は輸出車としては海外の自動車規格にあてはまらないことが多く、高額査定までは難しい車です。買取を考えるならば低走行、もしくは高年式車であるうちに手放しが条件となる可能性が高いお車ですので、売却を考えている場合ははやめの見積もりをとることをおすすめします。

カーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

輸入車は右ハンドルと左ハンドル、どちらが高く売れる?

輸入車のハンドル構造は、国内に二通り存在します。国内で販売されている外国自動車メーカーの車は、日本の道路事情にあわせて右ハンドル構造が一般的です。しかし外国生産で輸入後に国内販売する車は、仕様上左ハンドル構造がほとんどです。右ハンドル車と左ハンドル車の買取査定は、国内で中古車として再販するなら、右ハンドル車の方が需要があり高く買取出来そうと考える方が多いでしょう。しかし輸入車は、国内以上に海外輸出後の再販需要が高いため、海外再販時に構造変更のコストがかからない左ハンドル車は、買取査定額が高くつく可能性があるのです。

車種ごとの設定グレードは買取価格に影響がある?

車種ごとに各グレード設定があったり、メーカーによってはハイブリッド車とガソリン車それぞれにグレード設定があるなど、グレードの決め方は車ごとに異なります。例えばトヨタ自動車にはZ・G・Xのグレード設定があり、Zは至極や究極の意味合いを持つ最上級グレード、GはGRANDに主要や立派なといった意味があり上級グレード、Xはエクストラからその他のグレードという意味をもつなど、各車種に同様のグレード設定があります。最上級グレードとなると、外装内装装備ともに高品質になりますので、販売価格も上がります。中古車市場でも上位グレード以上に人気があるため、買取価格も高くなり、下がりにくい傾向となります。

事故にあって直した車はすべて修復歴車になるの?

過去に塀などにあたってバンパーなどが凹んだため、鈑金屋に依頼して直した車の場合、自損事故後に直したため事故修復歴車に該当すると思う方が多いでしょう。しかし、日本自動車査定協会(JAAI)の修復歴有無の定義では、車両のフレーム(骨格)部位に該当する【フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア】が、損傷又は修復されているもの以外は、修復歴ありになりません。骨格に関する部位の場合は、修復していても影響が出る可能性があるため修復歴にあたるのですが、JAAIの定義からするとバンパーの修復は修復歴車にはならないのです。

トヨタ車の高価買取事例

カーネクストが買い取らせていただいたトヨタ車の中で、高価買取となった事例を掲載しています。お買取したお車の詳細や高価買取となった理由、お車を売却していただいたお客様のコメントなどもご紹介しています。

大阪府大阪市淀川区のお客様

トヨタ ランドクルーザー 【年式】平成23年式 【走行距離】119,000 km 【成約日】
トヨタ ランドクルーザーの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
203.0 万円 ZX 60thブラックレザーセレクション AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
4,600cc 良好 年式相応 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
203.0 万円 2011年 ZX 60thブラックレザーセレクション AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
4,600cc 良好 119,000 km 年式相応 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
国内だけでなく海外でも大変人気の高い車種、かつランドクルーザー60周年記念モデルの「ZX 60thブラックレザーセレクション」ということもあり、高価買取させていただきました。

兵庫県川西市のお客様

トヨタ シエンタ 【年式】平成27年式 【走行距離】31,500 km 【成約日】
トヨタ シエンタの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
80.0 万円 ダイス-G AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
1,500cc 良好 年式相応 年式相応
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
80.0 万円 2015年 ダイス-G AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
1,500cc 良好 31,500 km 年式相応 年式相応
お客様コメント
なし
カーネクストのコメント
海外で人気の高いトヨタ車で、中古車市場でも一定の需要があるミニバン、走行距離も短いお車ということもあり、高価買取させていただきました。

静岡県浜松市北区のお客様

トヨタ ハイエースバン 【年式】平成25年式 【走行距離】178,000 km 【成約日】
トヨタ ハイエースバンの画像
買取金額 カラー グレード ミッション
92.0 万円 パール バン スーパーGL AT
排気量 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 リアドアにへこみあり 汚れ多少あり
買取金額 年式 カラー グレード ミッション
92.0 万円 2013年 パール バン スーパーGL AT
排気量 走行距離 走行状態 外装状態 内装状態
3,000cc 良好 178,000 km リアドアにへこみあり 汚れ多少あり
お客様コメント
4社に査定を依頼したところ、こちらが買取価格が一番高かったため決めました。オペレーターの対応も良かったので、また車を売却する際は必ず利用しようと思います。
カーネクストのコメント
へこみがあり、走行距離も長いお車でしたが、海外で大変人気の高い車種、かつ最上位グレード「スーパーGL」ということもあり、高価買取させていただきました。

トヨタの車種一覧

ヤ行

TOP

入力はたった6項目 ネットで無料査定申し込み! 24時間受付中