北海道川上郡標茶町 中古車買取

川上郡標茶町の中古車買取なら カーネクストにお任せください カーネクストにお任せください

  • 走行距離10万km OK!
  • 年式10年以上 OK!
  • 全メーカー車種 対応!
売却する前に必要な廃車費用はカーネクストが全て負担します!

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和3年(2021年)
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

SSL暗号化信号

当サイトではプライバシー保護のため、「SSL暗号化通信」を実現しています。お客様の情報が一般に公開されることは一切ございませんので、ご安心ください。

川上郡標茶町の車買取実績多数あり‼

高価買取挑戦中!愛車を売るなら今がチャンス!

北海道川上郡標茶町の車買取ポイント

車買取価格は、車の状態やスペックなどの様々な要因によって決定されます。車種やグレードを絞ることでおおよその相場を調べることはできますが、買取を行う場所の違いなどによっても買取価格は変動するのです。ここでは、車買取価格がどのような要因によって決定されるのかについて解説していきます。自分の愛車に付いた価格が適正であるのかどうかを判断するためにも、車買取のポイントを確認しておきましょう。

北海道川上郡標茶町で高値が付きやすい車とは?

車買取価格は車種や年式、走行距離などの様々な要因によって決定されます。しかし、そういった要素にかかわらず中古車市場で一定の需要がある車は、車買取価格が高くなりやすいです。中古車市場で一定の需要があり、北海道川上郡標茶町で高値が付きやすい車とはどのような車なのか、詳しく見ていきましょう。

海外で人気の高い車

日本車は故障する頻度が少なく、中古車であっても状態の良い車が多いです。しかし、日本では車に長く乗る習慣があまりなく、まだまだ乗ることができる状態の中古車が数多く流通しています。それに対し海外では、車は修理しながら長く乗るものだと考えられているため、低年式や過走行などが原因で日本では需要がなく、ほとんど値段が付かないような車であっても、海外で人気のある車種であれば高値で取引されることもあります。
アメリカや中国ではSUVやセダン、東南アジアではコンパクトカーやピックアップトラックなど、国や地域によって人気のある車種は異なりますが、トヨタ車は世界各国で支持されているため、買取価格が高くなりやすくなっています。

純正オプションが付いている車

メーカーの純正オプションや純正パーツが付いている車の場合、買取価格アップにつながりやすくなります。純正オプションは納車前にメーカーの工場で取り付けるため、後から取り付けることができない希少性が高く評価されるためです。また、純正オプションは車の各機能との連動が確実であるという保証があることも、車買取価格が高くなる理由となっています。
しかし、純正オプションではなく社外オプションを付けている場合は、中古車として販売する際、買い手の好みが分かれる可能性があるため、マイナス評価になりやすいです。純正オプションを外して社外オプションを付けている場合は、査定に出す前に純正オプションに戻しておくようにしましょう。

ファミリー層に人気のある車

家族全員で乗ることができる広い室内空間を持つ車や、多彩なシートアレンジが可能でスライドドアが搭載されている使い勝手の良い車などは、子育て層やファミリー層から高い支持を得ています。
しかし、家族全員で乗ることができる広さのミニバンやスライドドア搭載の車などは、新車価格が高いことがほとんどであるため、初期費用を安く抑えることができる中古車の購入を検討する人が多いです。そのため、中古車の需要が安定して高く、値崩れが起こりにくい傾向にあることから、高値が付きやすくなっています。

北海道川上郡標茶町でカーネクストが高価買取できる理由

車買取業者の買取価格も全ての業者で同じではなく、それぞれの業者の持つ強みや販路などによって、大きく異なることがあります。
カーネクストが車を高く買い取ることができる理由について、詳しくご説明いたします。

実店舗がない

カーネクストは実店舗を持たず、1,000社以上の自動車関連業者と提携することで、日本全国の車買取を可能にしています。(離島を除く)
これにより、店舗運営コストや人件費などを削減することが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。また、お客様との契約後すぐに販路を決定するため、在庫を抱えるリスクを抑えることができます。つまり、買い取ったお車を確実に再販することが可能となり、高値で買い取ることができるのです。

海外への販路がある

カーネクストは自社販売、中古車オークション、海外への輸出など様々な直売ルートを持っていますが、この海外への輸出が高価買取を可能にしているポイントです。外車と比べ、日本車は低燃費で壊れにくく、長く乗ることができるので、海外での人気が高いです。日本国内ではほとんど需要がなく、値段を付けるのが難しいような車であっても、海外であれば高値で取引されることもあります。海外では、車は修理して長く乗るものだと考えられているため、日本では値段が付かないような低年式・過走行の車であっても、十分に需要があるのです。
カーネクストは海外に独自の販路を持っていることで、高価買取を実現しています。

自社で整備

買い取った車を中古車として再販するためには必ず整備を行う必要がありますが、買い取った車の整備を他社に依頼すると、その分費用がかかります。カークストは自社工場で補修や板金、メンテナンスを行った後、自社販売や中古車オークションへの出品、海外への輸出などを行っているため、整備にかかるコストを抑えることが可能となり、その分の利益を買取価格に反映しています。
また、自社で整備を行うことで、中古車としては再販できない状態の車も解体してパーツとして再販売、再利用することができ、そういった車でも値段を付けることが可能となります。

北海道川上郡標茶町の車買取Q&A

車買取に関するよくあるご質問と、その回答をご紹介します。

ローンが残っている車でも売却できる?

ローンが残っているお車を売却する場合、基本的にはローンを完済していただく必要があります。こういった場合、車の所有者はディーラーや金融機関になっています。車の売却は所有者の許可なく行うことはできないため、ディーラーや金融機関に連絡し、所有権解除書類を出してもらう必要があります。
しかし、所有者がお客様ご本人様の場合などは、売却が可能となる場合もございます。詳しくは、一度カーネクストまでお問い合わせください。

車検切れの車でも売却できる?

車検が切れているお車でも売却は可能です。しかし、車検切れのお車では公道を走行することができないため、積載車での引き取りとなります。車買取業者によっては積載車での引き取りができないこともあるため、事前に申告しておくようにしましょう。
カーネクストでは、積載車が必要な車検切れのお車であっても、お客様が費用を負担することは一切なく、無料でお引き取りさせていただきます。

車の売却に必要な書類は?

車を売却する際に必要となる書類は、下記の6つです。

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・自動車税納税証明書
  • ・印鑑証明書
  • ・自賠責保険証明書
  • ・リサイクル券
  • ・実印

しかし、引っ越しをした場合や車の名義が自分でない場合などは、追加で書類が必要となります。詳しくは、普通車の買取に必要な書類軽自動車の買取に必要な書類でご確認ください。
カーネクストでは、お客様の状況によって必要となる書類をお電話でもご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

査定後に減額されることはある?

車買取業者に車を引き渡した後で修復歴や不具合などが発覚した場合、提示された査定額から減額されることがあります。修復歴などを意図的に隠していた場合は、この減額に応じる必要があります。しかし、中には実車査定で車を確認したにもかかわらず、後から傷やへこみなどを理由に減額する業者もいるので注意しましょう。
カーネクストでは実車査定を行っておらず、お電話にて全ての査定が完了します。虚偽の申告があったり、事故などで車の状態が大きく変わってしまうようなことがない限り、査定後の減額はありませんので安心してご利用いただけます。

車の売却で戻ってくる還付金は?

車を売却するということは車の所有者ではなくなるということなので、毎年4月1日に課税される自動車税を支払う義務がなくなります。自動車税は1年分を前払いしますが、車を買取に出した時点で残っている期間の分だけ、自動車税が月割で還付されます。しかし、この還付金を自社の利益とする業者もいるため、事前に自動車税の還付を受け取れるかどうか確認しておきましょう。
カーネクストでは、自動車税の還付に必要なお手続きも全て無料で代行させていただきます。何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

北海道の車買取の特徴

北海道の車買取にはどのような特徴があるのでしょうか。北海道での車買取傾向や人気の高い車種、北海道で売却される車の特徴などについてご紹介していきます。

北海道の車買取傾向

北海道は車の保有台数が日本全国の中でも上位に入っており、新車に限らず中古車の販売台数も多くなっています。そのため、中古車販売店は販売する中古車の在庫を増やそうと積極的に買取を行う傾向にあるため、買取価格は高くなりやすいです。
また、北海道には海外貿易の拠点となる苫小牧港や室蘭港、その他にも12の港があり、海外への輸出が行いやすい環境にあります。海外では、日本のように年式や走行距離を気にせず、メンテナンスを行いながら車に長く乗る人が多いため、低年式や過走行の車であっても高値で取引されることもあります。そのため、日本では値段を付けることができないような車でも、輸出することで買取価格が付く可能性もあります。特に、海外でも人気があり、高値で売買されているトヨタ車などは高価買取を期待することができます。

北海道で人気の高い車種

北海道で人気の高い車種は下記のとおりです。これらの車は中古車市場での人気も高いため、高値で買い取ってもらうことができます。

  • 1位 トヨタ アルファード
  • 2位 スズキ ジムニー
  • 3位 トヨタ ハイエースバン
  • 4位 トヨタ ヴェルファイア
  • 5位 日産  エクストレイル

北海道では海外でも人気があり、高値で取引されやすい車や、雪道でも走れるような車の人気が高くなっています。

北海道で売却される車の特徴

北海道で売却される車は下回りに錆があることが多く、買取価格が低くなりやすくなっています。北海道のように積雪が多い地域では、冬になると雪を溶かし、凍結を防ぐための融雪剤が道路にまかれます。この融雪剤は雪道を安全に走行するために必要なものですが、融雪剤に含まれる塩化ナトリウムが車の下回りに付着すると、錆の原因となってしまうのです。融雪剤のまかれた道路を走行した後は、こまめに洗車することが大切です。
また、北海道は土地が広く移動する距離が長いため、走行距離が長い車が売却されやすい傾向にありますが、同じ理由で走行距離の短い車の需要が高いので、走行距離は車買取価格に大きく影響しやすくなっています。

北海道の対応地域

北海道の運輸支局

運輸支局とは、国土交通省の地方支分部局である地方運輸局の下部組織のことで、新規登録や変更登録、抹消登録など、車に関する様々な手続きを行う場所です。 北海道には7ヶ所の運輸支局がありますが、車に関する手続きは所在地管轄の運輸支局で行う必要があります。
北海道の各運輸支局の住所、電話番号、管轄地域などは下記をご参照ください。

※横にスクロールしてください。

運輸支局 住所 電話番号 対応地域
札幌運輸支局 〒065-028
北海道札幌市東区北28条東1 丁目
050-5540-2001 札幌市、恵庭市、江別市、北広島市、千歳市、石狩市、小樽市、夕張市、三笠市、岩見沢市、滝川市、美唄市、砂川市、芦別市、歌志内市、赤平市、石狩郡、島牧郡、寿都郡、磯谷郡、虻田郡(ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町)、岩内郡、古宇郡、積丹郡、古平郡、余市郡、空知郡(南幌町、奈井江町、上砂川町)、夕張郡、樺戸郡
函館運輸支局 〒041-0824
北海道函館市西桔梗町555番24
050-5540-2002 函館市、北斗市、松前郡、上磯郡、亀田郡、茅部郡、二海郡、山越郡、檜山郡、爾志郡、久遠郡、奥尻郡、瀬棚郡
旭川運輸支局 〒070-0902
北海道旭川市春光町10番地1
050-5540-2003 旭川市、士別市、名寄市、富良野市、留萌市、稚内市、深川市、上川郡(鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、和寒町、剣淵町、下川町)、勇払郡(占冠村)、空知郡(上富良野町、中富良野町、南富良野町)、中川郡(美深町、音威子府村、中川町)、増毛郡、留萌郡、苫前郡、天塩郡、宗谷郡、枝幸郡、礼文郡、利尻郡、雨竜郡
室蘭運輸支局 〒050-0081
北海道室蘭市日の出町3丁目4番9号
050-5540-2004 室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、虻田郡(豊浦町、洞爺湖町)、有珠郡、白老郡、勇払郡(安平町、厚真町、むかわ町)、沙流郡、新冠郡、日高郡、浦河郡、様似郡、幌泉郡
釧路運輸支局 〒084-0906
北海道釧路市鳥取大通6丁目2番13号
050-5540-2005 釧路市、根室市、釧路郡、厚岸郡、川上郡、阿寒郡、白糠郡、野付郡、標津郡、目梨郡
帯広運輸支局 〒080-2459
北海道帯広市西19条北1丁目8番4号
050-5540-2006 帯広市、河東郡、上川郡(新得町、清水町)、河西郡、広尾郡、中川郡(幕別町、池田町、豊頃町、本別町)、足寄郡、十勝郡
北見運輸支局 〒090-0836
北海道北見市東三輪3丁目23番地2
050-5540-2007 北見市、網走市、紋別市、網走郡、斜里郡、常呂郡、紋別郡

北海道の軽自動車検査協会

軽自動車検査協会とは、道路運送車両法に基づき、国に代わって軽自動車の検査事務を行う機関のことで、軽自動車の新規登録や変更登録、抹消登録などの手続きを行う場所です。 北海道には7ヶ所の軽自動車検査協会がありますが、手続きは所在地管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。
北海道の各軽自動車検査協会の住所、電話番号、管轄地域などは下記をご参照ください。

※横にスクロールしてください。

軽自動車検査協会 住所 電話番号 対応地域
札幌主管事務所 〒001-0925
北海道札幌市北区新川五条二十丁目1番21号
050-3816-1763 札幌市、小樽市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、江別市、赤平市、三笠市、千歳市、砂川市、滝川市、歌志内市、恵庭市、石狩市、北広島市、当別町、新篠津村、島牧村、寿都町、黒松内町、蘭越町、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、岩内町、共和町、泊村、神恵内村、積丹町、古平町、余市町、仁木町、赤井川村、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町
函館事務所 〒041-0824
北海道函館市西桔梗町830番地11
050-3816-1764 函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、長万部町、八雲町、江差町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町、せたな町、奥尻町、今金町
旭川事務所 〒070-0876
北海道旭川市春光6条5丁目1番23号
050-3816-1765 旭川市、留萌市、稚内市、士別市、名寄市、深川市、富良野市、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、幌加内町、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、和寒町、剣淵町、下川町、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村、美深町、音威子府村、中川町、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町、幌延町、豊富町、猿払村、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、礼文町、利尻町、利尻富士町
室蘭事務所 〒050-0081
北海道室蘭市日の出町二丁目39番2号
050-3816-1766 室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町、洞爺湖町、壮瞥町、白老町、安平町、厚真町、むかわ町、日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町
釧路事務所 〒084-0906
北海道釧路市鳥取大通六丁目2番3号
050-3816-1767 釧路市、根室市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町、別海町、中標津町、標津町、羅臼町
帯広事務所 〒080-2459
北海道帯広市西十九条北一丁目8番11号
050-3816-1768 帯広市、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、清水町、芽室町、中札内村、更別村、大樹町、広尾町、幕別町、池田町、豊頃町、本別町、足寄町、陸別町、浦幌町
北見事務所 〒090-0836
北海道北見市東三輪3丁目25番の17
050-3816-1769 北見市、網走市、紋別市、美幌町、津別町、大空町、訓子府町、置戸町、佐呂間町、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町、斜里町、清里町、小清水町

北海道川上郡標茶町の中古車買取について

北海道川上郡標茶町で車を売却するために必要な書類は、基本的に普通自動車も軽自動車も全国で同じです。
しかし、ナンバープレートに表記されている地域以外での中古車売却のための手続きは、同一地域内での手続きから書類が増えるようになります。
ですので、ナンバープレートに対応する地域を確認しましょう。
北海道川上郡標茶町で車を登録された方のナンバープレートに表記されている地域名はです。
北海道川上郡標茶町で登録した車両のナンバープレートからなどの管轄となる陸運局や検査協会などが分かります。
陸運局とは、ユーザー車検をしている方はもうすでにご存じかもしれませんが、日本国内において全ての車に対して車検を行う機関のことです。
車検の他にもナンバープレートの登録や、車の所有者が変わった場合の手続きなど、車の所有に関する情報を管理している機関のことです。
一方、検査協会とは国に代わって二輪の軽自動車を除く軽自動車の検査事務等を行う機関として設立され、現在は全国87箇所の事務所・支所において検査事務等を行っている機関のことです。
その陸運局や検査協会に対して必要書類を提出する必要があります。
またお客様の状況により必要となる書類も変わってきますので、一人で車の売却の手続きを進めようとすると必要書類の準備を含めて手続きが大変です。
したがいまして車の売却は専門業者にお任せ頂くのが一番です。

車の売却前に知っておきたい豆知識

こんな車でも売却できる

エリア別 車情報

TOP